歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター
先週から話題の「都議会セクハラ・ヤジ事件」

連日マスコミが報道しているので、事の詳細は書きませんが、今回の事件を通して別に思うところがあったので、そのことについて今日は書きます。

「早く結婚したほうがいいんじゃないの」

これだけ世の中で、セクハラだ、パワハラだといわれているときに、事もあろうか都議会でこんなヤジが飛び交うとは...
あきれてものが言えません。

ただこの発言を聞いたとき、言ったのは恐らくAni達より年配の方だろうなと思いました。

60代後半以降の方の発言なら、もちろんその発言が許されるわけではありませんが、そう発言してもわからないでもありません。

この世代の方たちは、男女は概ね結婚し、女性は専業主婦というのが当たり前だった時代の方達ですから、「なんで結婚しないんだ、早く結婚しなさい」と、別段悪意もなく口にしてしまうこともあるかな、と思ったからです。

ところがこの発言者、51歳。ほぼAni達と同世代、そのことに驚きました。

だって我々の世代は、この手の発言はよほど慎まないとヤバいということを最初に肝に銘じた世代だと、Aniは思っていたからです。

就職してすぐ「男女雇用機会均等法」が施行されました。
施行の効果があったかは別として、その後男女の別による差別的扱いは法律で禁じられました。
この時からあらゆる局面で、「男であること」を理由に威張ったり服従させたりすることは、ことごとく避難の対象になりました。

「セクハラ」なんて言葉も、Ani達が社会に出てからの言葉です。不用意に女子社員をからかって大騒ぎになった上司の姿を、我々の世代は何度も見てきているはずです。

我々は、気を付けないとヤバいことになる事を最初に知った世代だと、Aniは思っていたのです。
何しろ、普通にラッシュ時の電車の載っているだけで、痴漢に間違われるご時世ですから。

ところが、51歳の都議会議員は、何のためらいもなくそのヤジを飛ばしました。(映像で見る限り、そんな感じ)

2つの意味でありえない、ひとつは同世代でこのヤジを飛ばすアホがいること、二つ目はそのアホが都議会議員だということ。

TVの街灯インタビューで、「こんなことは企業など、一般社会では到底許されない」という声が多いですが、同感、当然、セクハラで完全にアウトです。

ではなぜ、都議会ではこんなことが起こってしまうのか、それはこの議員が「選挙」で選ばれたからです。

こんなバカなヤジを飛ばす51歳が世の中に一人もいないかといったら、そんなことはありません。なかにはわかっていないやつもいます。

でも普通、そういう人間はえらくなったり人の上に立ったりすることはないです。
何度行ってもわからない人間を責任あるポストに付けていたら、危なっかしくてしょうがない、下手をすると道連れで、こっちまで危なくなります。
だからこういう人間は、初めから重要なポストにつけない。
普通、一般社会ではそうします。

しかし、選挙で選ばれる政治家は違う。
彼らはその手の危ない人間かどうか検証されることなく、票さえ集まれば議員に選ばれてしまいます。
「選挙」という制度の、一つの限界です。

「選挙」は「公平性」が優先されているので、「優秀」かどうかは、選挙では検証できません。
そもそも民主主義って、リーダーになる人間の独走・独裁を防ぐ仕組みだから、どんなに優秀でも地位を利用して自分の身内の便宜を図るような人はNGなわけです。

だから、「なりたいだけの人」がたまに議員に選ばれたりします。特に、ほかに議員になりたい人がいないときは。
いや、どちらかといえば、今は「なりたい人」ばかりが議員になっている気がします。

皆さん、その後の都議会の対応、どう思います?

ほかにもヤジってた議員、「産めないのか!」
こっちのほうが、よっぽど酷いヤジなのに、結局追求することなく誰が言ったかうやむや。

言った本人、後ろめたくないのか?
なんで周りはそんな奴をかばうの?

結局、一般社会では?な人間が議員になっているって、これでは言われてもしょうがないでしょう。

Aniは世の中全体では、少子化や高齢化の問題について深刻に捉えていると考えています。
でも、なかには全然理解していない「アホ」もいることも否定はできないと思います。

この問題、海外でも大きく取り上げられてしまいましたが、仮にも「議員」なのに、日本ではこの程度なのか、その点で大きく驚かれてしまったのではと。
海外において、議員がこの手の発言をするのは、普通考えられないからだと思います。

さて、どうしたもんでしょう。

でも、責任はこれらの議員を選んでしまった我々にもあるはずです(東京都だけの問題ではありません)

一つには無関心。
まず、投票に行っていない。
投票率が低ければ、「なりたいだけの人」が組織票を集めれば、当選できるわケです。

ふたつめは、候補者のことがよくわからないこと。
争点(基地問題とか)がはっきりしていれば、それぞれの候補者のスタンスがわかりますが、大体の地方選挙は争点なんてない、だからなんとなくイメージで投票しているのが現状では?

少なくとも、一般的な常識を持ち合わせている人を、最低限選びたいですよね。

ハードル高いかもしれませんが、Aniは地方選挙でも、候補者の公開討論会をやったらと思います。
実際に討論させれば、少なくとも、「こいつはなりたいだけの奴だな」、それくらいは、見抜けるとおもいます。
で、ネット配信すれば、みんな見れるし。

あと、間違って選んだことに気づいたら、やめさせればいいのです。

結局選んだ方もそのまま放置するなら、やっぱり地方政治に無関心ってことになりますから。

それくらいやらないと、「なりたいだけの人」がいなくなることはない!

これくらい、やってもいいのでは。
関連記事
2014/06/29 14:27 時事 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://huazhong.blog.fc2.com/tb.php/106-1bdaa4a7
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。