歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター
3週前(10/5)の当ブログで取り上げた香港での民主化デモ。

さすがにそろそろ収束するだろうと思っていましたが、あれから3週間過ぎても政府vs学生の対立は続いています。

どうしたんだ香港人、Aniが知っている香港人はもっと「したたか」で、「道理」よりも「実利」をとるというか、プライド(彼らの言う「面子(メンツ)」)にこだわって「損」をするより、プライドを捨てても「得」をとるのが彼らの「信条」だったはずなのに。

先週半ばに正式な政府と学生代表の話し合いが行われましたが、全くの平行線で終わりました。

そもそもこの問題(香港トップの行政長官選挙に中国政府が認めた候補者しか立候補できない制度の制定に学生達が反発)、始まった時から学生たちの意向が取り入れられるのはかなり厳しいなと、Aniは感じていました。

確かに2003年の香港基本法改正に反対したデモや、去年の「愛国教育」強制に反対したデモは最終的に市民側の意向が受け入れられたので、その「成功体験」から学生・市民側は最初から強気にでたのかもしれません。

ただ今回はこれまでの問題とは訳が違います。

自分たちの意向に従わない香港トップを中国政府が認めるはずはありませんし、そもそも中国政府が全人代での決定を撤回することは100%ありえません。
そんなことをしたら、中国国内に対してまったく示しが着きませんから。

みんなそのことはわかっていると思うのだが、香港人。

学生が正義感に燃え、血気盛んに運動することはどこの国でもいつの時代でもあったことです。
その結果はどうだったか、時には主張が受け入れられ、でも大抵は「力づく」で鎮圧されました。

先程Aniの知っている香港人のイメージを書きましたが、その彼らであれば、学生たちの憤りをなだめる「大人」が市民の側から現れて、学生たちが傷つかないように事を収めるんじゃないかと、Aniはなんとなく予想していたのですが。

しかしそのような「大人」は現れず、学生たち、Aniの予想以上に頑張っています。引くに引けなくなった、とも言えるかもしれません。

学生達を突き動かしているのは香港への「愛国心?」なのか??

いや、そうではないと思います。

中国政府に言わせれば、そもそも植民地時代は選挙権すらなかったのだから、選挙を認めるだけでも有り難く思え!ということなのでしょうが、やっぱり中国政府の息がかかった者しか立候補できない制度は、どう考えたって「民主主義」じゃない、そのことを「香港人」のプライドとして主張している気がします。

これから社会に出る学生たちの世代は、もうその前の世代のように自らの「実力」で自分自身の未来を切り開くことは、恐らく難しいでしょう。

今後、「大陸=中国」依存の香港経済下では、「大陸の論理」を受け入れられる者しか成功できないと思います。
それは個人の能力より、不条理なコネや賄賂をうまく使いこなせる狡猾な者しか出世できない世界を意味します。
デモに参加している学生たちは、そのことに気づいているんでしょう。

この騒動、残念ながら中国政府のよる「力づく」の決着で幕を閉じる気がします。

そして学生達若者は、そんな香港に絶望して、多くが香港を離れる、そんな気がします。

ただし、そんな彼らも再び香港に戻るかもしれません。

なぜなら、今の中国政府の体制、本当にこの先ずっと続くのでしょうか?

どうもAniには、いつまでもこの体制が維持できるとは思えないのですが。


香港の国旗?と返還記念のオブジェ。
中国人観光客は必ず訪れて記念撮影をしますが、それ以外の観光客はその存在すら知らないという不思議な場所。
関連記事
2014/10/26 18:59 時事 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://huazhong.blog.fc2.com/tb.php/126-3890ae21
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。