歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター
今や人々の暮らしに欠かせないものとなった感もある「SNS」
ツイッター、フェイスブック、ラインetc...
あえて「やらない」という方もおられますが、老若男女、随分多くのみなさんが何らかのSNSをやっているように思います。

改めて考えるとすごい時代ですよね、友人・知人が今何をやっているのか瞬時にわかってしまうのですから。
別にそこまで知る必要は全然ないのですが、慣れてしまったせいか頻繁に発信する人がちょっとでも沈黙してると、ちょっと心配になったりします。たかが2、3日のことなのにね。

ともすればSNSに振り回されている感もありますが、Aniがこれは感謝!と思ったのは、消息不明だった旧友をFBで発見した時です。
半ば諦めていたので、当人を見つけたときは嬉しかったな、これだけでもFBはやる意味あるなと思いました。

逆に、こっちが見つけられたケースもありました。
それが今回の当ブログの登場人物、中学時代の同級生 T嬢!

とういことで、
ウン十年ぶり(?)の再会、せっかくだから他にも中学の同級生を呼んでプチ同窓会をやろうということになりました。


場所はここ、「月島」です。

なぜ「月島」かというと、それはT嬢がそのご近所在住で、じゃ月島名物「もんじゃ焼き」を食らおうおいうことになったので。
彼女、ご両親が月島に移住して30年近く経ち、それがきっかけで「もんじゃ焼き」に目覚め、今や自称「もんじゃ伝道師」
あたしの作ったた「もんじゃ焼き」を食べれば、もんじゃ焼きの認識が一変すると豪語しました。(大袈裟だな、と怒られそうですが、許してね!)
これは期待出来そう!




待ち合わせの時刻よりちょっと早めに行って、街の様子をチェック、何か観光地みたいですね。

月島は来たことあったかな?少なくとも仕事できたことはありません。
ざっと見渡してみれば、ここは商店街&住宅街、マンション多し。少なくともオフィス街ではありません。

この商店街が「月島西仲通り商店街」、別名「もんじゃストリート」です。確かに「もんじゃ焼き屋」(この言い方でいいのか?)が多いな、70軒近くあるそうです。


もんじゃマスターが今回チョイスしたお店は「バンビ」
創業35年、月島に4店舗ある老舗です。おじゃましたのは2号店。

プチ同窓会は総勢5名、T嬢を覗くと全員男子、みんな「もんじゃ」は初体験です。
あ、訂正、正確には月島名物の「おしゃれ」なもんじゃは初体験、子供時代、かろうじて残っていた駄菓子屋の、その片隅に置かれていた鉄板で焼く「もんじゃ焼き」なら経験あります。(下町の延長線上にある草加あたりでは、4、50年前はそんな駄菓子屋がまだ残っていました。)
でもAniは数回しか食べてことないな、うどん粉といただけでせいぜい具はベビースターラーメン、そんなにうまいもんじゃありませんでした。

まあ、粉もん好きはどちらかといえば女子、まして「月島もんじゃ」は誰かに誘われない限り、男子の場合自ら食べにはいかないよね。


お店は「お好み焼き」の佇まい。土曜日の17時30分。すんなり入店。


もんじゃへ行く前に、まずはビールで乾杯、軽く海鮮なんぞをつまみます。

「じゃ、そろそろ始めますか?」
いよいよ本日のメイン、もんじゃ登場!

すみません、ボケボケの写真しか残ってませんでした。

男子どもは一切手を出さず、彼女の所作をじっと見つめています。さすがもんじゃ伝道師、手際が良いな!


そうそう、こうやって「土手」にするんだよね。
ふと、周りを見渡すといつの間にか「満席」でした。
外人さん、若者、いかにも観光客といった雰囲気の方ばかり。
月島って、こういうところなのね!


で、じゃ~っと、汁(っていうのかな)を流し込む!(またまたピンボケ写真であしからず)


炒めた具材と汁(?)を混ぜ合わせ、ここで味付け、まかせっきりだったので、何を入れていたのか全然覚えていません。


で、いい感じに水分が飛んできた、この状態が食べごろ。

さらにこの状態のものにヘラを押し付けて焼くと、いい感じの「おこげ」状態になります。

こんな感じで焼いてもらって、4種類を食しました。
順番にもこだわりがあって、初めはあっさり海鮮、次はこってりお肉系、次がメインで有名なチーズ&明太、最後はまたあっさりに戻り、トマト&カレーでした!



メニューはこんな感じ。
バンビメニュー

もんじゃのイメージって、どちらかといえば「おやつ」だと思うのですが、こういう食し方をすれば、これは完全に「食事」です。
堪能できました、ありがとう「もんじゃ伝道師」、でも自分で焼けるようになるには、弟子入りして修行が必要かな。

ちょっとだけ注意点を挙げるとすれば、

1.「もんじゃ」=子供のおやつ=安い  と思いがちですが、No! 「もんじゃ」は「高級」な食べ物です。
(メニューでもわかるとおり、そこそこするでしょう)
まあ、それなりにトッピングの具材は良いもの使っているので、仕方ないかな。
「観光名物」なので、その分上乗せかもね。
我々のように、普通は4種類も食べないのでしょう、そう考えると許容範囲なのでしょう。

2.粉もんの一種なのでヘルシーな感もありますが、おいしく作るためには結構油を使いますので、案外高カロリーです。


まだいける、夜は長い!!


最後は日本酒で締めましょう!


島根県松江の蔵元「李白」 最近の日本酒って、何を飲んでもほんとにおいしいね!

「月島もんじゃナイト」

「もんじゃ伝道師」の都合が合えば、また開きたいと思います。
興味のある方、ご一緒しませう\(^o^)/






関連記事
2016/03/27 11:51 レシピ・グルメ TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://huazhong.blog.fc2.com/tb.php/231-d042aab2
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。