歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター
昨日、朝イチ、レイクタウンで観てきました!



クドカン=宮藤官九郎。



名前から勝手に、古典芸能関係の人かと思っていましたが(例えば狂言の野村萬みたいな)、舞台系の方でした。

この人の作品で最初に面白いな、と思ったのは 「タイガー&ドラゴン」



2005年にTBSの金曜ドラマです。ヤクザが落語家になる話でした。
主題歌はクレージーケンバンドの同名曲。歌のタイトルをドラマのタイトルにしたらしいです。

「 俺の、俺の、俺の話を聞け!♪~ 」 聞いたことあるでしょ?

次に出会ったのが 「池袋ウェストゲートパーク」

池袋ウエストゲートパーク-長瀬

2000年にやはりTBSで放送されたのですが、その時は知ってはいましたがほとんど興味なく、ドラマ自体は見てません。ただその後香港に赴任した時に原作である石田衣良の小説の方にハマって、(TSTにあったトマトブックスで文庫本全シリーズ大人買い!)
なので、ドラマで見たのは2003年に放送されたスペシャルの再放送だけなのですが、妙に記憶に残っています。

で、次もドラマは見ていなくて映画の方だけなのですが、「木更津キャッツアイ」



この作品あたりになると、クドカンだから外さないだろうことを確信して観てましたね!

で、クドカンといえば「あまちゃん」 になるのですが、これで彼は完全に超メジャーになりましたね。
よって、あえて語りません。

さて、ようやく今回の本題である映画「Too young to die 若くして死ぬ!」

冒頭に掲げた写真におかしい点があるのですが、お気づきになりましたか?

そう、公開日付が「2.6」になってます。

この映画、本来は今年の冬に公開されるはずだったのですが、軽井沢のバス事故があった関係で延期されたのでした。

確かに事故のシーンはそこそこしっかり描かれているので、あの時期の公開は無理だったでしょうね。今でもちょっと気が引けるかも。
「あまちゃん」で、主人公アキの主演映画が、東日本大震災の関係で公開延期されたシーンを思い出しました。因果だね!

作品のクオリティーは今回も期待を裏切らない仕上がりです。なのでストーリー解説他は省略します、で感想は、

・中高年ロック好きにはたまりませんね、笑えるシーンが満載、若い人には「なんのこっちゃ???」
・ロックばかりではなく、しっかり「切ない」感もあります、ああ、「青春!」
・「こいつは出てくるだろうな」という、日本のギタリストはほぼ出てきます。
・長瀬智也、古田新太、皆川猿時(「あまちゃん」の時の、北三陸高校潜水土木科の教師役)他、クドカン組常連が今回もいい味出してます。特殊メークがすごいので、すぐには誰だかわからないけど。
・ひとつだけ不満があるとしたら、演奏シーンはもっと大音量のほうが良かったかも。現実のライブと比較すれば、「音ちっちゃ!」
まあ、普通の人々が耐えられない可能性もありますが。

地獄へようこそ、マザーファッカー♪♪♪♪~(シャウト!)

面白かったよ v(^-^)



関連記事
2016/07/03 13:43 映画・テレビ TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://huazhong.blog.fc2.com/tb.php/248-3891745c
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。