歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター
中国で鳥インフルエンザの人への感染が確認され、十数人の感染者と数人の死者が出たようです。
たしか数年前に人の感染がはじめて確認されたと思いますが、鳥インフルエンザは直接人に感染しないといわれていただけに、今回は十数人の感染者が出ているので注意が必要です。

ただ今回の報道、3年間中国(香港)で暮らしたAniからすれば、本当にこの程度の感染者数、死者なのと疑ってしまいます。
このような場合、中国当局は真実を公表することで市民がパニックになることのほうを恐れ、大概本当のことを公表しないからです。

03年に発生したSARS騒動のときがまさにそうでした。
当時香港で暮らしていたAniは、中国当局の対応に唖然としました。
この国の為政者たちは、市民に多くの犠牲者が出ることよりも、対外的な批判に晒されることことのほうを恐れていました。
そのためには当然のように人命は軽視され、そのことに対する怒りとともに、その冷酷さに恐怖すら感じました。

中国当局はSARSの発生と拡大を必死に否定したので、中国に暮らす市民は何の対応もしていません。
香港では3百人近い死者が出て、香港中の全員がマスクしている状況なのに、電車で40分のお隣深センでは誰もマスクをしておらず、「SARSで香港は大変だねー」といったふうです。
(のちにSARSの発生源は深センのある広東省で、香港への伝播も深セン経由だったようです)

この中国当局の対応が、カナダのトロント他世界中にSARSを広めることになってしまい、かえって中国当局は世界中から非難される結果となりました。

よって今回の報道は、いいほうで捉えれば、前回のSARS騒動における対応の反省から、当局としては「早め」に公表した、とも考えられます。
ただ中国の地方官僚は自らの失敗を中央政府にバレることを異常に恐れるので(それによって失脚、地方官僚は大体汚職まみれなので、失脚によってその罪が暴かれ、時には死刑になることもあるので、恐れて当然といえば当然かも)、今回も被害が最小限に公表されている可能性が高いとAniは見ています。
なにしろ、事故車両の新幹線を埋めちゃう人たちですから。

日本でインフルエンザといえば冬に発生する病気なので、これから夏に向かう今はピンと来ませんが、鳥が媒介なので渡り鳥により当然日本にも伝播することが考えられます。

香港では季節の関係なく、みんな一年中風邪引いてました。(冷房強すぎのせいもありますが)
夏風邪ってつらいですよね、しばらくはこの報道、注意したいと思います。

SARSマスク写真
当時はみんな「マスク美人」でした。
よく言ってた日本料理店のウエイトレス、SARSが終焉してマスクを外したら、「別人」でした(笑)
関連記事
2013/04/07 10:45 香港 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://huazhong.blog.fc2.com/tb.php/13-6b6aa9b3
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。