FC2ブログ
歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター
この日の散策、半分ほど来たので、ここでざっと「湯布院」を紹介します。



おもな観光エリアは上図の範囲です。

この日の午前中、Aniが辿ったルートは、

①由布院駅をまっすぐ駅前通りを進み、ぶつかった鳥居を右折して参宮通りを進みます。
②地図では表記されていませんが、参宮通りはステンドグラス美術館のあるほうではなく、そのまままっすぐ続いており、
 ちょうど地図上の右下隅あたり(「この色のルート」の下の活字のあたり)に、宇奈岐日女神社があり、お参り。
③参宮通りを戻って右折し、ステンドグラス美術館を経て、黄色のルートで金鱗湖へ。

この行程は田んぼや畑の中を抜けていく長閑な道で、途中、一軒家のレストランやそこそこ広い旅館なんかあったりして、牧歌的で落ち着いた湯布院の顔を感じさせるエリアです。

で、地図の半分上を斜めに走る「湯の坪街道」、ここがもうひとつの湯布院の顔、原宿や軽井沢みたいな若者に人気の観光地です。



この地図では細かい店名まで読めませんが、通りいっぱいにたくさんの飲食店、土産物屋が乱立しています。
(恐らくこの地図に載っているお店は半分程度。)

いや~、事前情報でそんな雰囲気であるとは聞いていましたが、想像以上でした。


こんなのとか。


こんなの。



これからそんな通りへ突入していくのですが、その前に。


早速「令和堂」ですか、すごいな。



ここは前々回に紹介した、別府の立役者「油屋熊八」爺が作った、高級旅館(オフシーズンで一番安くて36,000円/一人)
たしかバス会社も「亀の井」でしたね。


中の様子は伺えません。どうも客室の半分は「離れ」らしい。

そこからほどなく離れたところにありました。



「もくあみの杜」。ショッピングモールとありますが、数店の飲食店と土産物屋があるだけで、知っているモールに比べるとかなり小規模。



木を生かした作りで、おしゃれでいい感じ。昼近かったのですが「鰻」の気分じゃないし、混んでたのでやめました。





金鱗湖のほとりに建つ「マルク・シャガールゆふいん美術館」



一回がカフェで、2階が美術館です。



展示作品は「サーカス」というシリーズのリトグラフ。
リトグラフ(版画)の場合、一回に1000セットとか作成されるので、肉筆画のように「ここにしかない1点物」ではありませんが、展示作品は本物(複製ではないという意味)なので、見る価値はあります。



シャガールは好きな画家で、個展も何度か行っているので、Ani的には満足、鑑賞を堪能しました。

金鱗湖が覗くこのアングル、良くないですか?



道に人が溢れています。いざ、突入!





さっそく「昭和レトロ」。





湯布院、「○○の森」って、名前が多いね。



猫屋敷に、



犬屋敷。

カフェではないようです、グッツを売っています。



こっちはカフェだ。



フローラル・ビレッジ。ここは下調べした時に出ていたので、そこそこ有名のようです。









これは シャガールではない。



どっからどこまでが「ビレッジ」なのか?なぜか「ハイジ」ショップがあります。





ほぼほぼ、初老男子には縁のないものばかり。



今度は「ディズニー」か。





今の流行は、ちゃんと抑えています。韓流ダネ。



ビレッジをでてほどなく、



今度は「江戸」らしい。

まあ、よくもいろいろと思いつくもんだな。少々 食傷ぎみ。



買おうとは思いませんが、珍しくて面白かったので。



あ、なるほどね。



せっかく来たのだから、なんにも買わないのは寂しいので、初老男子が並んで買って食べていても恥ずかしくないものを。
クリームチーズ味の甘太郎焼き?



ありそうで、いままで見たことなかった。ビートルズファンは垂涎ダネ。



これまた、懐かしい!



ホントになんでもアリだね。

と、ようやく駅近くまでたどり着きました。
原宿みたいなところとは事前に聞いていましたが、想像以上。

ともかく若い女性には人気なのは確実ですね。
かたや静かな温泉地で、もう一面がこの賑わい。

別府が猥雑で、いかにも「温泉地」なのに対し、湯布院はその真逆を行っている、熊八じいさん流石です。

さて、駅前で一息ついてから帰りますか。と、振り返れば、



ようやく「由布岳」が顔を覗かせてくれました。



駅前の酒屋で買った地ビール。ザビエル=フランシスコ・ザビエルと大分県ってなんの関係なのかなと、買った時は思いましたが、後で調べたら 大分県を支配していたキリシタン大名の大友宗麟がキリスト教の洗礼を受けたときの洗礼名が「ドン・ザビエル」なのだそうです。

危ない危ない、間違って喧伝するところだった。

 ~ 続く ~
関連記事
2019/08/12 20:01 散歩・旅行 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://huazhong.blog.fc2.com/tb.php/399-6cf457fa
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。