歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター
今年の年末年始カレンダーは30日(土)~3日(水)を標準と考えれば5日間、昔なら5日間は長く感じたものですが、最近はちょっと物足りない感じですね。贅沢になったもんだ (:>_<:)

一週間以上のお休みなら旅行に出かける人も多いのではと思いますが、今年は自宅で過ごす人が多いのかな?
Aniも恒例の七福神巡り以外は、実家で寝正月になりそうです。
そうなると、楽しみはなんといっても「テレビ」でしょう!
ということで、テレビ好きのAniが独断と偏見?で選ぶ、年末年始のおすすめ番組 \(^o^)/


12月31日(日)

9:00~11:00  NHK・Eテレ 「香川照之の昆虫すごいぜ!一挙アンコール」

この番組はちょっと前にそこそこ話題になっていたので、見てみたいと思っていました。
しかし香川照之さんって、好きなことに対する情熱が熱いですね。
ボクシングも具志堅用高に対するリスペクトが半端ない!
特に昆虫好きではありませんが、熱く語る香川氏を見ているだけでも面白いかも?
ちなみに元旦も同じく9時から「香川照之の昆虫すごいぜ!カマキリ先生☆マレーシアに行く」があります。

1月1日(月)

14:00~   テレビ東京 「緊急SOS!池の水をぜんぶ抜く大作戦~ついに決定!怪物・オブ・ザ・イヤー」

これも話題になりましたね、もう4回ぐらいやってるのかな?Aniも2回くらい見ているはず。
着眼点が素晴らしい! ただ池の水を抜く様子のドキュメンタリーなんだけど、これが意外と予期せぬことが起こって面白い。
確かに池の中ってどうなっているか、日頃から見たいなと思っていました。
何が出てくるか、古物?外来生物?
ちなみに2日(水)も17:55~「緊急SOS!池の水をぜんぶ抜く大作戦6~今年も出た出た!正月3時間スペシャル~」もやるみたい。
2日連続です、受けたらトコトンやるところが、テレ東らしくて いいね!

1月2日(火)

7:00~ 日本テレビ 「第94回箱根駅伝」

母校(法政)が出る年だけ観ます(笑)
出場常連校のOBは優勝争いが楽しみでしょうが、出たり出なかったりの弱小校の場合は、なんといっても「シード権争い」。
出たら出たで、うちの学校はけっこう楽しませてくれます。
一昨年だったかな、最終10区まで圏内だったのに、最後の最後で抜かれて逃しました。
観ていたOBの感想、「うちの学校らしいな!」
みんなそう言っていました、「詰めが甘い」 (>.<)

1月3日(水)

18:00~ TBS 「消えた天才~一流アスリートが勝てなかった人 大追跡~」

タイトルだけ見て選びました。解説では「桐生 祥秀や福原愛の子供時代に勝った天才のその後の人生を探る」とあります。
ちなみに21時から テレ朝で映画「君の名は」地上波初オンエア!

おまけ

1月8日(月)~

12時30分~50分 テレビ朝日 「越路吹雪物語」

この時間帯は話題になった「やすらぎの郷」から始まった帯ドラマ枠。

「やすらぎの郷」は、豪華大スター(昔?)の競演で放送開始前から話題で、内容・視聴率とも好評でしたが、なぜAniがこの帯枠の次回作を推奨するかというと、先日までやってた「やすらぎの郷」の後番組「トットちゃん」がすばらしかったから。

3部構成になっていて、最初の黒柳徹子のご両親の出会いから結婚生活までのエピソード、父母を演じる山本耕史と松下奈緒が好演でした、で、次のトットちゃんの子供時代、子役(豊嶋花)がいい、そしてトモエ学園の校長役の竹中尚人がよかった、で成人後の活躍を描いた最終章は関わる有名人の配役が面白い、マッチ(近藤正彦)の森繁久弥、浅野ゆう子の沢村貞子、そして野際陽子役は実の娘の真瀬樹里、これにはやられた、うるっときた(>.<)


右が徹子役の清野菜々(「やすらぎの郷」にも出てました)、左が野際陽子役の真瀬樹里

同じ帯番組のNHK朝ドラ「笑ろてんか」がどうもイマイチなので、しっかりした脚本と演技が余計目立ちます。

昼間の帯番組というと、うちにいる高齢者や専業主婦向けに作られると思われがちですが、いまどきそんな視聴者層はそんなにいないので、つくりとしてはゴールデンでも通用するエンタテイメント性を備えたクオリティーです。
そもそも、今は見たい番組は録画して見るのが主流では?
Aniも当然リアルタイムでは見れないので、録画で見ています。

なので、これまでの流れを考えると、次回作の「越路吹雪物語」も期待できるかな。
Ani的には、親友である作詞家・岩谷時子との関係がどう描かれるか、非常に興味があります。

それでは皆様、Merry christmas \(^o^)/







関連記事
2017/12/24 18:00 映画・テレビ TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://huazhong.blog.fc2.com/tb.php/325-18e88612
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。