歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター
GW最終日、祭日の月曜日なので映画鑑賞です。
(イオンシネマでは、毎週月曜日がメンズデー、
男性は鑑賞料 1000円 です)

「リンカーン」
監督:スティーブン・スピルバーク
主演:ダニエル・デイ=ルイス(第85回アカデミー賞主演男優賞受賞)
リンカーン


「丸太小屋から大統領」

今ではほとんど聞かれなくなりましたが、Aniが子供の頃は、「リンカーン」といえばこの代名詞でした。
自由の国アメリカ、貧富や身分に関係なく、本人に実力さえあれば大統領にだってなれる、当時(といっても40年前ですが)の日本は戦後ではありましたが、やはり家柄なんかが偉くなるには必要だったので、リンカーンのエピソードは驚きと羨望で語られていたのでした。

で、リンカーンに関してはAniの場合、小学生時代の伝記物で得た知識程度なので、現代に生きるアメリカ人はリンカーンをどのように思っているのか、そこが興味あったので、映画、見ることにしました。

まず、伝記映画ではありません。
リンカーンが奴隷解放のために奮闘した憲法改正までの2ヶ月間を中心に描いています。
よって教科書的な説明部分はなく、憲法修正案の可決をめぐる、野党民主党下院議員とのバトルという人間ドラマが展開されます。

ここで描かれているリンカーンは、伝記のなかの「聖人君子」ではなく、権謀術中を駆使する人間くさいしたたかな大統領です。

ということで、あまり内容を話すとネタばれなので、これ以上は書きませんが、この映画、アクションもスペクタルもないので、その手を期待する方には不向きかと思います。

ドラマとしての質は高いと思います。
あと、主演のダニエル・デイ=ルイスがリンカーンによく似てることが話題になりましたが、確かに違和感なくリンカーンを演じていると思いました。

あと、日本では缶コーヒーのCMで有名なトミー・リー・ジョーンズが、脇ですごくいい味だしています。
彼のエピソードには最後にオチがあって、なかなかいいアクセントになっています。

ドラマ好きの人にはおススメかも。ただし長いですよ(170分)。トイレは見る前に済ませましょう!

PS.1
スピルバークは米国人として、「リンカーン」を作品化してちゃんと残したかったのかな と思いました。
歴史の浅いアメリカにとって、国民の多くがリスペクトできる偉人ってそうはいないので、誰かが作品で残さないと風化してしまう、そんないい意味での使命感みたいなものを感じました。

PS.2
この映画の中で取り上げられている奴隷制度撤廃をめぐる憲法改正問題。
憲法の改正は、昨今の日本でもHOTな問題ですよね。

映画の中で大統領も共和党、民主党議員も、それこそ「命がけ」で議論しています。

日本の憲法改正について、個人的な意見はここで書きませんが、ぜひ映画から感じて欲しいのは、仮にも「憲法」を変えるのだから、日本国民はすべからく、この問題を真剣に考え、議論して欲しいということです。

軍国主義の復活、平和憲法の放棄などの声もありますが、国民みんながこの問題について、ちゃんと向き合う必要があるとAniは思います。ここを経ないと、日本が進むべき未来の方向は、はっきりしないと思っています。

映画の中の「政治家」、かっこいいです。

がんばれ、日本の政治家!
関連記事
2013/05/06 17:23 映画・テレビ TB(0) CM(1)
コメント
軍国化・国主義ではなくや主権国家として当然の自衛権。平和は、タダじゃない。絵空事の理想論をほざいて手に入るものでもない!


2013/05/07 15:44 FRENDSさん URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://huazhong.blog.fc2.com/tb.php/17-dc07ca3d
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。