歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター
当ブログでも紹介しましたが、4月から始まったテレビ朝日系の昼ドラ(12:30~12:50 「シルバータイムドラマ枠」)
「やすらぎの郷」
http://huazhong.blog.fc2.com/blog-date-201704.html#entry290

なんか評判いいようです。視聴率も裏番組の「ヒルナンデス」や「バイキング」を上回っているそうな。

まあ、そうでしょう、当初からある程度健闘するだろうことは予想していました。
そもそもお昼のこの時間帯の主な視聴者はまさしく「シルバー世代」
50代以上のこの世代が、往年のスターが勢ぞろいするこの番組を見ないはずがありません。

ただ「作品」としてどこまで評価されるかは少々疑問でした。
出演者は往年の主役級ばかり。誰か一人を主役に絞って話を進めるのは難しそうです。あちらを立てればこちらが立たずになって、話がボヤける可能性もあります。

またかつては「絶世の美女」だった方も年齢には逆らえません、いまでもお美しいとはいえ、衰えは隠せない。
若い頃のままに演じるとなると「痛々しく」なってしまうでしょう。
「年相応」の演技、どこまで「老い」を表現できるか、ずっと「スター」だった方々が、プライドを捨てて演じられるのか。
となると、無難なのは「コメディ」調にすることかな。

実際、開始当初はそうでした。
藤竜也演じる「ヒデさん」(明らかに「高倉健」がモデル)がぎっくり腰になるエピソード、けっこうな「ドタバタ」ぶりでした。
つかみとしては合格点でしょう、あれ以上ふざけると白けてしまうギリギリのところで留めましたね。


ただ、脚本は倉本聰氏ですから、ちゃんとテーマである「老い」も取り上げています。
前述のエピソードでも、ドラマの進行役である石坂浩二演じる脚本家「栄」が、亡くなった妻の過去に思い悩む姿が描かれています。


知らずに「死んで」後悔しないのか、あえて「知らず」に綺麗な思い出だけを胸に「死んで」行くべきなのか。
これも「老い」てからこそ、悩むことなのでしょう。

そして続くエピソードで、倉本氏は正面から「老い」を取り上げています。
先週までのテーマは、「詐欺」と「貧困」

ドラマでは「オレオレ」ではなかったですが、資産のある高齢者は常に詐欺の対象として狙われていることを氏は取り上げています。
有馬稲子演じるシャンソン歌手「しのぶ」が、かつて大ヒットした自ら主演の音楽番組の復活を餌に「詐欺」被害に遭います。


それがきっかけで、彼女の「痴呆症」は悪化、結果として「詐欺」の片棒を担いでしまった冨士眞奈美演じるかつての友人「小春」、この人は若い頃の不義理がたたって誰からも相手にされず、いわゆる「貧困老人」、で、最後は生きる術を全て失って自殺してしまいます。


それまでのコメディ調から一転して重いテーマ。だからといって、辛いだけではなく、「希望」も散りばめているところが、さすが倉本氏というところでしょうか。
「小春」がニューヨークで出会った、老いてもなお主役の夢をあきらめない老俳優の話。
それからこれは先週の金曜日のオンエアだったのですが、ボケてしまった「しのぶ」に対して、ミッキーカーチス演じる「マロ」が、「俺たち何もしなくていいのか」と仲間に問いかけるシーン(はっとして、グッときました)


あと、身寄りがないので引き取り手のなかった「小春」の遺体を、「栄」が引き取って荼毘に付すシーン(「人」として、こうありたいよね)

そもそも、舞台の老人ホーム「やすらぎの郷」は、テレビ・映画界に貢献のあった人を「タダ」で世話している施設、この設定自体が現実離れしているので、氏のことですから、おそらくこのままで終わらないでしょう。
ドラマしては、これからが面白くなっていきそうです。

最後に、開始当初からAniが懸念していたことが、やはり起こってしまいました。
それは出演者が途中でお亡くなりになること。
皆さん高齢者ですから、半年の放送期間を考えればありうることです。

ただし「野際陽子」さんとは... 意外でした。


彼女の経歴等はこの2、3日で多く報道されていますのでここでは書きませんが、遺作となった当ドラマ「やすらぎの郷」での演技は、まったく病気のことなど感じさせない素晴らしいものでした。

「キーハンター」以来、常に「かっこいい」女優さんでした。
彼女らしい最後です、あっぱれ!

合掌。


関連記事
2017/06/18 10:22 映画・テレビ TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://huazhong.blog.fc2.com/tb.php/300-6258eac1
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。