歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター
「目指せ全県制覇!」

今年のGWに岩手と秋田を訪問し、東日本はクリアしました。(以下、その時のUP)
http://huazhong.blog.fc2.com/blog-entry-173.html

残るは西日本、で、この「シルバーウイーク(この言葉は定着するのでしょうか?と、思って来年のカレンダーを調べたら、惜しい!秋分の日が一日ズレて連休にはなりません。どうやら今年限りのようです)、何回か「通過」はしているのですが、「滞在」したことのない、岐阜県と滋賀県に行ってきました。

前回初めて利用した深夜バスが使えたので、今回も名古屋まで利用しました。出発は同じ「鍛治屋橋駐車場」。
前回は初めてということもあり、場所に迷ったり乗車手順に戸惑ったりして、何とか乗車した感じでしたが、今回は2度目ということもあり、少し余裕があります。
で、駐車場へ向かいつつ思ったのは、この駐車場は昔からあったのかな?

このあたり、八重洲エリアになるのでしょうか、東京フォーラムの裏(→イコール昔の都庁。用事はなかったけど)
昔から多少知ってはいたこのエリアですが、この駐車場があったかは記憶にありません。
そもそも、「深夜バス」ってAniの若い頃にあったか?

Aniの20代前後は、夜行列車のほうが主流だったがします、寝台列車の「ブルートレイン」もブームだったし、Aniも出張の帰りで松江から東京まで利用したことがあります。
ただ、思い起こせば夜中に出発するバスってありましたよ、スキー・バス!

そうそう、こんな感じ!

宿泊込で長野や群馬・新潟のスキー場に一番安く行けるのがバスツアー、新宿や池袋を深夜に出発すると、ちょうどスキー場のリフトの動く時間に到着するので、多くの若者が利用してました。もちろんAniも!
80年代はスキーはブームでしたからね、「私をスキーに連れてって!」の世界です!(ホイチョイ!!)
そう考えるとこの鍛冶屋橋駐車場も当時からあったのかもしれませんが、もっはら新宿から行ってたAniは知りませんでした。

そんなことを思ったのも、改めて駐車場を見回してみると、いるのは若い人ばかり。


やっぱり「大人」は「安さ」よりも、お金がかかっても楽な方がいいよね!全然Aniも同感です。  が、、、

Aniが深夜バスいいなと思うのは、「時間の節約」です。
仕事終わりでも深夜出発ですから余裕で間に合いますし、寝る時間に移動するので目的地では朝イチから活動できます。
問題は、バスの中で寝れるかということですが、いまの深夜バスは座席の前後が広い仕様なので、窮屈感はだいぶ減っています。
bus img_2
乗ったバスではありませんが、ほぼこんな感じ。

確かにベットではありませんので、完璧には熟睡できませんが、翌日の活動に支障が無い程度には寝れるとAniは感じます。
ただ、「寝る」については個人差がかなり大きいと思うので(どこでも寝れる人、枕が変わると寝れない人etc)、そこは自分が大丈夫なタイプか考えたほうがいいですね。
ちなみにAniは、歳のせいか最近はたくさん寝なくても大丈夫になりました。普段も、酔っ払ってソファーで2、3時間、トイレに起きてそのあと布団で1、2時間の睡眠で何とかなります。なので、深夜バスでの睡眠は全然OKです。

あと、この深夜バスによる移動は、他の移動手段とはちょっと違う感覚が楽しめます。
深夜バスの場合、基本的に乗客は移動の間「寝る」ことを前提としています。
なので出発から到着まで、窓のカーテンは締切、必要最低限の運転手のアナウンス以外、音もありません。
なので移動中、どこを走っているのか全くわかりません。
途中、トイレ休憩でサービスエリアに寄るので、そこで降りればどの辺まで来たのかはわかるといえばわかりますが、深夜のサービスエリアは場所の実感がなく、大げさかもしれませんが、寝て起きたらいつの間にか着いてた、そんな感じです。

どこだ?!

もちろん、深夜バスのコスパは最高です。
片道6,200円!移動+宿泊代と考えれば、ビジネスホテル代がだいたいそれくらいなので、移動代はタダということになります。

10数年ぶりの名古屋。
「笹島ライブ」という関東からの長距離バスが発着する乗り場(降り場?)に着きました。
JR名古屋駅から徒歩10分ほど。馴染みのない場所です。
なんで「ライブ」と思ってググッて見ると、ここは貨物の操車場跡で、そこで「愛・地球博」が開催されたときに名づけられたそうです。
再開発地区の名称らしい。確かに整備がされてるけど何もない感じ。
トボトボと駅に向かって歩いていくと、在維新なデザインのビルが見えてきます。

モード学園 スパイラルタワー

なるほど、新宿にあるモード学園の「コクーンタワー」も斬新なデザインでしたね、そういうことか。


とりあえず朝飯にありつこうと駅構内へ、でも意外に立ち喰いそば的なお店は見当たりません。
ようやく見つけたのがここ。


きしめんは相当久しぶりです。
お得な朝セットがあったので、迷わずチョイス、味噌味にしました。


多分「味噌」は邪道だろうなと思いつつも、面白そうだから頼んでみました。
案の定、味噌はここのオリジナル、後から来たお客さんが「お勧めは?」と尋ねたときに、店員さんが「定番はしょうゆ味、味噌はうちだけです」といっていましたから。

名古屋で味噌といえば、八丁味噌の「味噌煮込みうどん」!
そっちでもよかったのですが、さすがに朝からやっている店はなさそう。
両方楽しめるんじゃないかという、安易な発想でした。

関東人のAniは問題なくおいしくいただきましたが、名古屋人にすれば「ありえない」組み合わせじゃないかな。
麺が違いすぎるよね、味噌煮込みの麺は「バリバリ」の硬さ、対してしてきしめんは「レロレロ」の柔らかさ。

ある意味、硬いのと柔らかいのと両方愛せる名古屋人って、面白いかもですね。
麺に関しては、どっちかにこだわる県民のほうが多い、博多人は柔らか「レロレロ」うどん好き、香川人はコシが命の讃岐うどんが最高!
関東人にしても、柔らかい「蕎麦」がいいって声はほぼ聞かれませんしね。

味噌煮込みときしめんは、違うジャンルの麺類だから許されるのかもしれませんが、まあどっちでも、うまけりゃいいジャン!
最終的には個人の好みでしょうから(>.<)

食べ終わったところで、時間はまだ7時半。
本日のファーストミッション、「犬山市」に行き、「お城」に登る、なのですが、お城は9時開園、まだちょっと早い。
犬山市までは名古屋から名鉄で30分くらいなので、すぐに行ってしまうと向こうで暇かなと思い、駅周辺をぶらぶらしてみましたが、名古屋って前から感じていたんだけど、地下街が発達していて、地上はこれといったものがない。でも地下街は朝早すぎてどこもやっていない。
10分くらい彷徨いましたが、あきらめて犬山まで行くことにしました。

~続く~

PS.今度のシリーズは長くなるよ、書きたいままに書くことにしたので。よろしくm(_ _)mです!
関連記事
2015/09/22 14:21 散歩・旅行 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://huazhong.blog.fc2.com/tb.php/195-8e2d8feb
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。