歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター
50過ぎのおっさんが一人で見てきましたが、何か? v(^-^)
アナと雪ワン

まずはAniのおすすめ度

★★★★☆ (5点満点で4点!)

満点ではないのは、
「本格的な大人向けの味付け」 には、なっていないという点。

ジャワカレーを期待して食べたら、バーモンドカレーほどではないものの、もう少しスパイス欲しいかな、といったところですかな。

でもカレー、じゃなかった、映画としてのクオリティは相当高いです。

なぜ見る気になったかといえば、「レ・ミゼラブル」でミュージカル映画の面白さに気づいたから。
CMで流れていた、主題歌「Let it go」。
「これは見るしかないな」 聞いた瞬間、そう思いました。

1.日本語吹替版がオススメ
これまで外国映画を劇場で日本語吹替版で見るという発想自体が、Aniにはありませんでした。
TVでの外国映画放映って、大抵吹き替えですよね。
どうもそのイメージか、「これって、所詮オリジナルじゃない!」という感覚がありました。どう見ても、口と台詞があってない、香港は英語圏とは言えないですが、住んでいて英語でのニュアンスが多少わかるようになると、その違和感がいっそう強まりました。

でも今回、アニメなら案外いけるかなと、ふと気づいたのです。
なぜならアニメの場合、作り手(ディズニー)のほうも、吹き替えされることを初めから想定してるはずなので、吹き替えでも違和感がない作りにしているはずだと思ったからです。

で、吹替版で見ました、正解!
もともとアニメのキャラは「母国語」ないですから、実写に比べると全然違和感ないです。
また字幕を目で追わない 「楽!」 
スクリーンの迫力をより感じられました。 

ただし、最近のCG技術は、なかなか侮れません、そこは予想してませんでした。昔のアニメって、ただ口が開いたり閉じたりしているだけでしたが、今は違います、アニメでも、口元はちゃんと「英語」しゃべっています。だから流れている日本語と口の動きがあってないな、と感じるところは否めません。それでも実写の人間と比べれば、相当違和感ないレベルです。

と、いうことで、Aniは日本語吹替え版のほうをお勧めします。

2.声優がいい
W主演のアナを神田沙也加、姉の雪の女王エルサを松たか子、雪だるまのオルフをピエール瀧が演じている(?)のですが、みんなすばらしい!特に歌が最高です。

松たか子の実力は元々認めていたAniですので、歌も台詞も貫禄の演技(?)というところですが、今回注目したのは神田沙耶加とピエール瀧です。
神田沙也加

彼女、去年の夏にTVアニメの声優をやるにあたり、わざわざ声優学校に通ったそうです。その甲斐もあって、台詞はプロの声優並みの相当の出来、歌昌力はもともと問題ないので、歌もバッチリでした。
彼女、母親(松田聖子)の後を追いかけても多分勝てないので((T_T))、ミュージカルや声優を極めればもっとブレイクする(ある意味、母親を超える)予感を感じました。

それと、ピエール瀧。
電気グルーブ
左側の人。右側の人は、どうしているんでしょうね?

名前だけ聞いても、誰だかわからないかもしれませんが、元々は「電気グルーブ」という テクノユニットのメンバーです。
唯一のヒット曲 「Shangri-La」(サビで「夢でキス、キス、キス。キス、キス、キス」と歌う曲)

彼の場合、ミュージシャンというより今は役者ですな。
わかりやすいところでは、「あまちゃん」の上野の寿司屋の大将、今の大河ドラマ「黒田官兵衛」では蜂須賀小六を演じています。

でも今回はミュージシャンの本領発揮、こんなに歌昌力あったんだ、とかなり驚きました。

こんなサイトを見つけました。
http://http://entermeus.com/80822/

主題歌「Let it go」は、42ヶ国語で歌われていて、これを切り貼りした最後のクリップは感心しきりです。
よくもまあ、似たような声質のシンガーがいたもんだなと、偶然でしょうか。

母国語が英語以外の人にとって、この映画は「2度おいしい!」映画かも知れません。
なぜならオリジナルの「英語版」と吹替えの「母国語版」の両方を楽しめるから。

Aniも、3Dの英語版を劇場で見ようと思っています。

3Dメガネ、持ってるし。(2回しか、使ってない!)
関連記事
2014/03/30 11:48 映画・テレビ TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://huazhong.blog.fc2.com/tb.php/90-3dad4045
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。