歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター
3連休の中日、皆様いかかお過ごしですか?

昨日は洗濯、掃除等、なんだかんだと家事をこなして終わってしまったので、今日は映画鑑賞へ。



場所はいつものイオンシネマ越谷レイクタウン



AM10:00に到着。 上映は10:25なので、ちょっと散策。
ショップのオープンは大体10時なので、人はまばら。



だけど駐車場は結構埋まっています。



きゃりーちゃん、何のイベントかな?





あ、イースターエッグ、イースターか。2月がバレンタインで、3月はイースター。何かとイベントにこじつける、商魂逞しいね!



そろそろ時間です、シネマまで来てみると。



なんだ、大混雑ちう。駐車場の混雑は、ここが目的か?

客層は若者とファミリーが中心です。そうだった、もう春休みでした。

確かに子供の頃は、春休みに映画に連れて行ってもらいました。「東映まんが祭り」とか、あったよな。

よく考えれば、「子供向け映画」って、映画館サイドにとってはオイシイですよね。
見たい子供の鑑賞料は大人の半額ですが、必ず大人が付き添いますんで、大人相手よりは儲かります。

なんで、上映スケジュールを見ると、この時期は子供向け映画が日中びっしりと詰まっています。
普通なら客が入らない8:30からの上映でも、子供向けなら全然OKです。

そのせいなのでしょう、この時期大人向けは夜の方へシフトしてしまいます。
Aniは午前中に映画が見たい人なので、昨日やっていればいくつもりだったのですが、ラ・ラ・ランド、昨日一番早い回で15時でした。

アカデミー賞を6部門もとった話題作「ラ・ラ・ランド」も、この時期の子供向け映画には勝てないようです。
今日もこの作品、10時と15時と20時の3回しか上映されません。
対して 「黒子のバスケ」「プリキュア」「モアナ」は5回以上上映されます。(一番儲かりそうな「ドラえもん」は、なぜか3回ですが。)

なので日頃はガラガラの10;25からの上映、今日は満席でした。ほぼほぼ中高年の客層。
ネットで昨日予約したときは、ほとんど埋まってなかったのにね、さっき15時からの上映スケジュール見たら完売だったので、きっと10時からの回を買えなかった人がずらしたのでしょう。



さて、肝心の映画評ですが。

お勧め度 ★★★★☆
5点満点中 4 かな。

ウィキペディアによれば、「ミュージカル・ロマンティック・・コメディドラマ」なそうな。なんだそれ?

よく出来た映画です。完成度高いです。

もっとミュージカル寄りなのかと思っていましたが、そうでもなかった。
ロマンティックというより、ラブストーリー、コメディというほどコメディではないかな。

アカデミー賞での撮影賞受賞は納得です。オープニングの長回しは圧巻、あと全体的な「色使い」が秀悦です。
主演女優賞をとった エマ・ストーンも納得です。

その「色使い」も含めて、かつて隆盛を極めた頃の「ハリウッド映画」のオマージュがいくつも登場します。

Aniが気がついたのは、ジーン・ケリー、フレッド・アステア、「エデンの東」はそのまんま使われています。
ちらっとですが、シナトラやモンローもいたかな。
あとこれは多分だけど、ヘップバーンを思わせるシーンも。
アメリカで大ヒットしたのはこのあたりでしょうね。彼らの方が日本人以上にそれらのオマージュをわかるでしょうから。

またこの監督はジャズ・ミュージシャンを目指したこともあってか、ジャズを語るシーンだけは力が入っている気がしました。
多分登場するジャズ・シーンにも、ジャズのオマージュが入っていると思うのですが、残念ながらAniはジャズに疎いので見つけられませんでした。

ミュージカルですが、ストーリー部分はかなり本格的に演出されています。ただこれ以上やるとしつこいなと思う寸前でうまく歌やダンスにつないでいるので、この辺がAniが完成度が高いと思う所以です。

この手の映画が好きだと言う人は、多分楽しめると思います。

なので映画はアクションや特撮、SFしか見ないという人が見ても、楽しめるっていうタイプの映画ではありません。

さて、次は「シング」だな。








関連記事
2017/03/19 16:31 映画・テレビ TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://huazhong.blog.fc2.com/tb.php/287-0713afb3
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。