歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター
「進撃の巨人」

巨人

2009年に別冊少年マガジンで連載が始まった漫画で、その世界観が受けブレイク、2013年よりTVアニメ化もされ、今も若者に人気のコンテンツ(漫画、アニメ、映画、来年は実写版映画も作られるそうで、だから「コンテンツ」)です。

ちょっと前までお菓子のCMにも使われてましたから、名前だけでも皆さんご存知かと思います。

AniはCMより前に、ネットでこのアニメが韓国で人気だというのを知り興味を持っていました。

見てみたいなと思っていたら、この10月からMXテレビの深夜枠で放送が開始、もちろんオンタイムで観るのは無理なので、録画して見てます(やっはり録画できるって便利だね→最近やっとブルーレイ・レコーダーを買ったAniの感想)
と、ここまで書いて、あとはこのアニメの面白さを語ろうかと思ったのですが、何か心に引っかかるものがある?

それは
「54歳のオッサンが、「進撃の巨人」を語る」のは、どうなんだ?

という、「歳相応」にそぐわないであろう自分に対する疑問です。

いわゆる 「いい歳をして!」 というやつです。

「歳相応」

この言葉の持つ意味は、
「もう若くないのだから、分別をわきまえて「大人」らしく行動しなさい」という「諌め」でしょう。

若者なら許されるけど、年寄りが同じことをすると痛々しいのでやめなさい、ってことですかね!

んー、どうなんでしょう?

かつてはそうだったのかもしれませんが、今は多くの「年寄り」が、そんなに若い頃と変わらないと思っているのでは?

友人のFBで知ったのですが、漫画「サザエさん」に登場する波平さん(サザエさんの父)の設定は、今のAniと同じ「54歳」なんだそうです。

波平

そうなのか。
だって波平さん、タラちゃんていう孫もいて実際に「おじいちゃん」で、どうみたって「年寄り」でしょう。

いやー、どんなに贔屓目に見たとしても、現在の我々の方が、かなり「若い」はずです。

歳をとらないサザエさん一家、最初の新聞連載が福岡で始まったのは、戦後間もない昭和21年でした。

この当時の54歳であれば、漫画の浪平さんはほぼ違和感ないイメージでしょう。
今よりも平均寿命が20歳位短かったわけですから、やっぱり今より「老化」も早かったはず。
54歳=初老、ですから当時の浪平さんは、「歳相応」に描かれていました。
(そう考えると、今のサザエさんにおける浪平さん、54歳はかわいそうだよね、一回り上の66歳でちょうどいいかも?)

当時の「歳相応」、Aniはむしろ「いいイメージ」でとらわれていたのではと思うのです。

「楽隠居」という言葉がありますが、家電や自動車他、今では当たり前の身の回りの便利グッツがほとんど普及していなかった昔は、普通に生活していくことだけで精一杯だったはずで、当然現役世代は趣味だ余暇だのの余裕があるはずもなく、そこから解放される「隠居」は人々の憧れだったと思うのです。

「年寄り」ですから、若い頃のような肉体的な無理はききません。それでも有り余る時間を使ってできる「歳相応」の趣味等は、人々に好意的に受け止められていた、だから逆に、無理して若ぶったりすると、「年寄りの冷や水」と言われて、嘲笑されたりしたんだと思います。

では現在はどうか。

肉体的には若返っているので(個人差はありますが)、スポーツなどは年寄りでも若者と変わりなく楽しめるようになりました。

またITの発達により、年齢・世代による「情報」の格差がなくなり、「精神的」な世代間格差もなくなってきていると思います。

かつて、というか、Aniの若い頃でもそうでしたが、ネットがなかった時代は最新のトレンド情報を得るのが結構大変でした。
主として活字媒体から得ていたのですが、人より先んじて情報を得るためには、マイナーな雑誌や書籍を探し当てる必要があり、これにはそのためと労力と探し当てる嗅覚が必要なわけで、普通の「大人」はそこまでしません。
だから「若者」と、「大人」「年寄り」は触れている情報が違い、そこから「歳相応」が生まれていたと思うのです。

老若男女、今や「ボーダーレス」の時代に、「歳相応」は成り立たないのかもしれません。
特に若い世代以上に、今の中高年の生活、生き方は多種多様なので、これまでその世代に対して使われていたこの言葉がますます当てはまらなくなっている気がします。

別に、54歳のAniが「進撃の巨人」を語っても、おかしくないですよね?

ということで、紙面が尽きてしまいました(?)

アニメの内容については、お手数ですが実際にご覧になって確かめてください。

http://http://s.mxtv.jp/shingeki/

m(_ _)m

関連記事
2014/11/09 10:53 その他 TB(0) CM(1)
コメント
やちまった!
本文中の挿入、波平さんのつもりが海平さんでした!
(JMちゃん、ありがと!)
ま、双子だらか、主旨は一緒ですm<_ _>m
波平で検索して出てきたから、そのまま使ったけど、違うこともあるんだ?
SORRY m(_ _)m
2014/11/11 21:32 Ani URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://huazhong.blog.fc2.com/tb.php/129-6cffb302
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。