歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター
さくら、咲きましたね!
skyツリーと桜
(これは去年の写真。草加はまだ5分咲きなので、かわりに猿江公園越しのスカイツリー。)

寒さから解き放たれるように一気に花開く姿は、まさに春の訪れという感じですね。
桜で季節を実感するこの感覚、実は結構日本独特のものだとAniは思います。

というのは、Aniは2003年から3年間香港で暮らしましたが、香港で桜、桜の木自体は日本人墓地のそばに何本かあるらしいのですが、寒くならないので咲かないそうです。

まあ造花の桜は日本レストランなんかで見かけますが、本物を見ることはまず無理です。

最近の東南アジアの主要都市は日系スーパーが当たり前にあって、生活面ではほとんど日本と変わらなく暮らせます。(納豆とか普通に買えます)

なので食生活のその他で日本を恋しいと思うことはほとんどありませんでしたが、NHKのワールドプレミアムで桜のニュースを目にすると(ライセンスの関係で、オリンピックとか大リーグ中継は見れませんが、ほぼ総合テレビ1チャンネルがリアルタイムで見れます。時差は1時間ありますが)、日本は桜の季節なんだなと、無性に日本が恋しくなったことを覚えています。

亜熱帯の香港は、ご承知のとおり四季がありません。
1月からの季節を簡単に言うと、晩秋・初夏・真夏・秋みたいな感じです。

基本的に1年を通じてほとんど暑く、3月ごろが日本のGWごろの陽気です。
そのまま10月くらいまで夏が続き、クリスマスあたりが晩秋の感じで、1年で一番寒くなるのが旧正月(年によって変わりますが、大体1月後半から2月前半)あたりです。
それでも最低気温が10度ほどで、まあジャケットがあれば充分かという感じです。

気候がそんなに変わらないせいか、香港には日本人がよくかわす「天気の挨拶」がありません。

「今日は暑いね!」(毎日暑いのだから、当たり前です)
「いい天気だね!」(だから? そんなに昨日とかわらないけど)

朝の会話の枕詞的に、日本人はお天気のことをよく口にすると思いますが、香港人にこれで話しかけると、??と怪訝な顔をされました。

彼らは「天気」に関して、それほど関心がないようです。
あるとすれば、「台風」(香港では台風警報があって、シグナル8がでると学校や会社は強制的にお休みになります。)ぐらいでしょうか。

四季もそうですが、日によって天気がめまぐるしく変わる日本に暮らす日本人は(最近も、気温差前日比で10度なんてありますしね)、他国の人に比べると、やはり天気に敏感なのでしょうね。

彼らが季節を感じるのは、気候よりも食べ物みたいです。

春の「ライチ」、秋の「上海蟹」、冬はなんと「へび」!体が温まるそうです。(日本人的には温める必要ないと思いますが)

朝一番の挨拶、日本は前述の「いい天気ですね!」みたいのが一般的ですが、香港では「朝ご飯、たべましたか?」です。

関心事は、「天気」よりも「食」、さすが 香港、といった感じです。

さて話を日本の桜に戻しますが、日本は本当にいたるところで桜が見れるのではないかと、06年に帰国したときに改めて感じました。

上野公園など有名どころは数多くあり、それだけでなく皆さんのご近所にも、地元の桜の名所みたいなところは結構あるのではないでしょうか。

Aniが子供のころは、近所に桜鑑賞スポットって、そんなになかった気がします。
ただし、桜の植樹は盛んに行われていました。

当時は高度成長期で、新興住宅地があちこちで開発されたのですが、
なにぶん田んぼや畑を宅地に変えただけので、まわりは結構殺風景でした。
ですので、新しい道路が出来ると、街路樹に桜を植えたんだと思います。

桜って、花の楽しみもありますが、夏は茂った葉が暑い日差しをさえぎり、逆に冬は葉を落とすので歩道に暖かな日差しが入ります。だから街路樹としては適しているのかと、Aniは勝手に思っていました。

その桜たちが30年以上たって、立派な成木に成長したんで、それであちこちで花見のスポットが誕生したんだと思います。


また見頃が1週間というところも、桜のいいところですね。

見逃さすまいとその一週間の間でで桜を見れた時は、得も知れず満足感があります。
「日本に暮らせる幸せ!」みたいな、そんな感じです。

また仮に見逃したとしても、その気になれば東北方面に北上すれば楽しめるところが、これもまた桜のいいところではないでしょうか。
最後はGWの青森でも桜が楽しめるって、世界的にもそうないことだと思います。

思い思いの「お花見」、皆さまどうぞお楽しみあれ!



関連記事
2013/03/23 10:58 散歩・旅行 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://huazhong.blog.fc2.com/tb.php/10-e5662348
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。