歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター
宮崎アニメ「風立ちぬ」鑑賞雑感。

「風立ちぬ」と聞いてのファースト・インプレッション!
(第一印象のことです)

Aniは松田聖子の歌でした。
(大瀧詠一の作曲です)
風たち聖子

次は、堀辰雄の小説かな。
(若い頃、読んだような、読んでないような?)

山口百恵主演で映画化もされていましたが、全然記憶にありません。

ジブリ映画のほうは、キャッチコピーの
「堀辰雄と堀越二郎に敬意をこめて」とあるように、
小説のストーリーと戦闘機「ゼロ戦」の設計者だった堀越二郎のエピソードを絡めた
宮崎駿監督のオリジナルです。

なんで「ゼロ戦」の設計者が主人公?
と思った方も多いと思いますが、もともと宮崎監督は航空機マニアだったらしく、この映画の原作も、模型関係の専門誌の「モデルグラフィックス」という雑誌に連載されていた宮崎監督自筆のアニメが元になったようです。

しかし、この映画に関する日テレの番宣攻勢って、どうなんでしょうね。
スタジオジブリと日テレの関係の深さは理解できますが、やり過ぎるとかえって逆効果では?

Aniは10日(土)AMのレイクタウン初回上映で観てきたのですが、その日の午後に日テレ「ZIP」の「風立ちぬ」特番がオンエアされており、かなりの「ネタばれ」でした。
ここまでやると、「観にいきたい」というより、「観た」気分になってしまうのでは?

しつこいと、予想ほど、客入りよくない? って勘ぐってしまいます。

さて、感想ですが
(これから観る人のために、なるべく「ネタばれ」しないように書きますが、やっちまったら、ごめんなさい m(_)m )

1.「生きねば」
宮崎監督の一貫したテーマって、「生きる」 なのかなと、思いました。
生きねば[1]

「ナウシカ」も「もののけ姫」も「千と千尋」も、根底にあったテーマは
「生きる」 だったのではと、
今回のもうひとつのキャッチコピー 
「生きねば」 を、映画を見終って考えたときに思いました。

前3作の主人公たちは、苦難の末に「生きる」という希望を見出した、でも今回の堀越二郎は
絶望のなか、最後に「生きねば」と決意する、ああ、つながっているんだと思いました。

2.小津映画?
今回の鑑賞にあたり、事前に情報収集はしませんでした。
今やネットでくぐれば、あらすじ、おち、感想etcほとんど取れてしまいます。

どうかな? と、思う映画のときは情報収集しますが(前回見た「グランドマスター」はそうでした)、期待の大きい映画の場合は、先入観によって感動が薄まってしまうので、やらないようにしています。

で、全体を通しての感想、Aniはなんだか小津安二郎の映画のように感じました。
小津
たぶん「東京物語」 原日出子と笠智衆

ローアングルからの描写、淡々とした台詞回し、なにより登場人物の会話が昭和初期の話し言葉なので、時代的に一致しています。

アニメでこの雰囲気を出すって、地味だけど凄い、って思いました。

3.大人って、「せつない」
「大人」のラブ・ストリーが淡々と描かれています。
それは報われるときが訪れないことを承知で、残された時間を精一杯生きる二人の姿、

たまらなく 「せつない」 です。

この「せつなさ」、「大人」は 「わかる」 と思います。
じゃ、「大人」って何なのか?
Aniも自分が「大人」なのかよく解りませんが、

「許せる」ことと「受け止める」ことが出来るようになった時、

人は「大人」になっているのかも知れません。

実は先ほどの特番で、宮崎監督自身が

「この映画は「子供」には理解できない」と言ってました。

確かに、Aniと同じ初回上映を見た親子連れは、帰り際に母親が小学生の息子に、「あんた途中、寝てたでしょう」と言ってました。小学生は、厳しいな!

ただ、その特番で宮崎監督、
「中高生は、わからなくても、見る価値はある。なぜなら、大人にならなければ解らないことがあることを、知ることは必要だから」的なことを言っていました。

確かに。(多少、集客のにおいはするが)

Aniも泣けるかと思っていましたが、映画館では泣けませんでした。
(宮崎監督は、試写会見て「自分の映画で初めて泣いた」といってましたが、これは違う思い入れによるものでしょう)

たぶん、何回か見直すたびに、理解が増す映画だと思います。
(「もののけ姫」が、Aniにとってはそうでした)

日テレの地上波オンエア、半年後かな?

いまから楽しみです???

風たちルノアール
このアングル、ルノワールの絵にありそうだと思いません?
関連記事
2013/08/11 11:58 映画・テレビ TB(0) CM(1)
コメント
ミステイク
Ani,
ゴメンです、東京物語、ヒロインは原日出子ではなく
「原節子」でした。

だよね? m(..)m???
2013/08/12 23:08 Ani URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://huazhong.blog.fc2.com/tb.php/34-b6474c8a
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。