歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター
連日報道されている「ギリシャ債務問題」


それほど日本の経済には影響ないようなのですが、日本のマスコミは多く取り上げていますね。

日本人にとっての「ギリシャ」って、「観光地」のイメージがほとんど。
Aniもそうですね、古代遺跡、オリンピック発祥の地、ギリシャ神話?
有名企業って、あるのだろうか?
ググって見ましたが、「フォリフォリ」?→ファッションブランドらしいが、知りません(>.<)

それくらいのイメージなのに、マスコミはなぜここまで取り上げるのか?
Ani思うに、それはギリシャ人がここまで「selfish(わがまま)」な人たちだってことに、ちょっと驚いたからでは?

超カンタンに「ギリシャ債務問題」をおさらいすると、

2009年に巨額の財政赤字を「隠して」いたことが政権交代によって発覚、とてもギリシャ一国で返せる額ではなく、緊縮財政を条件にEUが支援、ところがギリシャ国民は国民負担を嫌って猛反発、暴動まで起きてEUに反発する政権が誕生、で、結局返済期限の先月になっても返せるあてもなく、事実上のデフォルト(債務不履行)状態に。

国の財政赤字が膨らんだのは、言うまでもなく「じゃんじゃん」使ったから。
異常に多い公務員、巨額な公共投資、手厚い年金制度etc
国からもらうものはしっかりもらっておきながら、払う(税金)ほうはぜんぜんで、脱税が横行。

5年前の時点で、「ギリシャ人って、かなり「やんちゃ」な人たち」って、日本人は初めて気がついたわけですが、ここへ来てまだ「ダダ」をこねている彼らを見ていると、Ani的にはちょっと腹立たしいです。
というか、EUに助けてもらったのに条件がきびしいと文句をいい、借金が返せないとなると開き直って「EU離脱するけど、それでいいの?」と脅しをかける姿は、われわれ日本人からすれば「いい加減にせいや!」ですよね。

お昼のTV「ミヤネ屋」で、司会の宮根氏が憤ってまして、Aniもたまたま見ていたのですが、
http://news.livedoor.com/article/detail/10316789/
まあ、そうだよね。

ただ、この問題を今日のテーマにすべくいろいろ調べてみたのですが、100%ギリシャが悪いともいえない部分も見えてきました。

ひとつは、ギリシはこれまで欧州の中で「甘やかされてきた」歴史があるということ。
古代は栄華を誇ったギリシャですが、中世は長らくオスマン・トルコの支配下にありました。ギリシャ文明は欧州文化の「起源」ですから、欧州各国は19世紀にオスマン・トルコの支配下から脱したギリシャを、リスペクトの気持ちも含めて、ある意味「丁重」に扱いました。
ギリシャ人は古代の栄光もあって、もともとプライドの高い人たちでした。
変におだててしまったものだから、いまの事態に陥っても、彼らは「許される」と思っているフシが感じられます。
ギリシャはラテン系ではありませんが、スペイン、イタリアなどのラテン国はどこかギリシャに同情的な気がします。
というか、両国とも巨額な財政赤字を抱えており、強気なことは言えません。
フランスもドイツに比べれば同情的ですね。

ひとりで怒り狂っているのがドイツです。
それはそうでしょう、結局お金を出すのは一番経済が好調なドイツですから。
これまでも多額な負担をしてきていますしね。

「出して当然」という意見もあるようで、そもそも国毎の経済格差を無視して導入した欧州統一通貨「ユーロ」、この導入で一番儲かったのが為替リスクのなくなったドイツで欧州じゅうにバンバン輸出したわけです。だからそれなりに還元せい!てことかな。

でも日本人の心情として、ドイツの気持ちがAniにはよくわかります。
まさに「アリとキリギリス」ですね、夏のあいだに遊びほうけていたキリギリスが、冬に困るのは自業自得!
仕事でちょっとだけドイツ人と関わったことがありますが、馬が合うというか、彼らと我々日本人はメンタル的に近いものを感じました。物静かで謙虚、付き合っていて疲れません。(それに比べて中国人はその何倍も「疲れ」ます)

ただし、ギリシャの経済規模を考えると、ドイツが救えないこともないのです。
ユーロ圏におけるギリシャの経済規模はたったの3%。
仮にドイツが、自国のもつギリシャ債務を放棄したとしても、ドイツにとって大した影響はありません。
「儲かっているからいいじゃん!」なのでしょうが、出す方にしてみれば、すんなり出すわけにはいきませんよね。
ドイツにとっては、悩ましい問題ですね。

関連記事
2015/07/12 09:47 時事 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://huazhong.blog.fc2.com/tb.php/184-44878498
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。