FC2ブログ
歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター
先々週、先週となんだかバタバタしていて、ブログの更新 サボりました。(>.<) いかん、いかん。

世の中は、ラクビー・ワールドカップ、即位の礼など、ブログネタになりそうな話題はあるのですが、記事にするほどの知識と興味がありません。

ということで、困ったときのテレビネタ、ではないですが(笑)、今週の秋ドラマの中で、Aniが注目している(=観る)ドラマを紹介します。

1.孤独のグルメ Season8 (テレビ東京 金曜 0:12 )



Season1が始まったのが2012年ですから、もう7年目に突入です。
深夜ドラマ枠ですがかなりの人気作なので、あえて細かく内容は説明しません。

簡単に言えば、下戸でフリーのインテリア・コーディネーターが、仕事途中でで気になった飲食店のランチを独り言で食レポするだけの内容、このスタンスはずーっと変わりません。

中年男が飯を食ってるシーンを見て、何が面白いんだろうと、時々思いますが、多分取り上げるお店が、有名店やお高いお店ではなく、近所にもありそうな庶民的なお店ばかりなので、かえって飽きが来ないのかもしれません。


2.まだ結婚出来ない男 (フジ 火曜 9:00 )



13年前に好評だった前作の続編です。

もう13年も経ったんですね、前作で40歳だった主人公は53歳になりました。

主人公はフリーの建築家で高身長・高収入。でも結婚に至れないのは、本人がかなりの「変わり者」だからというのが、前回のテーマでした。その変わり者ならではの、変な こだわり が引き起こすドタバタを面白おかしく描く、ジャンル的にはコメディーです。

40歳なら当時でも、年齢で(いい歳)だから敬遠されるということはそれほどないと思うので、それでよかったと思うのですが、今回は53歳、かなり「いい歳」になりました。ただの変わり者コメディーでは、ちょっと痛すぎますね。そのへんを意識してか今回は「老後」もテーマになっているようです。主人公が建築家としての立場から、バリアフリーなど、たまにためになることを言ったりします。

Ani自身に重ね合わせて、自分にも似たようなところがあるのかも、という興味で観ている部分があることは否定しませんが、40代のヒロインたちが(吉田羊、稲森いずみ)が、お母さん的役どころではなく、まだまだイケてる「いい女」に描かれているところが気に入っています。

3.俺の話は長い (日テレ 土曜 10:00)



最初に惹かれたのは、タイトル!いかにも、面倒くさそうな主人公が、屁理屈を並べそうな感じですね。

主人公はこだわりの珈琲店を開店するも半年で閉店、でその後、実家に寄生しているプータロウ(ニート=引きこもり ではありません)。

この男が、家族からの様々な「攻撃」(32歳で無職、そりゃ家族は何か言うでしょう)に対して、とんでもない「屁理屈」でやり過ごしていく様が描かれます。

ただ、主人公は自己チューでやな奴ではなく、文句を言いながらも家族のことを考え行動します。ダメな奴ではないんです。

恐らく、最後はプータロウを卒業して何かをはじめるんでしょう、そこまでのプロセスを楽しむドラマなのかな。

あと、姪っ子役の 清原果耶(きよはらかや)に注目しています。



17歳、朝ドラ「なつぞら」、オロナインCのCMにも出ていますね。この先、ブレイクの予感。

それから、Aniは小池栄子のファンです。


主人公(生田斗真)の姉夫婦役。

4.一人キャンプで喰って寝る (テレビ東京 金曜 0:52)



「孤独のグルメ」のすぐあとに、この番組をオンエアするって、テレ東 なかなかのチャレンジャーですな。グルメネタ 2連発。

遅咲きキャンパーのAni、でも一人キャンプ=ソロキャン はまだ未経験なので、非常に興味あります。
キャンパーの中には、食は「なんでもいい派」(コンビニ弁当でOK)もいるようですが、Aniは断然「こだわり派」です。

第一回目は「燻製」でした。わりと定番。キャンプでなければ出来ない、やらない調理ですね、いい酒のつまみになります。

ソロキャン いいな、観ているとそんな気分になります。なんとか実現したいと思っているので、この番組はかなり参考になりそうです。

以上、4作品。全部リアルタイムの視聴は無理でしょうから、録画することになるので、これぐらいにしないと消化できません。

こうして並べると、3作の主人公が独身男で、あとの一つは ひとり遊び。

今回だけ たまたまなのか、企業ものとか恋愛ものとかには食指が行きませんでした。

なんか 寂しい感じですが、至って本人は寂しくありませんので、ご心配なく(>_<)

PS。ライブ告知 下記を参照くださいませ m(_ _)m

http://www.rubber-soul.jp/





 
2019/10/22 19:00 映画・テレビ TB(0) CM(0)
先週終了した 朝ドラ 100作目の 「なつぞら」。

最終回で挿入されたアニメ・シーンが、ちょっと話題になっていました。



主人公の 奥原なつ は、昭和20年3月10日の東京大空襲に遭遇し母親を亡くしています。第一回のオンエアでは、その模様がアニメーションで放映されました。

その同じアニメ・シーンが最終回でも登場します。というのも、後にアニメーターとなった なつ と、その夫である 坂場一久 が、
なつ の戦争体験を劇場映画として作成することになり、その作品の紹介シーンで同じアニメが使われたのです。

のちにアニメーターになることは知っていたので、Aniは初回放送でこのシーンが流れたときは、「それもあるね!」と思いましたが、そのアニメがあまりにジブリの「火垂るの墓」に似ていたので、「こんなに似せていいのかな?」とも思ったりもしました。

で、最終回で再登場、このドラマを見ていた多くのアニメ・ファンは、「ああ、つながった!」と思ったそうな!

というのも、ドラマの主人公である 奥原なつ と その夫 坂場一久 は、その元となった実在の夫妻がいて、その方たちが「火垂るの墓」の制作スタッフだったからです。

日本のアニメの創成期からの歴史を時系列に紹介するというのが、このドラマのひとつのテーマになっているということには気づいていましたが、それぞれの登場人物にそのモデルがいることまでは想像できませんでした。

まずは、主人公 なつ のモデルは この方。

奥山玲子 (おくやま れいこ)



1936年 仙台出身ですから、年齢設定はなつと同じですね。残念ながら 2007年にお亡くなりになっています。
なつのような戦災孤児ではなく、東北大学を出て 東映動画に入社。

奥山が 劇中では 奥原 になり、東映動画が、東洋動画。

東映動画といえば、「東映まんがまつり」。我々世代は子供の頃の夏・冬休みに、親にせがんでよく行ったものです。

彼女の手がけたテレビアニメで代表的なものは、

「狼少年ケン」
「魔法使いサリー」
「ひみつのアッコちゃん」
「マジンガーZ」

ドラマでは、デフォルメされて以下の作品で、なつが作画監督を務めています。



「魔法少女アニー」

見てわかるとおり、サリーとアッコちゃんを 足して2で割ったキャラ。で、魔法の呪文は「テクマクマヤコン」ではなく、「キラキラバンバン、キラキラアニー」 (>_<)

またドラマでは、主人公のなつが、毎回当時最先端のファッションで会社に出社してました。
設定としては、当時一緒に暮らしていた兄の咲太郎の育ての親の元ダンサー 亜矢美さんのワードロープを着まわしていることになっていますが、実際の奥山玲子さんも美人で大変おしゃれな方だったようで、同じ服を着ているところを見たことがないという逸話が残っています。

小田部洋一



この方は 玲子さんの夫。ドラマの なつ の夫、坂場一久 です。上はお夫婦一緒の写真。

「アルプスの少女ハイジ」は、この方が キャラクターデザインを手がけています。



ドラマに登場する「大草原の少女ソラ」、ドラマでは原作として「大草原の小さな家」を挙げていますが、これはアニメ化されていないので、アニメのイメージとしては、ハイジでしょうか。まあ、「小さな家」の実写版は、NHKのヒット作でしたから、その絡みもつけたのでしょう。

で、この方は、ドラマ「なつぞら」の制作スタッフの一人です。「アニメーション時代考証」担当。
日本アニメ界の「生き証人」が制作に関わっているわけですから、当時の雰囲気がよく描かれたと感じます。
また主人公は亡き妻がモデル。感慨深いものがあったのでしょうね。

他にも、なつ の同僚で 元AKB 渡辺まゆが演じた茜さんのモデルは、のちの 宮崎駿監督の奥さん、先輩のマコさん(貫地谷しおり)、色彩デザインの ももっち(井原六花=バブリーダンスの登美丘高校OB)にも 該当するモデルがいるそうな。

で、それらの方たちに共通しているのは、その方たちが 後の「スタジオジブリ」の創設メンバーであること。

なのでドラマのアニメには、どことなく スタジオジブリの香りがします。

で、最後に、ちょっとこじつけっぽいですが、



松嶋奈々子 演る なつの育ての親の役名は 「富士子」

これは、「峰不二子」をもじったのではと、一部のアニメ・ファンは言っています。

「ルパン3世」はジブリ作品。確かに、そんな気がします。


かように、放送が終了してからも楽しめる今回のシリーズは珍しいですね。

PS。おまけ



これもドラマに登場した「キック・ジャガー」

これも、「タイガー・マスク」と「キックの鬼」の合体ですが、ストーリはほぼ「タイガー・マスク」でした。

両作ともやはり東映動画作成、実際には、この両作品に奥山・小田部夫妻は関わっていないのですが、タイガーは当時のアニメの代表作として、やはり外せなかったのでしょう。
その他、「デビルマン」がモデルの作品も、ドラマにチラッと登場します。

やばい、もう一度観直したくなってきた(>_<)
2019/10/06 10:39 映画・テレビ TB(0) CM(0)
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。