歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター

船着場の待合室。妙に懐かしさを感じます。なぜだろう?
そうか、深センの福永フェリー乗り場の待合室だ!
3年間の香港時代、中国から香港に戻る際によく利用していました。
なんとなく、雰囲気が似ています。


乗船率は半分いかない?1/3程度? といったところでしょうか。
ただ帰りに見かけた午後の便は、相当混雑してました。
朝一の便なのですいてたのかな、ラッキーでした。


遠くに見える島影。竹生島?方向が違うな?
パンフで確かめます、たぶん 多景島。

しかし改めて思うけど、琵琶湖 広いな!
湖面がずいぶん揺れて(?)います、波 みたいな感じ。
まさに「海」みたいだね!




約40分で到着、上陸です。


ふ~ん、思っていたより見るところがありそうです。


「琵琶湖周航の歌」の歌碑。加藤登紀子or森繁久彌、懐かしいですね。
今回の旅は、不思議と「歌」に縁があります。(「長良川恋歌」「柳ケ瀬ブルース」)


竹生島というくらいなので、もとは竹がたくさん生えていたのかな。あんまり気づかなかったけど。
基本、岩で出来てる島なので、島内の道はだいたいこんな感じ。


振り返ると、船着場が見えます。

この島は宝厳寺と都久夫須麻(「つくぶしま」=竹生島 なのでしょう)神社があり、住んでる人はいない模様。
歴史は古く、平家物語にも登場するくらいですから、千数百年まえから人々に信仰されていました。
最近は、例の「パワースポット」として人気らしいいです。
別にそれに惹かれて行ったわけではなく、そもそも「パワースポット」ってなんだ?
あちこちで聞きますが、Aniはあんまり興味が湧きません。


まずは神社の方の本殿でお参り。
この建物は豊臣秀吉が伏見城内に建てた「日暮御殿」を移設したもので、国宝。

振り返って湖の方に竜神拝所があります。
湖って、大体「龍」が祀られてますね、ここもそうかな。


覗き込むと鳥居が見えます。
妙に地面が白っぽい?



これだ!「かわらけ投げ」\(^o^)/

Aniは「運だめし」がどうも苦手で、神社に行っても「おみくじ」は、ほぼ引きません。
小心者なので。
結果が良くないと一日気になって仕方ありません。
良ければ良いで「そんなはずはない」と疑ってしまいます。

ただ「かわらけ投げ」は、一度やってみたいと思っていました。
それにこれはおみくじののように「他力本願」(=要するに「運」)ではなく、「自己責任」(=投げるのは自分ですから)、結果は納得できます。
せっかくの機会なので、やってみることにしました。


お皿は2枚くれて、一枚には願い事を、もう一枚には自分の名前を書きます。
願い事の例が掲示されていて、家内安全、合格祈願、良縁招来、etc ぼけ封じ なんてのもあります。
「良縁招来」か「ぼけ封じ」にしようかとも思いましたが、ここは無難に「開運招福」
これを鳥居に向かって投げて、鳥居をくぐれば願い事が叶うということです。

で、結果は?

一枚は鳥居手前で失速、もう一枚はギリギリでしたが、何とか鳥居をくぐりました。
一勝一敗。 2敗じゃなくてよかった!良くも悪くもなく、「普通」な気分です?

次にお寺の参拝、渡り廊下を通っていきます。。



只の「渡り廊下」と思いきや、これは「重要文化財」。
通称「船廊下」。やはり豊臣秀吉の御座船「日本丸」の骨組みを使って、息子の秀頼がここに架けたそうです。

同時に大阪城にあった「唐門」も移設せれたのですが、こちらは修繕中でよく見れませんでした。

そういえば秀吉は、天下を取る前は対岸の「長浜城」城主。
琵琶湖を眺めて、いつかは天下取るぞ! って思っていたのかな。
長浜市は、岐阜市の「信長」押しと同じように、「秀吉」押しなのかな?


お寺は弁天様が祀られていました。

「弁財天」は「水」に縁のある神様、江ノ島神社もそうですね、ここは「日本三大弁才天」らしいです。
有名な「弁天様」なんですね。

なんか雰囲気に見覚えがあると思ったら、Ani家の宗派である「真言宗」のお寺でした。(真言宗で有名なのは、ほかに「成田山」、「西新井大師」などがあります)


「おびんづる様」もいらっしゃいました。
最近「鼻」の調子が良くないので、鼻をさすっておきました。
(おびんづる様の躰をさすると、さすったところの病気が治るという 言い伝えがあります)

と、この竹生島には、まだ見所があるのですが、今回はここまで(少々長くなりすぎました)

さて、次週のUPで旅の最後まで行くのかな?
いい加減、飽きたという人、どうもすみませんm(_ _)m

~To be continue~




関連記事
2015/11/15 08:28 散歩・旅行 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://huazhong.blog.fc2.com/tb.php/205-3c913df7
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。