歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター
当ブログ、サブタイトルに「言いたい放題」とつけてはおりますが、これまでそれほど「言いたい放題」ではなかった気がしています。

そこで今回は、今日で最終日を迎えたソチ冬季オリンピックについて、ヒンシュク覚悟で(?)、Aniなりの「言いたい放題!」、やってみたいと思います。

1.「雪」と「氷」
冬季五輪の競技を眺めてみると、「雪」と「氷」に関連する競技しかないことに改めて気づきました。
当たり前と言ってしまえばそうなのでしょうが、やはり夏に比べるとバラエティーに欠けますね、極端な言い方をすれば、スキー、スノボ、スケートしかないとも言えます。
もちろんカーリングやボブスレー等もありますが、全体の競技の8割近くが、先の3種目じゃない?。

だからIOCも競技数を増やすのに必死なのか、今回新たに採用された競技の中には、?と思うものがいくつかありました。

ノルディック複合の個人戦、ジャンプのノーマルヒルとラージヒルを設ける必要性あるんだろうか?
ジャンプ競技なら納得ですが、複合はまったく異なる競技を組み合わせることが面白いので、ジャンプの違いにより2種目にするのなら、それは「ジャンプ競技」でしょ!

あとフィギアの団体。
フィギアはあくまで「個人競技」で、国がシングルもペアもアイスダンスもまんべんなく強化しようとはしていないので、やる前から結果がわかっていたと思います。
結果は予想通り、まんべんなく強い選手がいる国が表彰台に登り、日本はシングルは頑張ったけど、いかんせんペアとアイスダンスが弱いので5位に終わりました。

また競技数が増えたことにより、シングルの選手には負担になったことは否めません。真央ちゃんしかり、ロシアのリプニツカヤしかり。羽生くんは関係なかったけど。

キムヨナが「団体にでなくてラッキー」と言いましたが、結果を見るとその通りで、今後シングルの有力選手が団体に出場するのを渋るようになったら、どうするんでしょうね?
果たして次の五輪でもやるのかな?

競技数を増やす発想が、先ほどあげたスキー、スノボ、スケートのバリエーションを増やしているだけなので、なんか新鮮さに欠けると感じます。
スノボのハーフパイプを見てしまうと、スキーのハーフパイプはちょっと物足りないかな。

思い切ってこういうのはどう?

「スキー5種」
アルペンの「回転」「大回転」「滑降」と「ジャンプ」とノルディックの「距離」
陸上の十種競技のスキー版で、まさに
「キング(クイーン)オブ・スキー」  とか。

あと冬は団体競技が少ないよね、アイスホッケーぐらい?

なので 「雪合戦」 なんかどうでしょう?

「スポーツ」になり得る「雪合戦」、可能な気がするんだけどね。

この国別対抗は、絶対に盛り上がります。危険なくらい。

カーリングがOKなのだから、「雪合戦」もいいでしょう???

2.採点競技
夏に比べると、冬のオリンピックは「採点競技」ばっかりです。

厄介です、「採点競技」。
人が評価するのだから、絶対に「私感」が混じります。
見てる方にも「私感」があるから、誰もが納得の「評価」なんて、まず有り得ないのでしょうね。

モーグルの上村愛子4位は、3位の選手が格上だったのでその分点が甘かった気がするし、キムヨナ点数低すぎ、ソトニコワ高すぎの声は、案の定起こりましたね。

特にフィギアの場合、「採点」結果と見る側の「私感」のズレが、昔に比べて大きくなった気がします。
ほとんど素人にはわからないジャンプの踏みきりミスや回転不足で点差が大きくつくあまり、ミスしづらい無難なプログラムを組む選手が上位に来るので、見ている側からすればなんか物足りない。

だから果敢にトリプルアクセルに挑戦し続けた真央ちゃんの演技が、あれほどの感動を生んだのだと思います。

「点数」に見ている側もこだわらなくなったら、メダル争いの意味がなくなるので、そうなるとオリンピックの意義ってなんだ?

公平さを考えたルール変更なのでしょうが、「採点競技」の場合、見る側からすれば却って「不公平」感が出てしまうのは皮肉ですね。

だからルールはもっとシンプルがいいと思います。
ジャンプの「飛形点」なんて、やめればいいのに。

3.やっぱり今回も「贔屓のひき倒し」?
案の定というか、一番期待された真央ちゃんと沙羅ちゃんが思うような結果を残せませんでした。
ソチでのメダル8個は、長野五輪に次ぐ好成績ですが、2人にメディアの注目が集中したせいで、メダルを取れた選手がのびのびやれたっていうのは言いすぎかな?

真央ちゃん、先ほどのプログラムのことも踏まえてAniが思うに、そもそもはじめから「金」を取るのはかなり難しいと思っていたのではないか(本人も「絶対に「金」を取る!」とは言ってなかった)、敢えてリスクの高いトリプルアクセルにこだわったので、「今度こそ「金」をとって欲しい!」の報道には、相当のプレッシャーになったのではと思います。

沙羅ちゃんもしかり、あれほどW杯で勝てば、「金」は確実と報道されても仕方ないとは思いますが、17歳の少女にはかなりの重圧だったと思います。

日本のメディア、2人に相当のプレッシャーをかけていることをわかっていながら、それでもやっぱり騒いでしまう、
「わかっているならそっとしといてやれよ!」とAniなどは思うのですが、無理なんでしょうね。

真央ちゃんのSPの失敗、あれはマスコミに対する「当てつけ」と考えれば少しは溜飲が下がるかな(「倍返し」くらいにはなったでしょうか)

最後に金メダル以上の感動を与えてくれた浅田真央。
やっぱり持ってますね、まさに「スター」です。

結局一番美味しいところを、メダルの逃した真央ちゃんが持って行っちゃった、今回のソチ五輪でした。

n-SARA-TAKANASHI-large570[1]
沙羅ちゃん、「情熱大陸」見ました。
ほんとに健気でいい子だね、すごくファンになりました。
次は「沙羅vsサラ」対決。頑張れ!!!
(Aniも「贔屓のひき倒し」の一人だな…)
関連記事
2014/02/23 10:13 その他 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://huazhong.blog.fc2.com/tb.php/80-89540e5a
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。