歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター
ラーメンを「飲み干した」K高ラーメン部一行、再び西鉄に飛び乗り、次なる目的地「柳川」へ移動です。
で、30分弱で到着。

ここら辺まで来ると、さすがに福岡のベットタウンではなく、「郊外」ですな!
降り立った「西鉄柳川」駅、なぜか懐かしい、デジャブのような...

そう、なぜか「東岩槻」に似てるとAniは思いました。

大半の読者の方は「東岩槻」ってどこ?って思われたと思いますが、そこは埼玉県のほぼ真ん中辺あたり、雛人形で有名な「岩槻」のとなりの駅です。

と言ってもますますイメージわかないかもしれませんが、ようするに関東郊外の、ちょっと前まで農村でしたが、そこそこ宅地開発されたものの、バルブがはじけて開発も中途半端に終った、「田舎っぽい住宅街」ってところでしょうか(決っしてネガティブに言っているわけではありません、Ani的には、住んでる「新田」も似たようなところなので、好きです)
kotosyo
琴奨菊の登り、ここの出身なのでしょう!

ほんとに川下りができるところがあるのかと思いつつ、10分弱歩くと、目的の船着場に到着しました。
funatukiba
ほー、こんな感じですか!「田舎っぽい住宅街」が、「水郷」に変わりました!

柳川川下り

本日2本目のビールを買い込み(Aniだけ)、早速乗船。
yanagawa2
いやー、のどか、ゆっくり進んでいきます。船頭さん、時折ご当地出身の北原白秋の歌を交えつつ、柳川の歴史その他、いろいろガイドしてくれます。
kappa1
北原白秋「まちぼうけ」の碑
この掘割、全部江戸時代に人の手で作られそうです。大小合わせてなんと全長470Km。
先ほど地上を歩いていた時は、まさに「田舎っぽい住宅街」でしたが、こうして「掘割」から街を眺めると、全く違う印象です。新鮮な驚き!
hasinosita
橋の下をくぐります

川下り、やはり「観光」ですから、途中しっかりお金を使わせるようになってます。
cyamise
行程の半分ほどで「茶店」が登場、20分くらい炎天下にさらされていた乗客は、「かき氷」の「のぼり」にみんなもう釘付けです。
20人弱の乗客が一斉に注文するものですから、茶店側はてんてこ舞い、なのでビールを所望の我々の注文は、儲からないせいか後回しでした(そりゃ、かき氷の方が、儲かりますって!)
kannpai
なんとかビールゲット!
夏の川下り、途中木陰もありますが、半分以上直射日光にさらされます、だからこの中間点あたりで飲むビールのうまいこと!
(ここで一つご注意言うならば、この直射日光、気を付けないと日焼けします。Aniは油断して短パンから突き出た足が真っ赤にやられました(T T)

で、飲み切る頃に終点です。

終点間近になると、船頭さんがもうひとつの柳川の名物「うなぎ」について語りだします。
要は、川下り会社の系列のうなぎ屋さんの紹介(「割引券くれる)なのですが、結果的に午前中の段階でうなぎを諦め、九州国立博物館見学にしたのが正解だったようです。

うなぎ屋さん、どこも長蛇の列!
仮に当初のスケジュール通りに柳川に来ていたとしても、うなぎは無理だったでしょう。ある意味、ラッキー?

船を降りたはいいが、ここは乗ったところと違う場所です。
駅にはどうやってもどる と思案していたら、Shu部員がフラフラと入った土産屋のおばちゃんにタクシー呼んでもらい、なんとか駅に到着。

次の目的地は、天神駅前にある、あの伝説の「照和」に行きます。(けっこう忙しいでしょ!)

朝から飛ばしてますからね、みんな天神までの西鉄車内、爆睡です!(でも「天神」は終点ですから!)
syowa misegamae
「照和」はまさに天神駅の真ん前、Aniたちの感覚では、ライブハウスってどちらかといえば不便な場所にあるイメージなので、ちょとびっくりです。でも昔は駅ビルもなかったはずですから、昔は案外いかがわしい場所だったのかもしれません。

パッと見、それ程目立ちません。が、そばに行って見ると、通路(店はB1なのでその階段)に、「照和」から巣立ったミュージシャンの写真等が貼ってあるので、ここがあの伝説の「照和」か! と、実感が湧いてきます。

入店、客おらず。
ライブハウスと考えれば、むしろ16時すぎならリハで入店できないのが普通なので、客がいないのは不思議ではありませんが、店内はライブハウスというより、喫茶店ぽい趣、健全感いっぱいで、なるほど、フォーク系はロック系とは違うのね、とんがった緊張感、まるでありません。
syowatennnai
我々が入店後、1名入店ありました。(左奥)

とりあえず、本日4本目のビールを注文し、お店の人に了解得た上で店内を物色。
syutuennsya

ステージにも上がってみました。
syowa sute-ji

広くはないですね、チューリップの編成だと、かなり窮屈、陽水とか弾き語りなら、全然問題ない広さです。

基本、アコ系でやる箱なのでしょう、ドラム、ベースアンプ、ギターアンプがおいてはありますが、あまり使われていない模様。
このヤマハのベースアンプ、かなりのレア物です。見たことない。
yamahabe-an

お店の人は観光客慣れしているんでしょうね、みんなで店内をうろちょろしているのに、ニコニコ笑って見ています。

ステージの壁には、ここを巣立ったミュージシャンのサインでいっぱいです。
チューリップ、海援隊、長渕剛、鮎川誠etc
サイン_n
で、最後に全員でステージに上がり、記念撮影!
お店の方にシャッターお願いしました。
これがまた、シャッター押しのときの掛け声が可愛くて(ワン・ツー・チュリー?)、これはこれでいい思い出になりました、サンキュー!
syowa syugou

「我々のようなじいさんでも、このお店のステージに立てるんですか?」と聞いてみたら、「皆さん、貸切にして楽しんでいますよ!」とのこと。

なるほどそうか、これは本気で考えるかな?

「照和」をあとにし、次のミッション、本来の目的である「ラー食」です。

中洲川端商店街。

昨日から何度もこの商店街に来ていますが、好きだな、ここ、なんかホッとします。

で、目的のお店はここ!
miso misegamae
なんと、博多まで来て、あえて「味噌ラーメン」です!

豚骨メッカの彼の地での「味噌」って、興味ありません?

Aniは「味噌」といえば、サッポロ系をイメージしますが、そのまんまなのでしょうか?

メニューはこんな感じ。
miso menyu-

九州らしいといえば、「ちゃんぽん」「皿うどん」があること。
レギュラーで、普通に並んでます。

で、みんなで「特製」とノーマルはどこが違うか確認した上で、結局全員が「特製」を注文!(悩む必要なかった!)
misora-men
お店の方の説明では、特製は「こってり」とのことですが、関東人のAniたちにはノーマルかな。

味噌は恐らく九州地方でポピュラーな「麦みそ」
それもあって全体的に「ライト」な印象でした。

まだ日が高いぞ(そもそもこちらは、日が暮れるのが遅い)、次の予定はオープントップバス!

いやー、50すぎのオジさん、オバさん軍団、元気あるな!

(次回、最終回。乞うご期待、よろしくです)
関連記事
2014/08/10 08:14 散歩・旅行 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://huazhong.blog.fc2.com/tb.php/113-f91f82ab
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。