歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター
たぶんこの機会を逃したら、一生見れないかもしれないと思いつつも、チケット取るのは無理だろうなと完全に諦めていたポール・マッカートニーの日本公演。
超ラッキーなことに、知り合いでチケットが余り、今日行けることになりました。バンザイ\(^o^)/
(SENちゃん、ありがと!!!)
もちろん「生」ポールは初めてです。

現在71歳のマッカートニー氏、確か20代前半でデビューしたはずだから、音楽業界歴は50年以上ということになります。

今年54歳になるAniはリアルタイムのビートルズ世代ではありませんが、50年に及ぶポールの音楽活動はほぼ知っています。

ということで、思い出に残るポールの作品を、Aniの人生と重ね合わせて語ります。
題して「Aniとポール」(「花子とアン」を真似てみました)
(添付のビデオ・クリップまで見ると、30分以上かかります。念のため)

「メアリーの子羊」
Aniはついさっきまで、この曲がポール初のソロ・シングルだと思っていましたが、まったくの勘違いでした。
リリースは1973年、ですから、あの名バラード「マイ・ラブ」よりあとなんですね。
http://www.youtube.com/watch?v=NhnTG2T97i4

Aniの記憶では、「最初に聞いた洋楽」だったのですが、実際には、カーペンターズやエルトン・ジョン、ミッシェル・ポルナレフ、スリー・ティグリーズのほうを先に聞いていたようです。

小学生の時に聞いた気がしたのですが、そう勘違いしたのは、曲調が子供向け(?)だったからかもしれません、

曲のモデルはポールの次女メアリー、だからだね!

「抱きしめたい(I wanna hold your hand)」
中学に進学すると、教室にギターを持ってきて弾く奴が現れました。(のちの生徒会長)
やたらカッコよく、、スポーツ系はあまり得意じゃないAniはすぐに飛びついたのでした。
やがてギターだけでは物足りなくなり、3年生になる頃にバンドを結成、しかし集まったメンバー、みんなギターしか弾けません。
そこで、一番財力のあるメンバーがドラムを(一番高かったから)、で、誰もやりたがらなかったベースを(地味だったから)Aniがやることになりました。
http://www.youtube.com/watch?v=3MHkgwA8t-g

当時バンドと言えば、ギター2本にベースとドラムがポピュラーでした、まさにビートルズと同じ。
で、大体初心者はビートルズかベンチャーズから入りました。教則本も多かったし。
で、最初に演奏した曲が「抱きしめたい」
怖いもの知らずですね、結構難曲ですが、当時はそんなこと考えず、演ってましたね。
若いころは、なぜかベースを弾きながら歌えたAniでした。

「ジェット(JET)」
ソロでも十分やっていけたのに、ポールはバンド「ウイングス」を結成しました。
なぜバンドか、妻リンダをメンバーにしたかったから?(リンダはほとんど素人でした)1966年以降行っていないツアーをやりたかったから?
理由は定かっではありませんが、3枚目のアルバム「バンド オンザ ラン」は大成功を収め、そのツアーも盛況、ビートルズ解散以降でポールが最も輝いていた時期の始まりでした。
作品はポールの「ポップス・センス」がいかんなく発揮されており、万人に広く愛される仕上がりだと、Aniは思います。
ただ、このアルバムを最後にAniのポールに対する関心は次第に失われていきました。
「ポールに飽きた?」
そうではなく、ポール以外のアーティストに数多く惹かれるようになったからです。
洋楽の入り口は確かにビートルズ、カーペンターズでした。
でも廻りを見渡せば、ウエストコーストサウンド(ニール・ヤング、ドゥービー、イーグルス)、ハードロック(まだ「ヘビメタ」ではない!パープル、ツェッぺリン)、プログレ(ピンク・フロイド、イエス)、パンク(ラモーンズ、ピストルズ、クラッシュ)etc、70年代から80年代はこれらいろんなジャンルの洋楽がひしめき合っており、それぞれが個性的で、どれもご機嫌だったので、当時のAniはそちらに時間を取られ、ウイングスまでは手が回りませんでした。

若かったからね、「刺激」があるほうが、よかったのですよ。
安定している分、ポールに「サプライズ」は期待できませんでしたから。

そんなウィングスの中でも、「ジェット」は好きな曲でした。
好きな理由は、特にありません。なんとなく、です。
http://www.youtube.com/watch?v=HFOnTfdms90

「大麻事件」
ポールと日本のかかわりの中で、なんといっても一番大きな事件は、この一件でしょう!
「まさか!」と同時に、「「アホか!」が当時のファンの心境でした。

でも今回の再来日に際し、昨今のメディアはこの事件のことにほとんどふれませんね?今更ってことかな。
(火曜日のTBS「あさチャン」で、ちょっとだけ触れていました)

この事件でおかげで、あの名作コメディが誕生しました。
「スネークマンショー」

「はい、菊池です」
よくやったよね、でもほんとに当時は死ぬほど、ワロタ!
http://www.youtube.com/watch?v=gO9O5T9FUas

「セイ、セイ、セイ」
80年の日本公演が大麻事件でキャンセルされたのを最後に、ウイングスは実質的に解散しました。
その後ポールはソロで活動、今までにいくつかヒット曲を出していますが、その中でもAniが印象に残っているのは、マイケル・ジャクソンと共演したこの曲。
http://www.youtube.com/watch?v=QC2Grms55Fw

「スリラー」で人気絶頂だったマイケルとの共演ですから、売れないわけがないといえばそれまでですが、楽曲的にもよくできた曲だと思います。

自分が歌うところは自分で作曲したので、マイケルが歌うパートはマイケルらしく、ポールが歌うパートはポールらくなっています。
それを無理やりくっつけたそうですが、なかなかうまくいっていると思います。
さて、今日はどんな曲が演奏されるのでしょうか?

最新アルバムは聞いてないけど、たぶん大丈夫、演奏する曲の8割方は、知ってる曲だと予想します。

国立競技場ってどのくらい見えるのか(見えないのか?)わかりませんが、音だけ聞けるだけでも充分かな!

って、昨日はびっくりしました、ポール体調不良でライブ中止!

今日も微妙なのかな?頼みますよ、ポール様!!

コンサートの模様は来週のこのブログでレポート、一応そのつもりでいます。






関連記事
2014/05/18 07:43 音楽 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://huazhong.blog.fc2.com/tb.php/100-090b9e02
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。