歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター
怒涛の福岡ツアー・レポートに続き、先週は哀悼の祈りだったので、少々ブログの「書き疲れ」気味です。
ということで、今週はどうということもない軽めの話題にお付き合い頂ければ幸です。

1.異常気象
今年の夏は特に「異常」を感じた方は多かったのでは?
35度以上の「猛暑日」(この言い方も、すごい言い方ですね。昔からあった言葉なのでしょうか?子供の頃に聞いた記憶はないな。)、ここ2、3年は頻繁に猛暑日になりますので、もう驚かなくなりましたが、今年は雨が凄い。
特に西日本は大きな災害にもなりました。
と、思ったら、今日はまだ8月だというのにもう秋の気配。
8月でこんなに涼しくなったことは、ほとんど記憶にありません。

なんだか春から秋にかけての季節感が曖昧になっている気がしませんか?
5月ごろに猛暑日になったり、秋も晩秋の名残なく、いきなり冬になったりする気がします。

やっぱり「温暖化」の影響なのでしょうか。「温暖化」はない、って説も聞きますが。

日本の四季は、それぞれが特徴的で、また徐々に移り変わっていくところが風情があるところだと思います。

厳しい「冬」が終わると、穏やかに「春」が訪れ、今度は激しい「夏」が来るのですが、やがて冷めるように「秋」が訪れる、「四季」のない場所(香港)で暮らした経験があるので、余計に日本の「四季」が愛おしく感じたものでした。

だからこのところの目まぐるしい天候の変化を目の当たりにすると、「ここは本当に日本か?」そんな気すらします。

特に「ゲリラ豪雨」!
タイやシンガポールならよくありますが、まさか日本でも起こるとは。それもけっこう頻繁に起こるから、まさに「ここは日本?」、ちょっとびっくりです。

日本人は穏やかな性格の民族と言われていますが、多分に季節が関係しているのではとAniは思います。
もともと天災の多い日本、被害に遭ってもみんなじっと耐えることができるのは、辛い季節が来ても、いつかは終わり、やがていい季節が訪れることを知っているからといったら、ちょっとコジつけ過ぎ?

でも最近のような目まぐるしく変わる天気だと、なんだか気持ちが落ち着かなくて、不安のような、イライラするような、そんな感じがするのはAniだけでしょうか。

昔の天気がいいな。もう戻らないのか(T T)

2.ドラマ「若者たち」
フジTVの水10で現在放映中の「若者たち」
開局記念番組だったかな?
皆さん見たことあります?


もう5話くらい進んでいるので、そろそろ中盤に差し掛かっていますが、放映開始当初はかなりの賛否両論がありました。

ま、簡単に言えば「リアリティがない」。
今時あんな暮らしはない=昭和40年代のドラマに出てくるようなセット、みんなで「ちゃぶ台」囲んでご飯食べる、「寺内勘太郎一家」か?
登場人物がみんな「熱い」=取っ組み合いの兄弟喧嘩、それもプロレス技のかけあい!またもや「寺内勘太郎一家」?

Aniも「若者たち」に興味があったので(昔の「若者たち」は流石に見たことありません、生まれてはいたとは思うけど。伝説のドラマですので、かねてから見てみたいと思っていました。)初回を見たのですが、まさに「なにコレ?」が最初の感想。

その後何かの折に、演出の杉田成道(「北の国から」の人)のインタビューを見ることがあって、その演出が「あえて」であることを知り、ちょっと見方が変わりました。

最近「朝ドラ」以外、ほとんどドラマを見なくなりました。
実生活との違和感がないように気を遣うあまり、印象が薄いというか、なんかつまらない。
そんなに「リアリティがない!」って言われるのが怖いのかな?

リアリティがない=嘘っぽい=見てもらえない
だから「リアリティ」にこだわるなら、じゃ本当に伝えたいことは何なのか?

杉田氏は敢えて「リアリティ」をとっぱらうことにより、「伝えたいこと」を前面に押し出すことにしたそうです。
65歳の杉田氏、目先の視聴率は関係ありません。フジもそこはわかっているから、あえて記念番組に起用したのでしょう。

Aniは毎週見るたびに、1度は泣かされます。
見え見えの演出なんだけどね。
でも、若い人にこのことは言っておきたいという、杉田氏の気持ちがよくわかります。

まだ半分は観れるはずなので、
興味のある方はどうぞm(_ _)m
関連記事
2014/08/30 16:10 その他 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://huazhong.blog.fc2.com/tb.php/117-3dfdd396
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。