FC2ブログ
歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター
Aniの朝は早い、この日も5時すぎから活動開始です(>.<)



宿に隣接する「田町商店街」。立派なアーケードがあって、きっと昼間は賑わうところなのでしょうが、流石に朝5時では人気もありません。

ただ、歩み進めると、あちこちにこのような立札に遭遇します。





写真に収めたのは有名どころのこのお二方ですが、ここからかつての城下に続く道沿いにはそこそこ歴史好きのAniでも知らない、
長州藩の維新の立役者の立札が、10m間隔ぐらいに設置されていました。

急ぐ旅でなければ、一つ一つをじっくり確認するのが、正しい萩散策なのでしょうが、この日のAniにはそんな余裕はありません。

歩き進めてほどなく、ここに到着。



昔の武家屋敷の面影を残すこのエリア、萩 らしいところでしょうか。



この城下のもととなる「萩城」は、ここからずーっと離れた海の方です。いまはお城の建物はなく、「萩城跡」となっています。
もっと海に近い方も「城下」だったのかもしれませんが、城の面影を残していたこのエリアが、世界遺産に登録されたのかもしれません。



付近にはマンションなどの高い建物はなく、ここに暮らす方々はこの景観の維持に尽力していることがうかがわれます。
ただ、ちょっと電柱が残念かな。





建物フェチのAniとしては、時間があれば当然訪れるところなのですが、早朝ですから当然やっていません。



泥棒避け?屋根の上に立つオブジェはどんな意味があるのでしょうか?

取り急ぎ、名所と思われるところは巡っていこうと。



高杉晋作にゆかりのある神社だったかな、あんまり記憶にありません。



高杉晋作は散切り頭で洋装の写真で紹介されることが多いのですが、この像の高杉は、珍しくチョンマゲ和装です。
でも、この場所はゆかりの場所なのでしょうが、何もないので無理くりあとから作った感が強いですね。

ということで、萩散策はこれで終了!

? 萩市観光は、昨日の夕方と今朝の散策だけ?

実はこの旅における山口県での目的地は、この隣町なのです。
ここでネタバレはもったいないので、目的地については来週のUPで公開しますが、その目的地に行くためには、その前日にどこかで宿泊する必要がありました。
でも目的地のある街は小さな街なので宿泊施設も多くなく、かといって山口市とからだとかなり遠いので、もう少し近場で探したら隣町の萩市に宿が見つかったとういわけ、で、せっかくだから少しは観光しようとこういうことになったわけです。



移動のために山陰線のローカル駅へ急ぎます。
途中の橋の上からの眺めが良かったので。



たどり着いた駅、意外と立派じゃない?



恐らく無人駅でしょうが、なぜか駅前は自転車でいっぱい!



なるほど、地方のローカル線は地元の高校生の通学の足になっていることをなんとなく知ってはいましたが、実際にそうなんですね。

駅舎に入ってみると、



地元の方が書かれた絵画が飾ってありました。







萩らしい風景ですね、実際に同じ風景を目にするよりも、絵で見たほうが「萩」を感じた気がしました。



ザ・ローカル無人駅!



車両もちょっとレトロです。

時間はまだ9時前、さて、次なる場所は?

~続く~
関連記事
2019/05/19 18:55 散歩・旅行 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://huazhong.blog.fc2.com/tb.php/391-b1b8a8a1
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。