歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター
Aniは「鉄ちゃん(鉄道オタク)」ではないのですが、前から行ってみたかったのが、大宮にある「鉄道博物館」。

GWに行ってみようかなと思っていましたが、絶対混むなと思い、昨日行って来ました。

大宮にこの博物館が出来たのは2007年。秋葉原にあった「交通博物館」の閉鎖に伴い、その鉄道部門がこの地に移設されました。



「交通博物館」 懐かしい~、小学生時代に2、3度訪れました。

当時小学生5、6年の頃、週末になると子供達だけで電車に乗って都内に出かけるのがマイ・ブームでして、都内各所の博物館や公園、映画館、あと渋谷にあった五島プラネタリウムなんかに行ってました。

だからそのノスタルジアで、新しく出来た大宮の方には是非行ってみたかったのですが、調べてみると秋葉原にあったのは「交通」で、大宮の方は「鉄道」。
どうも秋葉原には「鉄道」以外の物も展示されていたようですが、全く記憶にありません。
何だろう、人力車とかバスとかが展示されてたのかな?ま、どうでもいいことではありますが(>.<)

大宮駅は乗り換えることはありましたが、降りたのは何年ぶりでしょうか、といってもホントにたまにしか降りない駅だったので、ノスタルジアはありません。というか、JRのターミナル駅って、どこ行ってもルミネやアトレが併設されている関係で、みんな似かよっている気がします。これは「全県制覇の旅」で、各地を回ったAniの印象。


歩いていけないこともないのでしょうが、JR大宮駅からは、埼玉新都市交通ニューシャトルで「鉄道博物館駅」まで移動です。


初めてのニューシャトル、高架のモノレール、ひと駅なのに190円、高!車両ちっちゃいね!


3分くらいで到着。入場料は大人千円、JRですからSUICAで入場できます。



入ってみるとそこは吹き抜けの3F建て、1Fに懐かしい車両が見えます。

さっと館内を説明すると、1Fが30台以上の実際に走っていた車両が展示されている「ヒストリーゾーン」、2Fは壁際の「鉄道歴史年表」と「模型鉄道ジオラマ」(現在リニューアル中にて閉鎖)&「コレクションギャラリー」(大正時代以降収集された鉄道関連のコレクション展示)、3Fは「ビューデッキ」で、休憩スペースから外を走る実際の列車(東北・上越新幹線、高崎線、宇都宮線などが頻繁に横を走るので、「鉄ちゃん」には最高だよね!)が眺められます。

では1F~、やっぱり「新幹線」だよね!


懐かしい「0系(初代の新幹線)」

運転席はこんな感じ!



1964年、50年近く前の「最先端」ですが、こんなに「アナログ」だったのか!

別に新幹線だけのコーナーがあったりして、やはりJRというか「国鉄」にとって、「新幹線」は特別な思い入れがあることがよくわかります。
確かに我々日本人にとって、「新幹線」は世界に先駆けて開発された高速鉄道だから、やはり「誇り」ですよね。

当日の入場者は7割が就学未満の子供とその親(だから30代前後かな)、あとは「鉄ちゃん」らしき男たちと中国系観光客ファミリー(広東語話してましたから香港人)って感じかな。やはり土曜日の午前中に来て正解でした。恐らく学校があるのか、小中学生はほとんどいません。これがGWだったら彼らで溢れかえっていたでしょう。なのでどの展示物もじっくり鑑賞できました。

まあ、我々世代にとっての感慨は「懐かしさ」につきます。





流石に明治・大正期の車両は懐かしくありませんが、それ以降の車両については、子供時代から実際に乗車していたものばかりですから。


これなんか、相当懐かしいですね、母親の実家がある長野に帰省する時に乗った信越本線には普通についてましたっけ。


これも懐かしい!初期の新幹線についていたやつ。ちゃっちい紙コップで、面白がって飲んでました。

思ったのは、この博物館の場合、世代によって受け止め方が全然違うということ。

我々世代は過去に乗ったことのある「ノスタルジア」ですが、昨日多かった30代世代にとっては、「過去の遺産」なのでしょう。

初代0系新幹線は当然乗ったことないわけですし、先程紹介した「センヌキ」なんて、そもそも「栓抜き」自体知らない可能性があるわけで、「へえ~」って感じなのでしょうね。

また我々よりもっと上の世代になると、実際にSLに乗ってた経験もあるわけで(昨日もご老人集団が、SLが引っ張っていた客車の木の窓、トンネルに入るとき煙が入ってこないように閉める、よくドラマで出てくるやつ)を、懐かしそうにしてましたっけ。

というわけで、のんびり廻って2時間ちょっと、そこそこ楽しめました。

この日は外の広場がリニューアル中で、ミニ列車の乗車ほかができませんでしたが、有料で運転シミュレーター(スクリーンに出る運転時の風景を眺めながらの運転体験)や、運転士体験教室(こっちは実際の運転士訓練と同じシミュレーターでの講習)なんかもあり、それらを含めれば半日は楽しめるでしょう。

あとお腹がすいたら「駅弁」、売ってます。全国の有名どころがありました。




買った駅弁は、こちらでいただけます。

他に食堂車を運営していた日本食堂のレストランでがあり、当時のメニューも楽しめます。

再訪はありやなしや? 

今回リニューアル中の施設が出来上がって、行ってみたいという人がいるなら、一緒に再訪してもと思います。

が、ソロではもういいかな。やはり「鉄ちゃん」以外は、リピーターにはならないかも。

これを機会に「鉄ちゃん」になった人なら別ですが。

さてお昼すぎ、お腹もすいてきました。せっかく大宮に来たから、「大宮公園」にでも行きましょうか。

てくてくと20分ほど歩き到着。


1、2度来たことはあったかな、なんとなく記憶にあります。



古い公園です。言わずと知れた桜の名所。最近の公園と違って、整備されていないところがいいですね、自然な感じがします。

この感じだと、食べるところはなさそうだなと思いつつ先へ進むと、昔ながらの「茶店」を発見。



喉も乾いていたので、つなぎに入りました。

いやー、レトロ。恐らく90歳近いおばあさんが一人でやっています。
お客は一人、会話から、ご近所のおじいさんですね。

ビールで喉を潤していると、サービスできゅうりのぬか漬け。


ほどなく注文した「煮込み」が来たので、カップ酒を追加です。

そしたら「いわしの煮付け」もサービスで出してくれました。
なんかいいですね、この雰囲気。時間がゆっくり流れています。

さて、茶店をあとにし、ここには「武蔵一宮 氷川神社」が隣接していますので、せっかくだからご挨拶に。
来たことあるかもしれないけど、まったく記憶にありません。ひょっとしたら、初めてかも。



「武蔵一宮」とは、関東地方で一番の「宮」という意味、平安時代に定められました。
埼玉県には至るところに氷川神社があるのですが、すべてここ大宮の分社です。地元の草加で一番大きい「草加神社」も、もとは「氷川神社」でした。





こんなに立派な神社だったんですね、知らなかった。そもそも「大宮」という地名も、「大いなる宮」だから名付けられたそうな。
来れてよかったです。しっかりご挨拶して、今日は引き上げることにしましょう。

帰りは東武野田線、もといアーバンライン線で春日部経由で帰るべく、大宮公園駅へ。



トボトボ歩いていると、なにやら遊園地らしきものに遭遇、隣接して小動物園が。

恐らく記憶がない幼少時代に来ているはずです。当時は浦和に住んでましたから、絶対に連れてきてもらっているはずです。



大型動物はいませんが、ニホンザル、ツキノワグマや山猫なんかもいて、うさぎと山羊しかいないこども動物園よりは、動物園らしいところでした。


ニホンザル

ここから15分程度歩き、大宮公園駅に到着。

写真はありませんが、ここから春日部までの車窓の景色は、畑が多くてそこそこ「田舎」です。
こういう景色が、いかにも「埼玉」っぽくって、Aniは好きです。

香港、錦糸町と、ゴチャっとした都会に住んではみましたが、やっぱり自分にはこっちのほうが落ち着きます。

さて、GWはどこに行こうか?



関連記事
2017/04/23 05:38 散歩・旅行 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://huazhong.blog.fc2.com/tb.php/291-6de00bcd
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。