歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター
先週末は「大人キャンプ2015秋」で、栃木県鹿沼のキャンプ場にいました。


Aniは おでん 担当!


中一女子に何とか食べてもらえるよう頑張ったので、帰宅後はグッタリ...
なのでブログ更新できませんでした。(T T)

一部「死んだか?」とご心配かけましたが、安心してください、生きてますよ~!!(履いてますよ~、のパクリ?)

ということで、まだまだ続く旅のレポート、再開です。v(^-^)

鵜飼い見物を終え帰りのバスに乗っていると、停留所を案内するアナウンスが
「次は柳ケ瀬」 と告げました。

「柳ケ瀬」

実は岐阜県でAniが一番気になっていた場所です。

たぶんみなさん「柳ケ瀬」と聞いても、ピンときていないでしょうね。


これで どう?

数十年前にAniが「柳ケ瀬」を知ったのは、まさにこの曲です。

「柳ケ瀬」は、岐阜のいわゆる「歓楽街」。
地方の中核都市には、規模の差はありますがだいたいありますね、「歓楽街」
飲食店もありますが、主に風俗関係の店が固まっている、ちょっと町外れの地域。

他の都市で言えば、札幌=すすきの  仙台=国分町  福岡=中洲 ってとこでしょうか。
どちらかといえば、あまり女性には縁のない地域? 「働く」となれば、別ですが(>.<) 

「柳ケ瀬ブルース」がヒットしたのは1966年、Ani6歳ですからリアルな記憶は曖昧です。
ただ、「いい歌」だなとは思いました、もちろんもう少し大きくなってからの印象ですが。
当時、歌詞の意味はほとんど理解していませんでしたが、郷愁というか哀愁を誘う歌の雰囲気が気に入っていました。
美川憲一も、当時はいたって普通の男性歌手でしたしね。

長良川へ向かうバスが「柳ケ瀬」を通過することは、「行き」のバスで気づいてはいました。
ただその時は鵜飼がどのくらい時間がかかるのかわからなかったので、寄れるかどうかは微妙だったのですが、20時過ぎに鵜飼が終わったので時間は大丈夫、なので途中下車してみることにしました。


バス停の向かいは「ドンキホーテ」です。

なぜか「ドンキ」って、歓楽街のそばにありません?
新宿は歌舞伎町のそばだし、上野は仲町通りの近く。渋谷も道玄坂の、どちらかといえば「おしゃれ」じゃないエリア。
でもあのケバい看板が、妙にその地区に溶け込んでいる気がします。

「柳ケ瀬」はアーケード街で、なんか「商店街」みたいです。抱いていたイメージとは全く違っていました。

っていうか、調べたら「柳ケ瀬」は「商店街」だったんですね。


ただ、商店街には似つかわしくない、妙なものが入口の門(?)の上に設置されています。

ギリシャ風? ローマ風?? 何の意味だ???


祭日の20時過ぎの歓楽街、閑散としています。もっとも歓楽街の「20時」は開店直後の時間帯ですから、こんなもんか。
23時を過ぎれば賑わうのかもしれません。


商店街ですがこんなのがありますから、やっぱりそういう「街」なんですね。
でもほとんどの建物は小奇麗なビルで、「柳ケ瀬ブルース」で感じた、郷愁・哀愁は見当たりません。

ちょっとがっかりして、うつむき加減で歩いていたら、そのおかげでこんなものを発見しました。


おお、これこれ!


きっとAniと同じく、「柳ケ瀬ブルース」をイメージして、来てみてがっかりする人が多かったのでしょう。
当時の市長さん、なかなかナイスなJOBです。こういう発見って、来ないとわからないから嬉しいよね。

ということで、歌碑のおかげで最初のガッカリ感はだいぶ癒されました。
次は腹ごしらえ、駅前までは10分もかからない距離、歩いて駅裏の飲食店街へ向かいます。

長良川の茶店のご夫婦から「岐阜に名物はない」と聞いていたので、そこはこだわらず、一人で気兼ねなくいられそうな居酒屋を探すことにします。


やっぱこの手が無難だよな、リーズナブルそうだし。おでんが被るけど、まあ、いいか。


正確には「串揚げ屋」です。


やっぱり「おでん」被りましたが、種は違いますので全然OK、大根うまし!


変わっているので頼んでみた「つけものステーキ」
白菜の漬物を焼いて卵でとじてある。初めての味、酸味が絶妙で美味でした。
で、後で調べたらこのメニュー、岐阜県飛騨地方の郷土料理でした。
気づかないうちに、ご当地グルメを楽しんでいたようです。

お腹は満たされたので、もう一軒軽く飲みたいところですが、今日は朝から肉体的にかなりハードに動き回ったせいで、疲労がピークです。なのでホテルでチビチビやろうと思い戻ったのですが、あっという間に落ちました(爆睡!)

さて、明日はどうしようかな?

~ まだ... 続く \(^o^)/ ~










関連記事
2015/11/01 06:04 散歩・旅行 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://huazhong.blog.fc2.com/tb.php/203-cf12b099
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。