歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター
朝ドラ、観てますか???

この4月から放送中なのは 「ひよっこ」

主演 有村架純、 昭和3、40年代の茨城と東京が舞台です。

設定・キャストとも無難だなあ、と、最初は思っていたのですが、観始めてから2つの点で興味を惹かれることがあったので、そのことを少し書きますね。

まず1つ目は、主演 有村架純の「役作り」

彼女、この役のために 「太った」 んですね!

実は彼女が太ったことに気づいたのは、去年の紅白の司会の時でした。


ほほがふっくらして、顔がまん丸です。

メジャーデビューした 「あまちゃん」 春子役当時と比べたら、誰が見ても明らかに太ってました。
おそらくこの頃、ドラマの序盤の撮影があって、ふっくらとした田舎の女子高生を演じている最中だったのでしょう。

まあ、彼女は女優さんなので、アイドルのように同じ体型を維持する必要は必ずしもないとは思うのですが、他の仕事との兼ね合いを考えると思い切りましたね。

別に太らなくてもこの役はこなせたと思うし、世の多くの女性が必死になってダイエットに取り組んでいることを考えれば、なかなかの役者根性ということになるのでしょうか。

彼女、「あまちゃん」デビュー後、ドラマ、CM等急に引っ張りだこになった印象がAniにはあって、それもなんだか癒し系というかふわっとした使われ方ばかりしていたので、なんか違うよな、と思っていました。
「あまちゃん」では小泉今日子の若かりしヤンキー時代を演じ、まあまあの演技だなと思っていたので、どうもこの「癒し系」への路線変更は、そのうち飽きられるんじゃないかなと、ちょっと残念に思っていました。

なので今回の「役作り」で、彼女の役者稼業に対する思いがわかったような気がします。彼女、ちゃんと女優をやりたいんだと。

今のところ、「ひよっこ」での彼女の演技、Aniは合格点をあげられるかな。
このままこの役を無難にこなせれば、彼女は息の長い女優さんとして、生き残っていく気がします。

さて、2つ目の気になった点は、取り上げた時代背景とテーマ。

同じ年代を取り上げた作品として、有名なのは 映画「ALWAYS 三丁目の夕日」


舞台は東京の下町、集団就職、出稼ぎ、そして高度成長の契機となる「東京オリンピック」が取り上げられています。
まんま「ひよっこ」と同じです。っていうか、「ひよっこ」の方が後追いなんでしょうけど。

頑張れば頑張っただけ、誰もが豊かになれた時代。みんな「未来」に夢がありました。
「いい時代」 でした。

ただこの時代って、案外取り上げられていない気が。というか、この時代は「リアルタイム」で当時作品化されているのです。

石原裕次郎や吉永小百合などが活躍した日活映画、森繁久彌の「社長シリーズ」、クレイジーキャッツの一連の作品、あ、加山雄三もそうだよね、テレビも「時間ですよ」「肝っ玉母さん」「ありがとう」など、多くのドラマでその時の「今」をテーマに多くが作られました。

だから、そんなに「昔」ではない「当時」を、後の時代で取り上げるのは結構勇気がいります。
で、ようやくノスタルジアとして取り上げられたのが、「ALWAYS 3丁目の夕日」でした。

でもそのあと続きませんね。
ちょっと前に放映された「トットてれび」が久々かな?


かように、昭和3、40年代って、意外とテーマとして取り上げるのは難しいようです。

ただ「ひよっこ」がちょっと違うのは、テーマとして「蒸発」を取り上げたこと。

東北の農家の主が、冬の農閑期に都会に出て働く、いわゆる「出稼ぎ」
Aniが子供のころ、「出稼ぎ」は日常的にある風景でした。
高度成長期の波に乗り、当時の都会には仕事がたくさんありましたから、多くの「出稼ぎ」の方が、普通に街に暮らしていました。

でも、いいことばかりじゃない、中には都会に出たっきり田舎に戻らない人も出てきます。
理由は様々、あるいは都会暮らしに疲れ、あるいは田舎暮らしに戻りたくなくてetc
あまりに突然いなくなってしまうので、世間はそれを「蒸発」と呼びました。

当時、Aniの記憶ではこの「蒸発」、多少なりとも社会問題化していたと思います。
いわゆる「高度成長の光と影」みたいな取り上げ方で、その「影」として当時盛んだったテレビのドキュメンタリーでよく取り上げられていました。

突然いなくなった人間(恋人・肉親etc)を探すというテーマ自体はよくありますが、「高度成長期」「出稼ぎ」「蒸発」というアプローチでの取り上げ方は、これまであったかな、この「ひよっこ」が初めてかもしれません。

また過去にあったこのような事実を、そろそろちゃんと後世に伝えていく必要もあるのかと、そう言った意味でも賛同しています。

あと、下町の工場で働く彼女たち「女子工員」の日常も、この先どう描くのか 楽しみダナ!

乞うご期待!






関連記事
2017/05/12 11:25 映画・テレビ TB(0) CM(1)
コメント
可愛い、兎に角可愛い。

で、面白ければそれでOK。

文句有りません。
2017/05/15 12:20 temaki28 URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://huazhong.blog.fc2.com/tb.php/297-9d116e5b
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。