FC2ブログ
歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター
先週、辛いニュースが飛び込んできました。

「堀ちえみ 口腔がんを発症 」

彼女は1967年生まれなので、Ani的には若かりし頃の 「はまった」アイドル ではありません。
彼女がデビューした頃、Aniは既に大学生後半だったので、もうそんなに若いアイドルに興味はありませんでした。
(今時の大学生なら、バリバリに「アイドルオタク」でも全然アリなのですが、当時の普通の大学生は、大体「アイドル」からは「卒業」していたように思います。)

それでも大ブームとなったTVドラマの「スチュワーデス物語」(もう、「スチュワーデス」が今や死語ですね!)、有名なセリフ「私はドジでのろまな亀」くらいは知っています。

またその後、3回結婚して7人の子供がいることは有名ですよね。

現在 52歳。いまはもうAniと「同世代」といっていいでしょう。だから自分より若い人の、この手の報道は本当に辛い。
ちょうど同じ年頃の時に、同じく同級生をガンで亡くしていますので、余計に身にしみます。

ガンの進行度合いのステージは「4」。ご本人も言っているとおり、楽観できる状態ではありません。
でも前向きに治療に取り組んでいくとのこと、昨日は舌の6割と転移した首のリンパ線を取り除く、11時間にも及ぶ大手術に成功したとのことです。

お子さんや夫の「少しでも長く生きて欲しい」という願いを受け入れ、いっとき「治療はしない」選択も頭をよぎったそうですが、彼女は辛く苦しくても治療する道を選びました。

水泳の池江璃花子さんの白血病もそうですが、「なんで彼女たちが」 と強く感じますが、いまは2人とも一日も早い回復を念じてやみません。

さて、今回この話題を取り上げたもうひとつの理由、それは堀さんが自らの病気を発表する手段として、自身の「ブログ」を使ったことでした。

やはり芸能人ですから、このような事態に陥った場合、発表しないわけにはいかないでしょう。長期に入院すれば何事かとマスコミに感づかれてしまいます。

なので発表する方法としては、記者会見あるいは所属事務所のホームページなどがあるのですが、あえて自身のブログで行った、同じくブログをやっている身としては、ちょっと興味を惹かれたわけです。

自身がブログをやっているにも関わらず、他人のブログはほとんど読みません。知り合いがやっているものは欠かさずチェックしてますが、芸能人のものはないですね。気になる人がいれば別なのでしょうが、それほどまでの人はいません。

ブログ。正式名称は「ウェブログ(WebLog)」だそうで、略して「ブログ」

形態的には「個人でやってるホームページ」だそうで、よくネットで書く「日記」と言われていますが、内容に関する定義はなく、日常を綴るだけでもいいし、個人のオピニオン発表の場でもいいそうです。

で、芸能人の多くの人がブログをやっていますが、彼らの場合はほぼ「仕事」というか、世間から忘れられないための情報発信的な意味合いが強く、本人の日常を淡々に報告するタイプの物が多いので、その人のファンでもない限り、読んでも大して面白くありません。

堀さんのブログも、読んでみると大体がそんな感じで、「今日は天気がいいですね」とかそんな感じなのですが、今回のがん告白についての報告は、全く違っていました。

がん発見の経緯、周囲の反応、なにより本人の気持ちなどがしっかりと書かれており、大変立派な報告でした。
また、ブログでの発表後のマスコミの報道も、ほぼこのブログの内容に合致しています。

ここに彼女が発表の手段として「ブログ」を選んだ理由があると、Aniは感じました。
ちゃんと発表しないと、事実じゃないことも含めて、憶測であることないこと書かれる、なので直接の記者会見でもいいのですが、本人が伝えたいことと記者たちの聞きたいことにギャップがあるので、本人的にはイマイチちゃんと伝わっているのか不満が残るのではないかと。

その点、ブログでの発表のいいところは、ちゃんと「記録」として残ることです。
ブログに書いてあること以上のことは、流石にマスコミも記事に出来ません。なので本人的には満足できるのでは。

ブログがブームだったのは10年くらい前でしょうか、その後のSNSの登場で、いまはブログをやる人は相当減っています。
フェイスブックやツイッターに比べて、ブログの更新はかなりめんどくさいですしね。

ただ、今回のような「重い」報告の場合、SNSでの報告はちょっと厳しいと思います。なんか「軽く」受け止められてしまいそうです。

めんどくさくてもブログをやっていればこそ、こういう使い方ができるわけです。

もしAniの身に同じようなことが起こった場合、自分はブログで発表するだろうか?

一般人なので、あまねく世間に知らせる必要はないのですが、自身の「心境」を伝えたいのだとしたら、ブログでの告知はありですね。

改めまして、堀さん、池江さん、そして同じく病気やケガで苦労されている方々の、一日も早い回復を願ってやみません。





関連記事
2019/02/24 06:11 時事 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://huazhong.blog.fc2.com/tb.php/380-7717ce59
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。