歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター
BSの話で恐縮なのですが(BS見れない方、ごめんなさい)、BS-TBS毎週水曜日23時からの「Song to soul」という番組の紹介です。


「何をいまさら」と思った方、その通り、この番組の放送開始は1997年、今年で18年も続いていることになります。
恐らく多くの洋楽ファンは、とっくに知っていますよね。

タイトルからもわかる通り、内容は音楽番組です。主に洋楽(古い言い方?)を取り上げ(過去に2回だけ、邦楽を取り上げています。喜納昌吉と吉田拓郎)、1時間番組なのですが取り上げる曲は1曲だけ。

コンセプトは「永遠の1曲」

人はそれぞれに、自分にとって思い出の残る「永遠の1曲」があるという設定で、その1曲を深く掘り下げていきます。
主にその曲の制作に関わった人々へのインタビューが中心になりますが、当時の時代背景なども織り交ぜて、1時間番組に仕上げています。

Aniがこの番組を知ったのは今から2、3年前かな、たまたまチャンネルを変えていたら、この番組にたどり着きました。
放送時間が23時なので、見る気はあったのですが毎回「落ちている」(ソファーで爆睡)事の方が多かったですね。
で、去年やっとブルーレイレコーダーを手に入れたので、それからは毎回録画して楽しんでいます。

つい最近まで、Aniはこの番組海外制作だとずっと思っていました。が、実はBS-TBSのオリジナル制作番組だったのですね。

というのも、番組構成はインタビューが中心で、洋楽ですから当然登場するのは海外在住の関係者たち。
番組のテーマは「名曲が生まれた背景」ですから、レコーディング・エンジニアなど「裏方」的な人物もかなり登場します。
こういう、ともすれば「退屈」になりかねない作り方を日本の番組製作者は好みません。なので当初からこの番組はBBCとかの海外制作とてっきり思っていました。でも実際は日本から現地に取材してるんですね、BS-TBS、頑張ってます。
それでも流石に毎回新しい内容で放送するのは厳しいのでしょう、新たに取り上げる曲は月一回で、残りの週は過去に取り上げた曲の再放送です。それでも月1で海外取材ですから、やはり頑張ってますよ。

取り上げられる曲は概ね「古い」曲です。一番古いのが1950年代、新しくても90年代。
やはり「永遠」になるには、それなりに時間が必要です。なので我々世代はノスタルジアに、若い世代は「古典」を学ぶにちょうどいいかも v(.^-^)

これまでに98本作られています。
どれも名曲、有名どころばかり、よく深夜のTVショッピングでやってる「懐かしの○○年代ポップス名曲集」CD5枚組みたいです。

案外、意外なエピソードが語られるので、面白いです。
売れないと誰もが思っていた曲がヒットしたとか、歌詞に間違いがあるとか、豪快な印象の歌手なのに、ものすごくヒットチャートを気にしていたetc

それとこの番組、「記録」としても貴重です。
なぜなら今のうちにインタビューしておかないと、後で出来なくなるから。そう、お亡くなりになるからね。
この番組でも、当人が死んでから作られたものも多々あります。
だからAniとしては是非ニール・ヤングやってほしいのだけれど、この番組のHPには視聴者からのリクエスト・コーナーがあるので、Aniも半年くらい前にニール・ヤングをリクエストしたのだけれど、まだその気配なし。
ヤング氏、噂ではまだまだ元気な「じいさん」らしいのですが、としが歳ですので、TBSサン、お願いします。
でも取材難しいのかな、気難しそうだしな。

最後にこの番組、いい英語の練習になると、Ani的には感じています。

興味のある話題だと、喋っている単語が結構理解できます。あと日本からの取材のせいか、割合わかりやすい喋り方をしている気がします。
字幕でざっと意味を掴んで、何度かヒアリングに徹すると「なるほど、こういう言い方するのか」がわかってきます。
特に、日常会話は何語でも、大して難しいことは喋っていないことが実感できるかと。

As you like it !

PS.祝 W杯ベスト4 なでしこJAPAN \(^o^)/
日本が頑張っているというより、日本の「女性」がすごいんですね。
あとは悔いなく、彼女たちに楽しんでもらえればと。
オメデト!
関連記事
2015/06/28 07:52 音楽 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://huazhong.blog.fc2.com/tb.php/181-6d0d6a65
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。