FC2ブログ
歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター
このところ、ずっと気になっているニュースがあります。

香港で行われている一般市民による大規模なデモ。
デモの理由は、香港政府が導入しようとしている「逃亡犯条例」改正案。
簡単にいえば、中国国内で犯罪を犯した容疑者が香港に入国した場合、その容疑者を中国に引き渡せる取り決めを香港政府と中国政府とのあいだで取り交わすことです。

表向きは当たり前に思えることなのですが、相手が中国となると話が違ってきます。
残念ながら現在の中国の司法制度は、他国から見ればとても公正に行われているとは言い難い状況です。

よくわからない理由で日本人駐在員が逮捕・拘束される事例はよく耳にしますし、特に香港人の場合は本土に行ったっきり帰ってこない、あとになって中国公安に拘束されてたなんて事例が数多くあります。

そのへんの詳しいことについては、下記を参照ください。

https://tana-tyu-u.com/culture/1128/

Aniは2003年から3年間香港に駐在していましたので、香港のことはやっぱり気になります。あと、少しばかり現地に金融資産を残してきているので、入国出来ないなんてことになったら非常に困ります。

当ブログで、前回起きた「雨傘運動」について記事にしています。読み返してみたら、香港と香港人について詳しく書かれていたので(我ながらちゃんと書けてます)、これを読んでいただけると、今起きていることの背景がわかると思えます。

http://huazhong.blog.fc2.com/category7-7.html#entry122

http://huazhong.blog.fc2.com/category7-6.html#entry126


先週は香港トップの行政長官と市民との対話が行われたようですが、議論は平行線に終わったようです。
まあそうでしょうね、市民側が求めている 5代要求
1. 改正案の完全撤回
2. 警察と政府の、市民活動を「暴動」とする見解の撤回
3. デモ参加者の逮捕、起訴の中止
4. 警察の暴力的制圧の責任追及と外部調査実施
5. 林鄭月娥の辞任と民主的選挙の実現

1.については実現しましたが、あとの4つは 香港政府というよりも中国政府がそのメンツをかけて、受け入れないでしょう。

それにしても、市民側の抵抗、ずいぶん続いている感じがします。なんだかんだで3ヶ月近く、かなり経済的に影響が出ているはずなのに、「お金」優先の香港人にしては異例です。
そしてもうひとつ異例なのが、今回のデモが非常に「過激化」していることです。

前のブログで、Aniは香港人は「お金」優先で、「西側先進国」の市民感覚を持った人たちと書きました。が、今回のデモ隊による破壊行動、とてもAniの知っている「香港人」のやることとは思えません。

香港駐在時代に中国本土で反日暴動が起きました。日本車が破壊され、日本大使館が襲撃されましたが、当時の状況を香港人たちはかなり冷ややかに見ていました。
香港も第2時世界大戦中に日本に占領されていますから、反日感情が全然ないわけじゃありません。
でも彼らいわく、自分たちはあんな「野蛮」な方法で抗議活動などしない、もっと冷静に理性的に活動すると。

Aniの知る香港人は、「野蛮」もそうですが、泥臭くて汗臭いことは嫌いです。
階級社会で底辺層がそういう暮らしを強いられているので、それもあるかもしれませんが、「知恵」と「お金」を使ってスマートにお金儲けをすることが、ある意味「美徳」とされています。

例えば香港では「格闘技」が、全く人気がありません。駐在した3年間でプロレスやボクシングなどの興行を一度も見たことありませんし、メディアも全く取り上げません。
いやいや、ブルース・リーやジャッキー・チェンのカンフーはどうなんだ?という声が聞こえますが、街中でやってるところを見たことないし、道場やジムも見かけなかったな。

またスポーツについて言えば、彼らはあくまで健康のため趣味として楽しむことが主眼で、勝負事としての追求はあまりしないように思えます。
もともと彼ら広東人は体格的に恵まれていないので(日本人よりちっちゃい)、なんのスポーツにしても不利な側面がありますが、日本人のようにそのハンデを跳ね返そうとする気が全くない。なぜならそれは「非効率」だから。結果が出る可能性が低いことにチャレンジはしません。

だから香港で強い競技は、比較的に体格ハンデのない卓球くらいでしょうか。プロサッカーやラクビー7人制などもありますが、どちらかといえば主体は外国人選手ですしね。

かように、Aniのイメージする「香港人」って、平和的で「ひ弱」な人たち。特に若者たちは温厚で軟弱で、みんな「オタク」に見えるほどでした。

なので彼らが今回のデモで、空港や地下鉄の出入り口に火炎瓶を投げつけている姿に衝撃を受けました。どうしちゃったんだ、香港人。

彼らがここまでの行動を示すということは、Aniが駐在した10年前に比べて、それだけ「民主主義」が迫害されているということでしょうか。

大量の中国マネーが流れ込んだ影響で、ただでさえ高い香港の不動産が更に高騰していると聞きます。なだれ込んだのはお金だけでなく「人」もそうで、本土からやってきた金持ち中国人の姉弟が、そのコネの関係で就職等で優遇されており、もともといた香港人の若者には、自分の将来に対する「絶望感」が広がっていると聞きます。

あの温厚な彼らがここまで暴れているということは、我々が考える以上に香港の「中国化」が進んでいるということなのでしょう。
今回は若者だけでなく、多くの大人も引き続きデモに参加しています。やはり「危機感」の現れでしょう。

そもそも「1国2制度」(返還前の政治・経済体制の維持を50年間保証する制度)に関しては、当初から本当に50年間も保証されるのかという疑問の声が上がっていました。
天安門事件の対応を見れば、いざとなったら無理やりにでも「中国化」してしまうだろうと。

流石に今回のタイミングでそれをやったら、国際社会、特に米国から相当の非難を受けるでしょうからやらないとは思いますが、もし現在の国家主席の習近平が党規約を変更してこのまま権力の座に座り続けるようなことがあれば、多少の非難は覚悟の上で強引に香港を「中国化」してしまう気がします。

金融資産の件があるから、この先一度は香港に行かねばなりません。
なるべくその「Xデー」が、すぐに来ないことを祈るばかりです。
2019/09/22 13:35 香港 TB(0) CM(0)
3連休の最終日は生憎の雨、でも「やさしい雨」なので、雨が嫌いじゃないAniにとっては開け放した窓から流れ込む、ひんやりとした空気が心地良いです。

ただ台風被害で片付けに忙しい千葉方面の方にとっては「恨みの雨」ですね。

これといってすぐに何か手助けできるわけでもありませんが、停電が解消されて少し落ち着いたら、「観光」で千葉を訪れるのがいいかもしれません。
被害を慮って「観光」を自粛してしまうと、かえって地元にとってはマイナスですから。

ボランティアは誰もができることではありませんが、「観光」で地元にお金を落とすことは、訪れる方も迎い入れる方も互いにハッピーになれるので、いいことではとAniは思います。

さて、一週お休みしてしまいましたが、GWに行った全県制覇/山口・大分編の総括を、ちょっとだけ。

全県制覇の旅は、単なる通過はNG、その県で何かしらを行うことがAniの設定したルールなので、どうしても駆け足の旅になりがちです。
なぜならこの旅を思いついた時は、すでに仕事や観光で訪れた以外の「県」しか残っていなかったので、遠いかそんなに行きたい場所がなかったところばかりです。

また効率を考えると(いわゆる「趣味」の類ですから、別に「効率」を考える必要はないのですが)、一回の旅で「2県」はこなしたい、かつ長いお休みは取れないし、お金もそんなにかけたくない(その時点で結構未訪問の「県」は残っていたので)、なので「1車内泊(夜行バス)1泊2日」というスタイルがほとんどでした。

このスタイルだと、1県1目的地が基本、スケジュールを守り上手に交通機関を利用しないとこなせません。

それに比べて今回の旅は、1車内泊4泊5日のロングスケジュール、1県で2箇所の目的地を設定出来たので、いつもの旅より余裕はあったかな。先に宿だけは確保していたので、精神的にもです。

そもそも山口県と大分県をめぐるのは、そんなに効率のいい旅ではありません。隣り合っていないので移動に時間がかかります。
旅行会社ならこんなプランは立てないでしょう。

だから別府にたどり着いたときは、「ずいぶん遠くまで来たな」と思いました。バスと電車をいくつも乗り継ぎました。特に山陰線で萩から下関までの移動は鈍行、ほとんど人のいないローカル駅をいくつも停車したので、余計にそう感じたのでしょう。

意外と面白かったのは下関。都会なので期待していなかったのですが、結構観光地があって2泊しても十分楽しめるかな。今回は隣り合う門司はパスしてしまったので、それも含め、近くの温泉に泊まって「ふく」を食べる旅をいつかしてみたいと思います。

旅はいいですね。

そろそろ還暦に手が届く周りの友人たちも、近頃盛んに「旅」をしています。そういえば、Aniの両親も5、60代のときはあちこち出かけていましたっけ。

それだけ「時間」があるということなのでしょうが、還暦すぎれば「定年」、ますます時間はできます。

人生100年時代の声も聞きますので、還暦過ぎてすぐに足腰立たなくなることはないでしょうが、元気で動けるうちはAniもあちこち旅をしたいなあと。

さて、全県制覇の旅、残すは「鹿児島・宮崎」のみ。

この旅は旅行会社のツアーでもよく見かけるので、次はそれでもいいかなと。
思いっきり「ベタな」観光旅行も、たまにはいいかなと考えています。

誰か一緒に行く?

2019/09/16 12:36 その他 TB(0) CM(0)
最終日。

前日の湯布院訪問で、この旅の目的はほぼ達成したので、この日は予備日みたいなもんです。

前日湯布院から直接帰ることも考えたのですが、そうすると湯布院をたっぷり楽しんだら到着が夜中になりかなりしんどい。
しかし到着時間を考えてしまうと、中途半端に湯布院をあとにすることになります。
まあこの長い連休、慌てて帰る必要もない、ということで、別府の近場で手頃なところがあれば寄って、なければそのまま新幹線に乗ってもいいかと思っていました。



とりあえず宿をチェックアウトし、別府駅前。
昨日ロッテリアだったので、今日は立ち食いそばなんかが良かったのですが、そういうのはありません。
と、売店で うまそうなおにぎりがあったのでそれをゲット。具はたしか「鶏肉」。

で、ほおばりながら、さっき入手した観光パンフレットを眺めていたら、そうだ、ここ有名だったじゃないか!



「別府地獄めぐり」(Aniの自撮りではありません。マニュキュアしてるし。ネットから拝借しました)

ま、積極的に行きたい場所かと言われれば?です。
ま、どんな場所かはだいたい予想ができます、恐らくベタな「観光地」

でもここからバスで20分ぐらいで、ぐるっと回って2時間程度、お昼前に駅まで戻ってこれるので、それなら夜遅くならないうちに自宅へ帰れます。



前日までの曇天ではなく、今日はいい天気です。
徒歩の散策にはちょうどいいですね、ということで、地獄のある「鉄輪(かんなわ)温泉」へ。



まずは「血の池地獄」。

ここと「竜巻地獄」はちょっと離れているので、鉄輪温泉からバスで移動します。といっても3Kmくらい、約7分。



名前に偽りなしですね、ここは。赤い、鉄分が多いのでしょう。





地獄といえば、「鬼」は定番。



「竜巻地獄」。間欠泉(お湯が吹き上がるやつ)



30~40分間隔で吹き上がるのは、世界でも珍しいそうです。普通はもっと長い間隔らしい。



そんなに大きいものではありません。3mくらいかな。



待ってる時間を考えると、この観客席が必要なのでしょう。



始まりました!ん、吹き上がらない?途中で「蓋」がされています。



時間にして6、7分。 そうか、あれ以上高く拭きあげたら、熱湯が飛び散って危険だからですね。



ここは見せ場が間欠泉しかないせいか、山沿いに上の方へ散策できるようになっています。なぜか南国風?



咲いていた時も綺麗だったでしょうが、散ったツツジも絵になります。



またバスに揺られて戻って、今度は「白池地獄」



名のとおり「白い池」。さっきは「赤」で今度は「白」。別府はいろんな泉質なんですね。



「鬼山地獄」 地獄なので「鬼」かと思いきや、名前の由来はここの地名が「鬼山」だからだそうです。



ありがちな。



なぜか「ワニ」。でっかい剥製です。



へえ~。



いまでは「ワニ園」は、そんなに珍しくはありませんが、ここは日本で初めて(1926年)温泉熱を利用したワニの飼育を始めたところだそうな。当時は人気だったのでしょう。



「かまど地獄」 昔近所の神社のお祭りのときに、ここの蒸気でかまどでご飯を炊いたのが、名前の由来。



ありがちな その2。









ここはいろんな泉質がありました。



「鬼石坊主地獄」 「鬼石」は地名。





ここは温泉がボコボコ吹き上がって、それが「坊主頭」に見えるので「坊主地獄」になったそうな。



「海地獄」 この写真に見えるのは、鯉が泳いでいる普通の「池」



で、奥にあるのが「海地獄」。青みがかった色が、「海」みたいだからだそうな。Ani的には、ちょっと無理があるかな。



温度は一番高くて98度。お約束の「温泉卵」。でも、どこで売っていたのかな?



温泉熱を利用して、ここでは「蓮」が栽培されていました。



ここも「鬼」がかかっています! この大きな蓮の名は、「大鬼蓮」

ということで、地獄七箇所めぐり完了!
普通、2時間以上かかるところを1時間ちょっとで駆け足でめぐりました。
というのは、帰りのバスの時間を確認するため、鉄輪温泉のバスステーションに寄ったとき、GWの渋滞が予想され、大分駅までのバスは何時間かかるかわからないと言われたため。

さて、どうする、あきらめて帰るか?

でも Google Map で調べると、駅までは5km弱です。歩いて1時間30分くらい、歩けなくはない。
11時までに見学を終えれば、余裕で帰りの新幹線に間に合います。

で、地獄めぐりは10時半前に終了、これから歩いて別府駅まで戻ります。



バスできた道をそのまま戻るのが最短距離のようです。で、しばらく歩いて振り返ると、なんとお城が見えます。
たしかあのあたりをさっきまでうろちょろしていたはずなんですが、全然気付かなかったな。

あとで調べると、お城は「貴船城」。バスで行った「血の池地獄」のそばでした。



鳴門うどん。聞いたことあるような。後で調べたら、大分のチェーン店。こっちにあるのは「鳴門製麺」。



「3玉」まで無料って。一度はチャレンジしてもいいかな。





手書きじゃないけど、いい味出してる看板。





もうすぐ「こどもの日」ダネ!



ここは激しく、心誘われました。



時間があったら、絶対に入浴してたな。



別府駅前の喧騒と違って、ちょっと離れると昔ながらの商店街。



で、別府駅到着。
ここを離れるまで1時間近くあるので、ゆっくりお昼を楽しもうとお店を探しましたが、もろ昼時にあたってどこも満席です。

で、駅ビルのフードコート。まずはコンビニでビールを買って。



やっぱりここは「冷麺」だな。もともとAniは「冷麺」好き ですから!
で、お味はといえば、オーソドックスな感じ。Ani的には満足。



この列車で北九州まで行って、そこからは新幹線。



JR九州の車両って、色がいいよね!

カップ日本酒をちびちびやりながら車窓を楽しんでいると、



「宇佐」? 聞いたことあるな。

USA だから、「星条旗」に似せているのね。面白い。

と、いうことで、

「目指せ全県制覇! 山口・大分編」 終了!

お疲れ様でした!自分!

旅の総括は、次週にします。

旅よりも、ブログアップのほうが、大変でした(>.<)

お付き合いいただいて、感謝、御礼申し上げます m(_ _)m
2019/09/01 16:50 散歩・旅行 TB(0) CM(0)
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。