歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター
ポールを観たその日の午前中は、ここに行っていました!


ルーヴル美術館展   ~日常を描く 風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄~

ルーヴル美術館が所蔵する16~19世紀の「風俗画」を集めた美術展です。

出展されている作品は、イタリア、フランス、オランダ他、それぞれその国と時代を代表する画家たちによって描かれた、その時代の「日常風景」です。
人、風景、動物などテーマはいろいろ、所蔵点数が多いルーブルゆえに可能な企画といえます。

その中でも今回の「目玉」はこの作品です。

17世紀のオランダで活躍したフェルメールの「天文学者」

ヨハネス・フェルメール(1632-1675)
17世紀 オランダの風俗画家。
生涯作品数が37点と寡作ですが、当時としてはかなり写実的な技法と、光と影のコントラストが巧みな作品を残し、近年日本では人気の画家です。

その中でも特に有名なのが、この「真珠の耳飾の少女」

「フェルメール・ブルー」と呼ばれる鮮やかな「青」と印象的な「目」が人々の心をひきつける作品です。
CMで使われたので、この絵をご存知な方は多いと思います。2012年に日本でも公開されました。
まさかこの絵が日本で見られるとは思っていなかったので、Aniは喜び勇んで見に行った記憶があります。

元々作品数が少ないのでなかなか目にすることは難しいのですが、ここ数年は日本でも割と目にすることができます。

で、そんな彼の作品を含めて、鑑賞後のAniの感想。

・16~19世紀のヨーロッパは 「暗い」???

何故か、「暗い」色調の絵が多いのですよ。


描かれた出展作品の多くが、暗めの室内や灰色の空の風景など、「暗め」の設定なのです。
加えて描かれている衣服の色遣いがほとんど単色、青とかグレーが多く、明るい色は少ない、「柄物」はほぼないです。

庶民の生活を描いた作品を選んでいる今回の展示、当時の庶民生活、あながち間違っているわけではないのかもしれません。
王侯貴族はフランス王朝のように華やかな生活を送っていましたが、当時の庶民生活はこんなもんだったのでしょう。
これらの作品は主に中産階級に購入されていたようで、どれもサイズ的には小ぶりです。
それも絵から華やかな印象を持てない理由かもしれません。

そこへ行くと同時代に描かれた我が日本の浮世絵は、なんて華やかで明るいのでしょう。


といっても、派手できらびやかだったのは、当時の日本では「江戸」や「大阪」くらいだったかも、田舎はヨーロッパの田舎と大差なかったでしょうね。

会期は6月1日なので、まだ間に合います。
ただしお休みのときはメチャ混みが予想されますので、それが嫌なら会場直後の早い時間がお薦めです。

会場の国立新美術館は六本木の外れなので、散歩がてらに出かけても、そばには六本木ヒルズやミッドタウン、ちょっと足を伸ばせば麻布十番など、散策スポットはありますよ。

興味があれば。

PS.先週の「答え」

「007 死ぬのは奴らだ!」
関連記事
2015/05/01 08:54 アート TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://huazhong.blog.fc2.com/tb.php/172-a5a5fd70
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。