FC2ブログ
歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター
宗像大社のお参りは、沖津宮、中津宮、辺津宮の3宮を全てお参りしてコンプリートなので、次は港まで戻って近くにある中津宮へ。

女子たちの帰りの飛行機の時間が迫っていますので、駆け足のお参りです。



正面に立つ鳥居。



「明治三十七八年」とあります。

? 「七八年」 ?

こういう鳥居に出会ったのは初めてです。どう言う意味かみんなで考えましたが、わかるはずもありません。
ずっと気になっていましたので、さっき調べてみると、これは日露戦争の戦役記念で建てられた鳥居だそうです。
日露戦争が行われたのが、明治37年2月~38年9月 だったから。

へぇ~、これは鳥居以外にも記念碑ほかの形で全国各地にあるそうです。今度探してみよう!



社殿にご拝礼。なんとなく普通の社殿とは違う造りのような?

この造りについて、さっきネットで見つけたのですが、再発見できず。あしからず。



境内にあった「鯛みくじ」。
珍しかった(Aniは初めて出会った)ので、ここだけのものかと調べたら、日本各地に同じものがあるらしい。

どうも「目出鯛(めでたい)」にかかっているらしい。

まあ、およそおみくじの類はやらないAniなので、ここは当然スルーですが。

そうそう、社殿を降りた道すがらにちっちゃな水の流れ(川という感じではない)があって、なんと「天の川」

川をはさんでこじんまりとした祠が建っており、上にあるのが「織姫神社」、下が「牽牛神社」

なんとここ中津宮が「七夕伝説」発祥の地だそうです。(諸説あり) 案内板にはそう書いてあります。

でもホントに地味で、「ほんまかいな?」の印象。
正直に言うと、その時はそこが本物の「発祥の地」か、疑っていました。
あまりにも安易な、なんだか後から取って付けたような感じがしたので。

でもどうも「本物」らしいです。

なので、写真は取りませんでした。m(_ _)m
どうも、それらしく写る気がしなかったので。m(_ _)m m(_ _)m



さて、港に戻り帰りのフェリーを待ちます。
昼食どきなのですが、名物の海鮮丼をわざわざ食べにいくほどの時間もなく、また離島なのでコンビニなどあろうはずもなく、ターミナルのカフェには軽食がありますが、ここまで来てカレーっていうのもね。





この写真には見覚えがあります。多分ここが世界遺産に登録された時の報道で紹介されていたはずです。それで見たはず。



上の写真では欠けちゃってますが、「みあれ祭」といいます。
秋の大祭の折に、宗像にある七つの漁港の500隻以上の漁船が、沖津宮と中津宮の神様をお迎えし、九州本土にある辺津宮へお送りして祭礼を行います。750年前から行われていたそうな。



映像では、かなり壮観なお祭りでした。
これは、観光的には「売り」になるでしょうね。

帰りのフェリーに乗船。行きは「海」を楽しみたかたので、ずっとデッキにいましたが、帰りは気になっていた最下層の船室へ。
絨毯敷の船室に靴を脱いで上がり、到着までゴロ寝です。
懐かしい、高校生の時に言った新島へ向かう「東海フェリー」以来です。



行きに乗ったバスの折り返しで、最後の神様「辺津宮」へ。
ここは大きな神社です。大型バスが入れる駐車場があって、いわゆる「観光地」の佇まい。

「宗像大社」という名称は正確には沖津、中津、辺津の3社の総称なのですが、この「辺津宮」を「宗像大社」と称することもあるようです。(出雲大社 的な)
地元福岡では、「交通安全」の神様として知られているそうな。



神社全体は、このような樹木で覆われています。
本州の神社仏閣は、多くが「杉」に覆われています。高尾山とか高野山、日光もそうですね、天狗が出てきそうな巨木に囲まれています。
なのでここの樹木は、見慣れていないので珍しいですね。いや、そういえば、香港の寺院の周りもこんな感じだったかもしれません。やはり九州は「南国」なんでしょね。



これは鳥居のようですが、参道には面していないので、観光用(?)の鳥居?

どうも3社目なので、少々「お参り」疲れでしょうか。(毎年 正月には「七福神巡り」で、7社も回るのにね_(>_<)_)
拝殿までの写真はとってませんでした。

なのでいきなり拝殿です。





これは珍しい、拝殿の内部には「額」が飾られています。「百人一首」?

色々調べたのですが、ヒットしません (:>_<:)
(誰か由来をお教えいただければ幸いです)

拝礼を終え、隣接する「神宝館」を見るぐらいの時間はあったのですが、スルーして福岡へ戻ることにしました。
神宝館には、宗像大社から出土した多くの国宝が見られるのですが、どうも美術品とか工芸品ではない、埴輪とか土器の類は、鑑賞してもイマイチ ピンときません。

大社からは、福岡市内まで直通の急行バスがあったのでそれに乗車。
電車での乗り継ぎを考えると、これは便利です。



夕方に福岡の繁華街「天神」着。

結局、帰りの道中に適当な店がなく、遅い昼食となりました。

写真は入ったお店「竹乃屋」(福岡の鳥系のチェーン店らしい)の、「凍結ライムサワー」
凍ったライムが「氷」替わり、これはいいね、今度自宅でもやってみようかな。

以上、1泊2日の夏休み。

そんなにメジャーではない「観光地(?)」への旅はAniの定番なのですが、ほとんど一人旅なので、ツレがいるのは初めてかも。
同行してくださった方々、楽しんでもらえたでしょうか。

やっぱり「旅」は、いいね!!
関連記事
2018/09/24 20:55 散歩・旅行 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://huazhong.blog.fc2.com/tb.php/361-2f510930
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。