歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター
先週日曜日の昼下がり、ランチがてらにジョキング用のウエスト・ポーチがボロくなったので買い換えようと、南越谷のダイエーをぶらついていました。

その日は「日本3大阿波踊り」の一つ「南越谷阿波踊り」の最終日(ちなみに「3大」は、本家「徳島」、東京の「高円寺」、そして「南越谷」だそうな。)
でもそっちは去年見たので、今年は全く興味が湧きません。やっぱり、見るのより「踊りゃな、損損!」だからかな??
(去年の阿波踊りは、当ブログでレポートしています。
http://huazhong.blog.fc2.com/blog-entry-39.html
読み返してみましたが、阿波踊りよりも、出店の屋台レポートだな?)

Aniにとって、かつて「南越谷」のイメージは、「新しい街」のイメージ。
貨物専用だったJR線を、1973年、旅客用に「武蔵野線」を開業したことに伴い、新しい駅「南越谷」が誕生しました。Aniは当時中学1年生。

翌年には隣接する東武スカイツリーラインの「新越谷」が開業、まさに「新」!です。
(なんで同じ駅名にしないのかなと、当時は思いました。面白いことに、同じ武蔵野線でも所沢にあるJRの駅名は「新」秋津」。乗り換え駅の西武線「秋津」があったから「新」にしたのかな? 東京近郊で一番不便な乗り換え駅です。でもこの武蔵野線の駅名、コンセプトが希薄です。浦和に出来た武蔵野線と埼京線の駅名、京浜東北線の「南浦和」があるので、今度こそ「新浦和」かと思いきや、「武蔵浦和」でした。なんでもアリヤン??)
脱線が長くなりましたが、なんにもない田んぼの真ん中に、突如現れたピカピカの真新しい駅、その印象が今も残っています。

埼玉県を東西に横切る武蔵野線が出来たおかげで、当時の埼玉南部に暮らす中学生は、高校進学の選択肢が広がりました。
それまで鉄道網のなかった千葉県に近い三郷、吉川エリアの子供たちが、東武線沿線の高校に通えるようになったからです。
実はそんな関係で、当時の南越谷(新越谷)駅は、高校生カップルの秘密のデートスポットだったのですよ。

確かに何もありません、駅前には喫茶店がチラホラ程度。前述のダイエーも開業が1979年ですから、Aniたちが高校を卒業したあとです。
当時の高校生って、基本的には学校帰りに喫茶店などに寄るのは校則で禁止されていたので、高校のある駅周辺は、たまに先生たちの見回りなんかがあって、危なくて近寄れません。
その点、南越谷は乗り換え駅としては急速に発達したので人が多く、先生たちも見回るのは無理だったのでいわうる穴場です。
はじめは武蔵野線を利用する女子と付き合っていた男子が、そこまで見送るために途中下車して周辺でデートしていたのが、だんだん武蔵野線とは関係ないカップルも利用するようになって、当時あの沿線の高校生の間では、ちょっと気になる場所でした。

そんな思い出の「南越谷」、今ではすっかり「俗」な街に変わっています。
最初は1時間に一本程度しか運行していなかった武蔵野線も、沿線開発が進み住民が増えたせいで今やラッシュの通勤線です。だから当然南越谷の乗降客も増え、増えればそこに需要が生まれ、なので飲食店が増えました。
雰囲気的には同じ沿線の「北千住」のミニ版って感じでしょうか。やはり「おしゃれな」街にはなりませんでしたね。

で、そこにある「ダイエー」

開業当時の79年頃は、この沿線で一番「おしゃれな」場所だったんですよ。ダイエー自体も調子よかったですからね。
でもその後、隣に「レイクタウン」ができたせいか、今はなんとも言えず、ローカル色満載です。

完全に「中高年」ターゲットの戦略です。若者向けショップは皆無。まあ、そっちは駅ビルの「ヴァリエ」に勝てませんから。
なので「中高年」になった今、案外今の自分に合う「掘り出し物」が見つかったりするときがあります。
人が少くのんびり散策できるので、ちょくちょく訪れますが、今回の掘り出し物は、これ!



かつて、Aniにとっての「アイドル」





ニール・ヤングとブルース・スプリングスティーンのライブDVD。
両方とも なんと 500円!
催事場の片隅に置かれていたのを偶然発見しました。

もちろんメジャーレーベルのものではありませんが、それでも両者とも油の乗り切った頃のライブです。
なんで500円? マニア以外にはその程度の価値なのか?
でもAniとっては垂涎のお宝ものです。

まだ見てません。録画した番組がなかなか消化出来なくて。

どうせ見るなら、慌ただしくではなく、ゆっくり見たいしね。
なので、今日は映画に行くので、やっぱり無理です。
観るのはだいぶ先になりそう (:>_<:)











関連記事
2015/08/30 08:28 音楽 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://huazhong.blog.fc2.com/tb.php/191-f5cea7d8
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。