歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター
9月3日 日曜日 AM5:00

例によって、もう寝てられません。
うっすらと明るくなった頃を見計らい、散歩がてらに朝食調達へ。



ホテルの周りは昨日うろちょろしてしまったので、もう見るところはありません。
なのでとりあえず朝食調達を。確か駅近くにコンビニがあったはず。

だいたい地方のコンビニには「ご当地」ものが置いてあります。
ここ富山でも。。。 ありました、「とろろ昆布おにぎり」と「ますの寿司」

コンビニでこの2つが買えるとは。 羨ましい (>_<)



富山から「あいの風とやま鉄道」に乗って、「高岡」に着きました。せっかく富山県まで来たのだから、今日は「世界遺産」に行ってきます。



「雨男」のAniにしては、珍しく快晴。

目的地は「五箇山の合掌造り集落」
(あとでたくさん写真が出てきますので、ここはパス m(_ _)m )

「合掌造り」といえば、岐阜県の「白川郷」の方が有名かもしれませんが(事実、Aniもこの旅の予習で富山県の観光名所を調べるまで、五箇山のことは知りませんでした)、そこから車で45分ほど離れた富山県側にもこの集落があります。

ここ高岡から、「世界遺産バス」という路線バスが出ていて、ほぼ直通で 白川郷・五箇山まで行くことができます。
白川郷までは約2時間、五箇山までは約1時間半弱、料金は白川郷までが1800円、五箇山までが1000円。



途中 トイレ休憩で停車する「城端駅」



何の予備知識もありません。でも、ここも歴史ある街のようです。

バスは城端までは富山平野の入らな道を走りますが、そこを過ぎると飛騨山脈に向かう山道になります。
高さはありませんが山深いです。確かこの奥の方は、平家の落人伝説がある里。
関東で落人伝説のある、福島の檜枝岐あたりの景色によく似ています。

最初の目的地、五箇山集落で一番大きな合掌造り「村上家」を見学すべく、「上梨」というバス停で下車。
と、バス停前に「五箇山総合案内所」があります。
まずは情報収集せねば。



まず目に飛び込んできたのは、これ。
ああ、「こきりこ節」か。

なんでAniが「こきりこ節」を知っているかというと、中学生の時に習ったから。
何年生だったかは覚えていませんが、当時の音楽の教科書に載っていました。

♪♪♪  こきりこの竹は七寸五分じゃ 長いは袖のかなかいじゃ
      窓のサンサは デデレコデン ハレのサンサも デデレコデン  ♪♪♪
 


これは「ささら」。「こきりこ節」の踊りに合わせて使う楽器です。
なんとなく知ってはいました。ただ、農機具の一種かと思っていましたが、純粋に「楽器」だそうです。
触ってみました、なかなかいい「音」がします。



案内所で入手したパンフレットで、ここには「村上家」の他に「流刑小屋」なるものがあるそうな。



平家の落人伝説がある程なので、五箇山の集落は相当「秘境」です。
だから江戸時代、ここを治めていた加賀藩は城下で罪を犯した武士を、この地に「幽閉」しました。



4畳半、いや3畳くらいかな。
いわゆる「扉」的なものがありません。人の出入りを想定していないってことです。
中を覗くと、真っ暗。
ただ、しばらく目を凝らしていると、何かがいます?



これ、カメラのフラッシュを焚いたから写っているので、実際にはおぼろげにしか見えません。
かなり「不気味」です。
ちゃんと「武士」です。裃着てますし。



この「流刑小屋」は、集落のある街道沿いの傍らを流れる「荘川」の対岸にあります。
今は橋がかかっていますが当時はなく、仮に流人が小屋を抜け出したとしても、裏は山、前は川に阻まれて里には降りれなかったそうです。


他にもいくつかあったそうですが、現存するのはここだけ。

では、「村上家」に参りましょうか。







ちょうど入場したところで、なにやらレクチャーがあるみたい。

五箇山集落は山間部で米など作れず、養蚕と塩硝(火薬の原料)が主な産業でした。特に塩硝はこの地が「秘境」であるがためにその「製法等」が秘密にできたため、加賀藩が保護したとのこと。
へ~。



一通り「講釈」が終わると、「こきりこ節」の実演です。
なかなか良いですね、ただ建物を見学するだけなら大して印象も残らないでしょうが、こういうアトラクションがあると口コミで広がるので、次の集客につながります。

で、それが終わると順路に従い、内部の見学です。



家の作りは3層で、2階以上は養蚕スペース。



屋根組みには「釘」が使われておらず、全て「縄」で固定されています。
豪雪地帯なので、「縄」で固定することにより柔軟性を持たせ、雪の重みに耐えられるようにしています。



床は竹組で透けています。
これは養蚕のため、冬は階下の火の気の熱が上まで伝わるよう、夏は風通しを良くして熱を逃がすようにするためだそうです。

村上家の見学を終え、次はバス停を2つ戻った「相倉口」へ。
ここには20棟を越す合掌造りの集落があります。

バス停を降り、山あいの道を進んでいくと








思っていた以上に、いい感じの景色です。
棚田と山のグリーンと、合掌造りのブラウンの対比が綺麗です。



この家のように、実際に暮らしている様子がわかるところも、なかなか味わいがあります。















この家は、ちょっと作りが違います。



お寺だったんですね、これは予想外。





日本の原風景の美しさを楽しめました。



帰りのバス停に向かうと、脇道がありました。

これから高岡に戻り、もう一箇所 観光するかな。

~ 続く ~

関連記事
2017/10/08 18:40 散歩・旅行 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://huazhong.blog.fc2.com/tb.php/314-37452a82
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。