歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター
タイ料理が好きです。

最初の出会いは20年以上前に出張で訪れたバンコク。
辛くて、甘くて、酸っぱいという、和食っぽくも洋食っぽくもない、独特な感覚にはまりました。

それからは出張、バカンスでバンコクを訪れるたびに堪能し、日本や香港でも、レストランを見つけてはちょいちょい通っていました。

また2年前まで住んだ住吉・錦糸町界隈は日本でも有数なエスニックタウンでしたので、高級タイレストランからカウンター形式のカレーショップなどいろいろあっって、ことタイ料理に関しては困りませんでした。

先週の週末キッチンの棚をゴソゴソしてたら、こんなのが出てきました。

横ですみません

確か草加駅ビルの北野エースで買ったはず、すっかり忘れていました。
こっち(草加)には、近くにタイレストランがありません。
だからたまに無性に食べたくなるのですが、わざわざ錦糸町まで食べに行くのさすがに面倒なのです。
誰かを誘うにしても、タイ料理というといまいちノッてきません。

それでどうしたもんかと思っていたら、ふらっと入った北野エースでこれを見つけました。
早速買ったのですが、変なところにしまったせいで、すっかり忘れていたのでした。
もとの場所に戻すとまた忘れそうなので、賞味期限は十分ありましたが、作ってみることにしました。

まずは材料、こんな感じ。

銀色の袋はココナッツミルクパウダー、左下がカレールー、右上はナンプラー(タイのお醤油)、その下は、香草(内容不明)

で、具材を

こんな感じでカットします。

2~3人前です。パッケージに書いてあるレシピより、野菜はちょっと少なめかな。多すぎて薄味になるような気がしたので。

で、その後はレシピのとおりに料理しました。

まずはカレーペーストをサラダ油で伸ばします。

火にかけて馴染んだら、鶏肉を入れて炒めます。
(ここまでの工程の写真は、撮るの忘れましたm(_ _)m、)

軽く火がとおったら、水に溶かしたココナッツパウダーを投入し、乾燥スパイスを投入。


沸騰したら野菜を  しめじ、なす、ピーマンの順に入れ、

最後にナンプラーで味を調えて


出来上がりです。


初めて作りましたが、悪くない出来です。レシピ通りに作れば、だれが作ってもそんなに失敗しないと思います。
肝心の味のほうですが、普通にタイのグリーンカレーに仕上がりました。
決め手はココナッツミルクのようです。
これをを使うと、どうもタイ料理っぽくなるみたいです。

タイ料理初心者の方は、書かれているレシピ通りに作るのがいいでしょう!マイルドな仕上がりです。

で、タイ料理上級者の方については、自分のお気に入りの味にアレンジするのもいいかも。

本場はかなり辛いですから、鷹の爪や青とうがらし(辛いのはなかなか売ってませんが)を加えたらいいでしょう。

あと、ナンプラーは味を見ながら加えてください。
Aniは添付のナンプラー、何も考えずに全部入れてしまったら、少ししょっぱかった。

この商品、普通のスーパーにはおいていないと思いますが、北野エース、成城石井、紀伊国屋スーパーなどの高級スーパーなら置いてあると思います。(ブランドは「タイの台所」)

たまにはエスニックって気分の時、お薦めです。






関連記事
2014/07/17 13:05 レシピ・グルメ TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://huazhong.blog.fc2.com/tb.php/110-f3180b89
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。