歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター
まずは昨晩の「LIVE PARTY 夏の陣 at 浅草kurawood」にご来場頂いた皆様、
どうもありがとうございました。m(_ _)m

タイトルに書いたとおり、祭りのあとの喪失感というか、いまは軽い放心状態にあります。
まあ、余韻を楽しんでいるのかもしれません。

今回は、35年前に組んでいたバンドの復活で参加させていただきました。

いやー、まさかこんな日が来るなんて想像していませんでした。
学生時代のバンド活動は、「俺も若い頃はバンドでブイブイ言わせていたんだぜ!」などと、飲み屋で会社の若いものに語る酒ネタになるのかなって、以前はなんとなく想像していました。
「もうあの時代には戻れない」、想い出って、だから本人の中で美しく美化されるものですよね。だから愛おしい!
それが当時と同じメンバーで、当時のオリジナル曲を再演することになるとは。

がっかりされるくらいなら、やらないほうがマシという思いも、ちょっとだけ頭をよぎりました。

たとえば明らかに「容姿」は変わっています。いわゆる「老化」です。
そこはどうあがいても若い頃には戻れない、なのでそれぞれ工夫しました。
Aniも薄くなった頭をさらけ出す勇気はなく、当時は被っていなかった帽子をかぶりました。
ギターのMは、カツラで対応です。
でももうひとりのギター I は、ごま塩頭にメガネという、当時とは全然ちがう容姿でしたが、そのまま出ました、勇気あるな!
その点 ドラムのAは、かなり大きくなったお腹をお持ちですが、セットに隠れて見えません、得だな!

それよりも、当時の「音」を再現できるか?

メンバーの最初の作業は、当時のビデオを見て、自分のプレーを自分で「コピー」することです。
Aniも歌詞があやふやだったので、ビデオを聞きながら書きおこしました。
なんとも「不思議な」作業でした。

でも最初にスタジオ入りした時、ところどころみんな忘れてはいたけど、案外形にはなっていたんですよね、これが。
もっとボロボロかと思いきや、息はあっていましたね。
それもそうかもしれません、今回演奏した5曲、全部オリジナルですが、練習を含めた演奏回数は、それぞれ有に100回は超えていましたからね、やってるうちに、だんだん体が覚えてきたものが、蘇ってきた感じでした。
なんとか、当時にちかい「音」には近づいたかな?
Aniも今回は「譜面台」なしで、演りきりました!

歌詞も35年の月日を感じさせます。
3曲目の曲は、当時の冷戦下における核戦争の恐怖を歌った、「反戦歌」でした。
作った当時は、それほど目立つメッセージ性はなかったのですが(みんな似たような曲をつくってましたから)
今聞くと、「時代」を感じますね。

当時を知っている、今回見に来てくださった皆さん、出来はどうだったのでしょうか?
本人たちとしては、出来うる限り「当時」を再現したつもりですが。
なんかそれが、自分にとってみんなへの「約束」のような気が、ライブが近づくにつれ、してきたのですよね。
演るからには、「がっかり」させたくないな ってね。
いい意味で、「意地」張れました、みんなに感謝!

初めて見た方々は、どうだったんでしょうね。
やっはり20代に作った曲を50代が演るのは、無理があったかな?

でも、演ってて気持ちよかったです! 本当!!

いろんな意味で、ありがとうございました。




PS.写真やビデオは次週以降にUPします。またよろしく!


関連記事
2015/07/26 16:23 音楽 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://huazhong.blog.fc2.com/tb.php/186-7fc05a2e
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。