歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター
「好きな言葉は?」と聞かれたときにたいてい答えるのは、多少ジョークも入っていますが、

「根拠のない自信」
 
という言葉です。

もうずいぶん前になると思いますが、今は有名になったミュージシャン(誰だかは、忘れた…)が、テレビのトーク番組で、

「若いときは仕事も金もまったくなかったけど、妙に、いつかは売れる「自信」 だけはあった。
売れるために懸命になって努力したとかは全然なくて、何の根拠もなかったけど、ともかく「自信」だけはあった」

といっているのを聞いて、「根拠のない自信」、かっこいいな(今風だと、「いいね!」??)と思いました。

まあ、そのミュージシャン、結果として「売れた」わけで、
だからそのような発言が可能になったとも言えるのですが(売れなければ、当然「語る」機会は回ってきませんものね)、仮に売れなかったとしても、若いときに感じていた「根拠のない自信」は、別に間違っていなかったと、Aniは思うのです。

人は何かを始めるとき、うまくいく「根拠」があるから始めるのか?

うまくいく「根拠」が必要なこと?=「結果」が求められること

たとえば、生きていくための「金儲け」

最低限稼げなければやる意味がないので、ともかく確実に稼げることを、普通は選ぶと思います。

ただ、それが「やりたい」ことであることはあまりないと思います。

何かを始めたいその理由は、うまくいきそうだからはじめたいのではなく、それが「やりたい」から「はじめる」のだと思います。

よって「やる」ことが最初の目的なので、「やる」ことができれば、人はとりあえず「満足」するのだと思います。

満足な状態=幸せのとき

そういう状態のときって、きっと何の疑いもなく、「結果」を信じることができるのではないでしょうか。

まあ、勝手に「夢見てる」状態とも言えそうですが。

でも、それでいいんだと思います。

信じ続けている限り、「幸せのとき」は続くから。

最近は「アベノミクス」のせいか、多少明るい雰囲気もありますが、バブルが崩壊して20年近くたっているのに、どうも日本には、いつも重い雲が覆いかぶさっているような、すっきりしない空気が漂っているように感じます。

香港で知り合って、その後に赴任から帰国した人たちと話をすると、異口同音に「なんか日本って息苦しいね」と言い出しますので、これはAniだけの感想ではないようです。

この重苦しい雰囲気に、ずっと日本で暮らしてきた人たちは、どうもあきらめてしまったような、そんな風にも見えました。

根拠なんかなくても、「自信」をもって生きるって、どうでしょう?

みんながそうだと、世の中もっと楽しくなるような気がします。

そんな簡単には能天気になれない、って聞こえてきそうですが、そんなに難しく考えなくてももいいのでは?

そういう風に考えると、案外「楽」になれると、Aniは勝手に思っています。

根拠のない「自信」  いいね!

20130420koiwalive
2013.4.20 小岩オルフェイス 
何に満足してるのか? これも 根拠なき「自信」の表われ?

関連記事
2013/05/11 15:43 その他 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://huazhong.blog.fc2.com/tb.php/18-1fe803aa
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。