歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター
香港駐在時代のランチ、日本からの出張者が多かったので、週のうち最低1回は飲茶、多いと4回ぐらいのときもありました。

さすがに中華ばかりが続くと飽きます。
で、接待ランチでないときは、やっぱり日本食です。

そこは国際都市・香港、日本食は豊富にあります。
が、それなりに高くつきます、大体日本の1.5倍から2倍くらい。

安さなら、「日式」と呼ばれる、ローカル業者によるローカル向けの日本食もありますが、やはり日本人にとっては「なんちゃって日本食」です。
何度か試しましたが、リピートすることはありませんでした。

となると、やはり中華に戻らざるを得ませんが、そこは食の都・香港、飲茶以外にも安くておいしい中華にありつくことは可能です。

ただし、庶民向けの中華はなんでも「オイリー」です。

どんな料理でも必ず「油」がたっぷり使われており、おいしいにはおいしいが、そればっかりだと日本人にはかなりつらいものがあります。

そんなメニューのなかで、ほかと比べればかなりヘルシーだったのが、「卵とトマトの炒め物」でした。

このメニュー、いわゆる中国の家庭料理で、飲茶をやってるレストランのメニューにはありません。
香港でそうなのですから、日本ではまずお目にかかれません。

まあ、素材が「卵」と「トマト」ではお金取れませんしね。

このメニュー、街のチャーチャンテイ(日本の「大衆食堂」みたいなところ)か、ショッピング・モールのフード・コートにあるビュッフェ式のレストラン(プレートにおかずを持ってもらい、最後にご飯とスープをとってレジでお金を払うスタイル)の定番です。
マーボーナスや肉団子の炒め物なんかに比べれば、はるかにヘルシーなので、あれば必ず頼みました。

同僚の香港人たちは、好んで選ぶ様子でもなかったので、たぶん家庭ではよく出るのでしょう。
生野菜を食べない中国人は、トマトをいためて食するのが普通のようです。

☆レシピ

材料:トマト 中1個  卵 2個
    にんにく 小1かけ 
    サラダ油 大さじ 1  鶏がらスープの素 小さじ 1
    ごま油 少々

作り方:中華鍋(フライパンでも可)をよく熱したら、
     いったん火を止めて冷まします。
    :サラダ油 大さじ 1.5 を鍋になじませ、軽く
     溶いた卵を流し入れ、弱火でいためます。
   ※ この際、卵はなるべくかき回さないこと
    :卵が半分くらい固まったら、別皿に取ります。    
卵半熟
この程度の半熟度で!

    :鍋に火を入れ、サラダ油 0.5 で にんにくを
     炒めます。香りだし、焦げない程度に。
    :櫛切りに8等分したトマトを入れて、同時に鶏がら
     スープの素を加え、弱火で炒めます。
     汁気が多い感じにしたいので、パサつきそうなら
     水を加えます。
とまと炒め
これは水を加えています。ちょっと焦げが見えますか、これは失敗! 仕上がりが茶色くなって、あまりきれいでなくなります。

    :トマトのカドが崩れてきたら、別皿の卵を加え、軽く
     まぜながら温めます。
     卵が1/3程度半熟の感じで完成!
     最後にごま油を回しかけます。
トマト卵完成
いろどりに乾燥バジル振りましたが、なくてもいいです。


ポイント:卵もトマトも火を通しすぎないこと!
     :にんにく利かせたほうがうまいです。
     :味付けは好みで変えても面白い!
      さっぱりなら、鶏がらスープの素→塩
      こってりなら、鶏がらスープの素→オイスター
      ソース

卵料理って、火加減が難しいので、なかなか理想どおりにはなりませんが、失敗も味のうち?
うまくできると、けっこう満足感が得られます!

是非、お試しを!
関連記事
2013/05/26 11:04 レシピ・グルメ TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://huazhong.blog.fc2.com/tb.php/20-a05f084f
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。