FC2ブログ
歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター
そろそろ 「あまちゃん」 以来の大ヒットを期待していた、現在放映中の 「半分、青い。」

なんか最近、違った意味で話題になっているようです。

その1:話の展開

主人公 楡野鈴愛(にれのすずめ)が、少女漫画家を目指して奮闘するストーリ展開が続くかと思いきや、漫画家デビューはしたものの自分の才能に限界を感じて、あっさり100円ショップの店員になってしまいました。

齢30歳。半年間オンエアする朝ドラの場合、歴史ものなら生まれてから死ぬまでを描くことが多いので、これぐらいのペースで歳をとっていくのは普通なのですが、現代物のオリジナル作品の場合はそんなに過去から描けないので、主人公はもっとゆっくり歳をとるのがこれまでのペースでした。

例えば「あまちゃん」だと、主人公は高校1年生から始まり、最後は25、6歳だったと思います。

で、今回の「半分、青い。」

そこからあっという間に結婚して、子供が生まれ、そして離婚。漫画家を辞めてから放送期間にして2ヶ月弱でこの展開、主人公は昨日の時点で37歳になってしまいました。


ぎり、「37歳」に見えるかな(>.<)

巷ではこの展開の速さに戸惑っている声が多数聞こえます。
次の展開を予想する間もなく、またエピソードの余韻を楽しむまもなく、話が次に展開していくので、正直印象に残らない。
このところ、話がどんどん進んでいくのを、淡々と見守っている感があります。

あきらかに、このようなストーリー展開はこれまでの朝ドラにはなかったので、脚本家を含め、NHKとしては実験的(?)な挑戦をしていることは間違いないでしょう。

果たしてこの「挑戦」、吉となるのか?

今のところAni的には「様子見」ですね。
見れなくはないのですが、面白いとは言い切れない。

まあ、どういう結末に持っていくのか、興味深いといえばそうですね。

その2:脚本家の行動

話の展開に関して、以上のように賛否両論なのですが、それに対して脚本家の北川悦吏子氏が、いちいちツイッターでコメントしていることが、どうも話題になってるようです。

Aniはツイッターを見ないので、内容については確認できていませんが、批判があれば反論したり、先取りのネタバレなども行っているようです。

これも含めて「実験」なのか。

わざわざ、他のメディアを使って自分の作品に対する「解説」、悪く言えば「言い訳」をするのはどうなんだろう。

ツイッターまでを含めて、ひとつの「表現」にしたいのでしょうか。

ちょっとそれについて、Ani的には「理解不能」です。

それでも、最後までちゃんと見るつもりです。

もう「習慣」になってしまったので、「見ない」という選択肢がないのです。





2018/08/12 12:05 映画・テレビ TB(0) CM(0)
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。