歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター


上図はわかりづらいかもしれませんが、高野山は「奥の院」が右半分を占め、真ん中あたりが末寺の宿坊街、で左半分が金剛峯寺や根本道場などの建造物エリアです。

で、その建造物エリアは、拡大すると下図の通り。


まずは「金剛峯寺」から攻めてみます。



金剛峯寺の名称は開祖弘法大師の命名で、元は高野山全体の総称でしたが、現在は国内外4000の末寺を持つ高野山真言宗の総本山です。

見所は各部屋に装飾された襖絵などですが、Aniが感心したのは、ここのお庭「蟠龍庭」











石庭としては我が国最大(2,340平米)なんだそうです。

ここだけでなく、高野山は全体的にスケールがでかい!建物でもお庭でも大きくて広いです。
きっとそこには下界から苦労して登ってきた先に、こんなにも雄大な場所があるんだという、サプライズ効果を狙ったところもあると思います。昔の人は、現代の我々よりも、もっと驚いたんでしょうね。

プラス、ここは何千人もの僧侶が修行する場所でもあったので、収容の関係からでかくなったとも言えるのでしょう。
なので、そのための道具、これもまたでかい。





今でも大晦日に使っているらしいです。(確かそんなことが書いてあった気がします)


で次は伽藍にある大塔。



2番目の地図の真ん中あたりに白抜きで「伽藍」とありますが、伽藍とは僧侶の修行場のことで、この大塔と隣の金堂、太師教会と御影堂で構成されています。

この大塔もでかい、高さ50m、塔内には大日如来ほかの仏像や曼陀羅が収められています(撮影不可)

あと「金堂」

確か拝観したはずなのですが、何故か写真がない。
それになんだか、記憶もない、何があったっけ?

あまりにも駆け足でいろいろ見たので、どこがどこだかわからなくなってしまいました(T T)



「こうやくん」はどこにいたんだっけ??? 金堂? 金剛峯寺?(>.<)


というわけで、今回の徳島・和歌山編、ようやく終了\(^o^)/

たった2日間の旅なのに、なんと12回の連載になってしまいました。
長くなりすぎるのを意識しすぎて、細切れになってしまいました、この半分でいいよね。

時系列に忠実にレポートしすぎました、小ネタは思い切ってバッサリ切らなきゃダメだね、反省m(_ _)m



ということで、帰りは南海特急で難波まで出て新幹線で帰宅。

新大阪で買った、このたこ飯は美味でした!

全県制覇の旅、残るは富山、山口、大分、宮崎、鹿児島。あと5県!

長々とお付き合い、ありがとうございました。
関連記事
2016/10/18 11:56 散歩・旅行 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://huazhong.blog.fc2.com/tb.php/264-eefca54c
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。