FC2ブログ
歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター
どうしちゃったんだ、香港 (T T)

「逃亡犯条例」改正案に反対する若者たちのデモは、かれこれ6ヶ月近くになろうとしています。
というか、もう元々の理由がなんだったかは関係なくなっている感じです。
すっかり、政府とその手先である香港警察に対する「反政府デモ」になってしまった感じです。いや、表向きは「デモ」ですが、実態は完全に「暴動」と化しています。

honkonng tekku2

いまや大学生デモ隊の「アジト」と化した「香港理工大学」

Aniが住んでいた「紅磡(ホンハム)」にあったので、校内に入ったことはありませんでしたが、この横の歩道橋は幾度となく通りました。

平和だったときは こんな感じ。
honkonng tekku

地下鉄もデモ隊の攻撃目標にされています。



香港島にある地下鉄の「湾仔」駅。
ここには税務署ほかの行政機関があったり、かつては米兵向けのバーがあった関係でちょっとした繁華街があり何度か訪れています。



九龍半島側にある「佐敦(ジョーダン)」。
東京で言えば、新宿の歌舞伎町みたいなところ。
日本人が経営する音楽スタジオがあって、ギター担いで何度か通いました。

当初は限られた場所でのみ、このような事態が起こっていると見ていたのですが、最近は馴染みの場所がずいぶんと悲惨なことになっているので、とても悲しいです。

しかしここまで「抵抗」したとしても、デモ隊の要求が通ることはないでしょう。
香港政府、いやその裏で糸を引く中国政府のやり口にどんなに不満を抱いたとしても、現在の香港は中国との経済的関係がなければ生きていけないからです。

いわゆる中国寄りの「親中派」と呼ばれる人たち、特に有名人たちはこの状況に対して沈黙を貫いています。
日本では アグネス・チャン、香港では ジャッキー・チェン 。
両親が貿易商であるアグネスと、芸能人としてのジャッキーは、政府に睨まれたら香港で生きていけません。個人的な信条としてどう思っているかはわかりませんが、ここは沈黙を貫くことが懸命と判断したのでしょう。

こうなると、デモ隊というかデモを支持する民主派と呼ばれる、反政府的な立場の人たちが、デモ=抗議 に疲れきって諦めるまで、終わることはない気がします。

思えば、Aniが住んでいた10年前も、市民の中にある中国政府への反発心は心の中でくすぶっているのは感じていました。それはそうでしょう、中国共産党が嫌で、海を泳いで逃げてきた人たちが、今は生きるためにその相手に頭を下げなければならないのですから。
ついにその思いが爆発しちゃったんでしょうかね。

香港に生きる場所を失ってしまった「香港人」は、また新天地を求めて旅立っていくのかもしれません。最近は台湾に移住する「香港人」が増えているそうです。そっちも危ないとAniは思うのですが。

今日11月24は、区議会選挙の投票日です。
仮に民主派が勢力を伸ばしたとしても、中国政府の意向をはねつけることはできないでしょう。

もう、昔の香港に戻ることはないのかもしれません。

悲しいね。
関連記事
2019/11/24 16:54 香港 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://huazhong.blog.fc2.com/tb.php/410-84b41526
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。