歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター
さて、先週予告しましたが、今週は「あまちゃん」の前のシリーズ「純と愛」について、少し書きたいと思います。
じゅんとあい

このドラマ、Aniは結構期待していたんだよね。

というのも、舞台の半分が宮古島ということで、ちょうどドラマの始まる1年前(2011年の11月)、飲み屋仲間で宮古島出身のSさんが高校の同窓会で島に帰るというので、当時プー太郎で暇だったAniは、バンド仲間のI先輩(この人は勤め人でしたが、なぜか休みが取れました)と一緒に、5日間ほど旅したのでした。
そんなんで、見覚えのある宮古島の風景が出てくるかと、楽しみだったんだよね。

それと脚本が「家政婦のミタ」の遊川和彦とのこと。
脅威の視聴率をたたき出した(○%)絶好調の脚本家が、NHKの顔とも言える「朝ドラ」(正式には「連続テレビ小説」)をどう料理するのか、これもまた楽しみだったのでした。

あらすじ

宮古島出身の主人公・純(夏菜)は祖父が作った宮古島のホテルを「まほうのくに」=誰もが幸せになれる場所 に変えるべく(とういのも、祖父の後をついた父(武田鉄也)が金儲けにこだわってホテルを変えてしまったから)、大阪のホテルで修行していたが、まったく妥協しない性格のせいで、まわりとトラブルばかり引き起こしている。
もう一人の主役である愛(風間俊介)は、双子の弟を病気で亡くして以来、まともな社会生活が送れずプー太郎状態。

風間俊介
風間俊介、この人「ジャニーズ事務所」です!

そんな2人が出会って結婚し、最後は宮古島で暮らしていくのですが、それに至るまでに、努めていたホテルでのリストラ、次に努めた旅館は全焼、父親(武田)はおぼれた母親(森下陽子)を助けようとして溺死、その母親は認知症、宮古島で再建したホテルは台風で全壊、そして旦那の愛は脳腫瘍にかかって植物状態と遊川ワールド(これでもかと不幸な出来事をぶつけてきます。家政婦のミタさんと同じパターンです)満載です。

で、放送開始。

最初に断っておきますが遊川氏の作品、調べてみましたが、これまでにちゃんと見たのは「家政婦のミタ」だけでした。(日テレ系が多いです。「女王の教室」で注目されたようですが、日本にいなかったのか、まったく記憶にありません)
なので、「純と愛」と比較する彼の作品は「家政婦のミタ」だけとなります。
あくまで「家政婦のミタ」を基準に「純と愛」を語りますので、その点はご了承ください。

主人公、空回りしているのですが、その姿に愛おしさはなく、自己中心的で頑固なので、共感できません。
どちらかといえば、見ていて腹が立ちます。

ただ、そこは予想していたので、毎回後味が悪いのですが、我慢して見続けました。

これでもか、これでもかと純と愛に不幸が降りかかってくるのですが、これも「家政婦のミタ」での、ミタさんの壮絶な半生を見せられていたので(確か実の父親はミタさんのせいで死んだと実の母になじられ、夫と子供はストーカーされた夫の弟の放火により焼死、お前の笑顔は男を狂わせる、だから一生笑うなと、夫の母親に(実の母親だったかな?)言われるetc、壮絶な半生です)、あまりに非現実すぎて半ばあきれてしまうのですが、それでも何とか我慢してみました。

そしていよいよクライマックスの最終回。

「ミタ」のパターンでは、ここですべての疑問と悩みや疑いが一気に解消され、みんな突然「いい人」になって、めでたくハッピーエンド、ああ、すっきりした、となるわけです。
a0084[1]
こういうエンディング、期待していました。

で、「純と愛」

全然ハッピーエンドじゃありません。

愛は結局植物状態のまま目覚めないし、ホテルの再建は目処たたず、純は夫と母親の介護をずっと続けていくしかないような感じです。

最後までがんばって見たのに、これじゃまったく「救い」がないじゃないか、HELPLESS!

がっかりでした。

どうせここまで非現実的に展開したのだから、うそっぽくてもハッピーエンドにしてくれたほうが、Aniは納得できました。

NHKが「今までにない『朝ドラ』」を、遊川氏に期待したのであれば、この終わりもあり なのかなと、考えられなくもないですが、視聴者の多くはそれを期待していなかったと、Aniは思います。

それと後半は宮古島が舞台でしたが、宮古島らしさはあまり感じられませんでした。ただの「南の島」って感じ、別に宮古島でなくてもよかったかも。

「ちゅらさん」で舞台となった「小浜島」、あれはその島の特徴をよく描いていたと思います。
あと「ゲゲゲの女房」の「境港」や「調布」も、よく描かれていたな。

舞台に拘らなかったのも、従来の「朝ドラ」にあえて逆らったってことででしょうか。

次回作の「あまちゃん」が大ヒットしているだけに、最後でコケちゃった気がして、なんか残念です。
クドカンのツボを押さえた脚本はさすがで、だから余計に前回作のイマイチ感が際立ってしまいます。

長くなってしまいました。
このくらいにしときます。

ねむりひめ
このタイトルバックは、よかったね、荒井良治氏「ねむり姫」
関連記事
2013/06/30 11:39 映画・テレビ TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://huazhong.blog.fc2.com/tb.php/26-f809e399
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。