歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター
さて、岐阜市内のビジネスホテルで2日目の朝を迎えました。
今日はどうする?

次の目的地である滋賀県は、とりあえず今日中に彦根市へ行ってみることだけは決めていました。
急ぐ旅で無し、よって午前中は岐阜市内観光にあて、午後に彦根入りでも良かったのですが、観光地図を見る限り、残りの見所はやっぱり岐阜城のようです。

でもね、昨日は犬山城にいっているし、恐らく彦根に着けば「彦根城」に行きたくなるはず、また「岐阜城」は江戸時代から残る「現存天守12城」には入っておらず、戦後に建てられたコンクリートの城です。
んー、景色は良さそうなんだけど、「城」としてはイマイチ惹かれません。
それと夕べ「柳ケ瀬」を訪れたことで、岐阜については妙な(?)「満足感」を感じていました。

ということで、朝から彦根を目指すことにします。

岐阜市から滋賀県へはJR東海本線で行くことができます。JRの駅は昨日降り立った名鉄岐阜駅のほど近く、泊まったホテルからも5分くらいです。

とぼとぼ歩いていくと、駅前に何かの像が!


金色に輝いています。



近くに行ってみて、誰だが分かりました。そう、「織田信長公」でした。
そうでした、「岐阜城」は織田信長が居城にしていました。


「楽市楽座」、懐かしいな、中学(高校?)で習いましたね!

言われてみれば「岐阜」と織田信長の関係は深いのですが、すぐにピンとくるかといえば微妙ですね。
ここはかつて「美濃」と呼ばれ、美濃といえば「斎藤道三」の方が有名ですからね。
岐阜市が「信長」押しを始めたのは、碑からもわかるとおり最近のようです。


岐阜駅


まだ新しさが感じられます。最近改修されたのでしょうか。


なんとなく「品川駅」に似てる?新しい駅はどうしても似てしまうのかな。



彦根には直接行けないようです。新幹線が止まる「米原」で乗り換え。彦根は「琵琶湖線」になるみたいです。
約50分、米原まで8つの駅を通過します。

のどかなローカル線を想像していたら、通勤列車?関東のイメージで言えば、「高崎線」とか「常磐線」の感じです。
結構人が乗っています、休日の9時台なのに、座席は満席、結局米原まで座れませんでした。
沿線も割と「都会」です。意外でした、やっぱりこういうのは来てみないとわからないね。


彦根に到着です。お出迎えは当然「ひこにゃん」

彦根市観光案内所
まずは駅前の「観光案内所」で情報収集、地図を手に入れねば!

ごそごそと置いてあるパンフレットを探っていると、こんなものを発見!


(この写真は乗船直前に撮影したもの。ちなみに観光案内所には乗船券の割引券が置いてあって、通常3,500円が3,150円になります。差額で缶ビールが一本買えました。お得です!)

竹生島のことは知っていましたが、彦根から船が出ているとは知りませんでした。確か島は琵琶湖でも北の方にあったはず。船も長浜とか北部の港からのみ出ていると思っていたので、今回訪問は諦めていたのですが、彦根から行けるとは、ついてますね!
(ただ北部の港からだと、20分位で着きますが、その倍の40分位かかります)

次の乗船時間は11時15分、その時の時刻は10時をちょっと過ぎたくらい。船が出る彦根港まではここから徒歩で15分くらいなので、一時間位時間があります。

その間に、途中の彦根城を観光しようかと、案内所の人に可能か聞いてみましたが、2時間以上ないと無理とのこと。
その間どうするか、と、案内の人から彦根城内の「玄宮楽々園」という日本庭園なら立ち寄り可能とのアドバイスいただきました。

こういう時は、迷わずすぐに行動に移したほうが、これまでの旅の経験上、結果「いい」ことが多いです。
ざっと庭園と港までの道順を教えてもらい、案内所をあとにしました。

駅前の大通りをまっすぐ進み、市役所を超えるとお堀に突き当たります。





お堀の向こうが彦根城内です。



城内に入ると、この方の句碑が。「ひこにゃん」が有名になる前は、彦根と言えば「井伊大老」でしたね。




城内ならどこかで「ひこにゃん」に会えるかと思いきや、登場場所と時間が決まっているようです。
「博物館」ってところが、なかなか商売上手ですね。入場料かかるもんな。

「玄宮楽々園」 オーソドックスな日本庭園でした。







「玄宮楽々園」をあとにし、彦根港へ向かいます。



振り帰ると、彦根城の天守閣が見えます。何だか人の「顔」みたいだな (^-^)



琵琶湖が見えてきました。やっぱりでかい、まるで「海」ですね!

琵琶湖は初めて見たわけではなく、20年以上前に出張で福井から大阪まで、JR湖西線で移動するときに見てます。
湖畔を1時間近くずーっと走っていたので、「どんだけでかいんだ!」と驚いた記憶があります。





11時過ぎに港に到着、予定通りです。
たぶん乗るのはあの船でしょう、西武なのか。そういえば、西武の堤家は確か滋賀県出身だったな。
なかなか早そうな船です。ちょっと楽しみ!

To be continue  \(^o^)/
関連記事
2015/11/08 08:43 散歩・旅行 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://huazhong.blog.fc2.com/tb.php/204-e35cc0a7
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。