歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター
クレジット・カードのポイントで交換したTOHOシネマの鑑賞券、有効期限が6月末だったので、昨日錦糸町のオリナスで映画見てきました。

「グランド・マスター」
grandmaster


期限切れで無駄にはしたくないので行ってきた訳ですが、今回はいまいちそそられる映画がありません。

「華麗なるギャッビー」、フィッジラルドの小説は結構好きだったので迷ったのですが、デカプリオが「タイタニック」以来どうもニガ手なので(デカプリオは「デカプリオ」にしか見えなくて、演じている役がなぜか感じられません)、止めました。

邦画も考えましたが、最近はTV局の宣伝多すぎ(先週は堤真一がやたら出てました。)、見る前におなか一杯です。

で、「グランド・マスター」

香港に3年暮らしていたので、香港映画は懐かしい感じがします。実在の主人公が、あのブルース・リーの唯一の師匠というところも興味をそそられたので、ま、いいかって感じでチョイスです。

1.内容
いちおう、カンフー映画 です。

第二次世界大戦前の中国で、北のカンフー・マスターが南のカンフー・マスターにその地位を譲りるべく、南のマスターがいる広東省の仏山を訪ねるのですが、それを快く思わない北のマスターの一番弟子とマスターの娘が、南のマスターと繰り広げるバトルを描いた映画です。

ただ、あんまりストーリーは重要でない感じです。

監督はウォン・カーウァイ。

「恋する惑星」(1994年):
香港の若者の恋愛を描いた名作。彼の出世作でもあります。今回主演のトニー・レオン、金城武が出てます。
重慶飯店(チョンキン・マンション)、ヒルサイド・エレベーターと香港の有名スポットが上手に描写されています。

「2046」(2004年):
木村拓也が出演。ごめんなさい、観てないので何も語れません。

「恋する惑星」もそうですが、この作品も所謂リアルなストーリー展開というより、非現実的というか、様式美的な感じです。

一様カンフー映画というジャンルになるのでしょう、アクションシーンが結構出てきますが、ジャッキー・チェンの映画のように主人公がやられて苦痛の表情を浮かべるというようなリアルな格闘ではなく、どちらかというとダンスを見ているような感じです。

スリル、ドラマチックといった要素はなく、映像的にはかなり美しく、幻想的に進んでいく感じです。

2.感想

・一般受けする映画ではないです。でもAniは結構楽しめました。バックに流れる音楽もいいです。
幻想的なミュージック・ビデオを見ているような、たまにはこういうのもいいかな と思った次第であります。

・トニー・レオン、やっぱりかっこいいですね。


甘いマスクの正統的な2枚目、まさに「香港スター」って感じです。

・チャン・ツィイー、久々に見ましたが、こんな感じだったっけって、ちょっと違和感を覚えました。
345057view004[1]

少女時代の印象が強すぎるのかな?
でも今回のカンフー・アクション、がんばってます、演技のほうもいい感じでした。

以上、万人にお勧めとはいきませんが、様式美的な映像を楽しめる人なら、見れないことはない、と言ったところでしょうか。

PS.トニー・レオンは広東語で、チャン・ツィイーは北京語で、映画の中で二人は普通に会話しています。

この辺りも「非現実的」?

ま、最近はそういうところに、あんまりこだわらなくなったとも思いますが。
関連記事
2013/06/16 19:02 映画・テレビ TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://huazhong.blog.fc2.com/tb.php/24-cdaf41dd
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。