FC2ブログ
歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター


誕生日が同じということで、勝手に天神様を自分の「守護神」にして以来、亀戸天神には少なくとも年に1回はお参りしています。
ここは江戸時代から「梅」と「藤」の名所で、それぞれ2月に「梅まつり」、5月に「藤まつり」が開催されます。
ただ、さすがの都心の名所ということで、日中の人出はかなりのもの、前にGWに藤まつりに行ったとき、あまりの人出に懲りたので、最近は早朝に行くことにしています。

ここ「亀戸天神」については、当ブログで去年、「梅」と「藤」で2度詳しく紹介していますので、ご興味のある方は参照を。

http://huazhong.blog.fc2.com/blog-entry-284.html

http://huazhong.blog.fc2.com/blog-entry-293.html



今年の梅の咲具合は5部というところでしょうか、ま、だいたい去年とおんなじです。
変わらないことはいいことなのでしょうが、写真で撮ると違いがわかりません。なので、梅の写真は省略、ご覧になりたい方は先程紹介した、去年のブログ写真でお楽しみください v(>_<)



社殿の正面に飾ってありました。去年はあったかな?



「和魂洋才」はよく聞く言葉ですが、社殿横に立つ国旗掲揚ポールには「和魂漢才」とあります。???

調べてみたら「逆」でした。もともとあった言葉が「漢才」で、「洋才」は明治時代にその言葉をもじったそうです。
「和魂漢才」、要は心は「大和魂」で、知識や技術は漢=中国の最新のものを取り入れるという考え方で、室町時代に書かれた「菅家遺戒」という天神様=菅原道真公が残した「遺戒(公家が守るべき戒め)」で唱えられていたそうな。
それでここ亀戸天神にあるのか。ただこの「遺戒」、実は道真公が残したものではないとのこと。



東京オリンピックの記念なんだね。



「スカイツリー」も、なんだか見慣れてしまいましたね。

ということで、今回はもうひとつの亀戸の名所である「香取神社」を紹介します。

実はこっちのほうが亀戸天神様より歴史的には古く、創建は7世紀後半、あの「大化の改新」の藤原鎌足の発起と言われています。
10世紀に起きた「平将門の乱」を平定した藤原秀衡が戦の戦勝祈願を当神社で行い、見事に勝ちを収めたことから「武術の神」として崇められ、現在は「スポーツの神」として度々マスコミにも取り上げられています。

また、その藤原秀衡の戦勝を記念して、毎年5月に「勝矢祭」が開催されます。古式に法った「武者行列」が行われ、一度見ましたがなかなか見ごたえがありました。





香取神社は亀戸天神のすぐそばにあります。距離にして100mくらいかな。
天神様の「参道」はちょっとしかありませんが、神社の方は結構長くて、ちょっとした商店街になっています。





「坂本商店」 果物屋さん。ジャニーズ V6 の 坂本昌行君の実家です。



知る人ぞ知る「サンケイスーパー」。
実は皆さんこのスーパーのことは映像で何度も見てるはずです。
フジテレビがスーパーでの価格等を取材するときは、ほぼここを使います。
2度くらい行ったかな、雑然とした「下町のスーパー」です。確かに安い、あと、珍しいものが置いてあったりします。
Aniは韓国料理店で使われている柄の長いまん丸のスプーンを買いました。









社殿横に飾ってあった色紙。流石にスポーツ選手が多いです。





これも知る人ぞ知る「亀戸大根」
江戸時代に亀戸で盛んに培されていた大根ですが、明治以降の宅地化の影響で廃れ「幻の大根」と言われています。
近年、地元の料亭「升屋」が復活させて鍋物や漬物で食せるそうです。
Aniはまだ食していません。



ここ香取神社は「亀戸七福神」にも入っていて、「恵比寿様」と「大国様」が祀られています。
Aniが初めて行った七福神めぐりはここです。2007年でしたが、その時にこの像はあったかな。記憶にはありません。



これはなかった「勝石」 2016年9月設置。



当神社の発起者である藤原の鎌足が、発起に際して「太刀」ひと振りを納めた故事から、石の真ん中には太刀がデザインされています。



いろいろなオブジェ(?)があったりして、なんか凄く「頑張ってる」感いっぱいの「香取神社」。
ひょっとしたら、あとから出来た「亀戸天神」に対するライバル心からなのでしょうか。
あっちは「学問の神様」、知名度的には「全国区」、「梅」「藤」に加えて、受験シーズンは合格祈願で賑わいます。
地元の人の愛着度も香取神社の方が強いって、どこかで聞いた気がします。

それ以外にも、「亀戸」って街は楽しいところです。「亀戸餃子」「亀戸ホルモン」ほか、グルメタウンでもあります。
スカイツリーに絡めて、下町散策にもってこいです。
錦糸町も近いしね。



関連記事
2018/03/04 09:18 散歩・旅行 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://huazhong.blog.fc2.com/tb.php/335-ba5acbea
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。