FC2ブログ
歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター
50歳を過ぎると男女を問わず悩まされるのが 「頻尿」

病気(前立腺肥大、膀胱炎など)が原因の場合を除き、健康な人でもなるその原因は「加齢」です。

Aniの場合、若いころから頻尿気味だった気がします。特にお酒を飲むと極端に近くなる、まあ、そもそもお酒には利尿効果があるので当然なのかもしれませんが、50歳を過ぎたあたりからは、お酒を飲まなくても頻繁にトイレに行くようになりました。

先週、偶然見た「名医とつながる たけしの家庭の医学」というTV番組で、頻尿の改善方法について放送していました。
出演していた独協医大の泌尿科の先生によれば、高齢者の頻尿は加齢によって尿意が早く訪れるようになることが原因とのこと、薬によって治癒することも可能ですが、簡単にできる方法として、東洋医学の「ツボ」を刺激することによって、尿意の訪れを遅らせることができるそうです。

番組では「三陰交」という足のツボを、朝昼晩に一分間強く押す方法を紹介しており、番組に登場したモニターの女性は、一週間続けた結果、トイレの回数が半分に減っていました。(昼間に8回以上トイレに行く人が、一般的には「頻尿になるそうです)

昔から「ツボ」には興味があって、本を買ったり(どっかいっちゃったけど)いろいろ試したりして、実際に効果も感じていたので(青竹ふみの足裏マッサージはたまにやっていて、それなりに効果あると思っています)、「頻尿」に効く「ツボ」について、もう少し調べてみると、TVで紹介した「三陰交」を含め、東洋医学では「脾経」という「経絡(「ツボ」をつなぐ経路。神経みたいなもの)への刺激がいいようです。

「脾経」については、このサイトに詳しく出ています。

http://chuplus.jp/blog/article/detail.php?comment_id=1526&comment_sub_id=0&category_id=218

で、番組で紹介した「三陰交」に加え、ここも刺激したらより効果的なのではと思いついた方法があるので、紹介します。

1.足の親指の骨の周りのマッサージ

親指の付け根の太い骨の内側から土踏まずにかけて、「脾経」のツボである「太白」「公孫」があります。
この辺りを手でも青竹ふみでもいいですから、痛気持ち良い程度にマッサージしてください。
その中で、特に痛い箇所があればそれが「ツボ」らしいのですが、いまいち自信がありません。
なので、その周辺をまんべんなく刺激します、これでも十分効果があるそうです。

2.三陰交への刺激

こっちの「ツボ」のほうが、比較的わかりやすいかもしれません。
脛の内側の骨沿いで、うちくるぶしから指4本分上がったところにある、なんとなく窪んでいて痛みを感じるところがツボ。
ここを1分間強く押します。

これを両足に対して、朝昼晩の一日3回、まずはやってみましょう。

さて、効果のほどは?

Aniも初めてまだ3日目なので、はっきりと効いているかは断言できません。

加えて「個人差」は絶対にあると思います。効く人効かない人、こればっかりは、やってみないとわかりません。

さらに加えて、尿の排泄はいろんな要因で日々違います。

たくさん水分を取れば当然出る量も増えますし、気温が低ければ近くなるのは体の摂理として当然なんだそうです。
夏場は汗をかくので、当然尿の量は減ります。

また尿意は精神的な要因も影響します。「間に合わない」恐怖感が、さらに尿意を早くするようです。

あと、もう一つの頻尿対策として、「膀胱を鍛える」方法もあるそうです。

要は尿意を感じてもすぐには出さず我慢していると、膀胱に貯められる尿量が増えるとのこと。
加齢による頻尿は膀胱に貯まる尿量が小さくなるのではなく、貯まる前に尿意が訪れる現象なので、訓練すれば尿を貯められるようになるそうです。

確かにこれには思い当たることがあって、Aniの場合、「間に合わない」恐怖感から、訪れる場所のどこにトイレがあるか真っ先に確認する習慣が身についてしまっていることが、逆に「頻尿」を助長しているのではないかと。

旅先でも仕事中でも、自分はすぐにトイレにに行きたくなるという意識があるから、尿意を感じる前に行けるときにトイレに行きがちです。これって、どうやら「膀胱」を甘やかしていたようです。

今日も 朝風呂からのビールですので、平日に比べ水分摂取量は確実に増えます。
しっかり「頻尿マッサージ」、さっき行いましたが、果たして効果のほどは?

Aniの場合、効果があったとしても、わからないのかもしれません。(:>_<:)


関連記事
2018/02/11 10:35 その他 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://huazhong.blog.fc2.com/tb.php/332-abea51af
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。