歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター
本日は「閑話(むだばなし)」です。(毎回、そうか? (:>_<:) )



何かと物議を醸し出す、この人。

実はAniの出身高校(埼玉県立越谷北高校)の後輩にあたります。

社会学者さんです、慶応大学卒で東大大学院で学んだそうな、へェー、北高からこんな卒業生も出るようになったんだね。
(東武伊勢崎線、もとい、東武スカイツリーライン 沿線では 我が校は「北高」で通っています。埼玉県内で言えば他にも「北高」はたくさんあるので、あくまでこの沿線での呼称です)

彼とAniの年齢差は25歳なので、北高も我々の頃と彼が通っていた時とでは、だいぶ違いがあります。

我々の時代の北高は創立10年未満の新設校で、一応進学校ではありましたが、新しいだけに「伝統」みたいなものがなくて、自由というか、どちらかといえばのんびりした校風だったように思います。

でも彼の時代や現在はかなりの進学校になっていて、偏差値は「65」、県下でも上からベスト5に入る「超」進学校になってます。

出身者ではもうひとり有名人がいて、俳優の 佐藤健。



現在の朝ドラ、「半分、青い」にも出てますね、今、絶好調でしょう!

健くんは 古市くんより4歳年下だから、やっぱり彼も頭は良かったんだね。

二人に共通するものがあるかといえば。。。 ないかな?

ただ、OBとして あえて「北高気質」なるものを考えてみるならば、

「気にしていない」!?

我々の時代も、もっと偏差値の高い春日部高校とかに受かる実力がありながら、「家から近い」というような理由で北高にきた同級生も結構いました。少しでも「いい高校」とか、あんまり気にしてなかったんだね。

在学当時のことでしか語れないのですが、確かに「ガツガツ」したところはなかったと思います。
「せんげん台」駅から程遠い、住宅街の中の高校だったから、のどかでのんびりしてました。
みんな、周りのことはあんまり「気にしていない」感じだった気がします。

年中「炎上」している 古市くんにしても、そのこと自体はまったく気にしていないところが、北高らしいといえば、らしいかな。

健くんも、いわゆる「イケメン」なんだけど、なんかちょっと「変わってる」ように感じます。
愛想無いよね、でもやっぱり 「気にしていない」感じがします。

いいんじゃないの、もともと「地味」な高校だし、ほとんどのOBは、特に北高が「有名」になって欲しいとは思っていないだろうし。

いい悪いは別にして、みんな、「気にしていない」から。

ところで 古市くんって どこの中学出身なのかな?
ネットでは公表されていないんだよね、

どなたかご存知なら、お教えください m(_ _)m










2018/06/24 11:55 その他 TB(0) CM(0)
久々に、フランチャイズの越谷レイクタウンで観てきました!



今年のカンヌ映画祭 最高賞である「パルムドール」受賞!
すでに話題作ですね! 興行成績も好調のようです。

受賞作品であることが、観ようと思った理由なのですが、それよりももっと大きな理由はこれです!



週に2回は通っている、すぐ近所のスーパー、どんな風に映っているのか、知りたいじゃないですか \(^o^)/

で、そのシーンはいきなり冒頭の「万引き」シーンで登場します。
いつもの「まんま」です。レイアウトも商品陳列も何一つ変えたところがない。違うのは、「客層」かな。明らかに人数が少ないし、動きが「エキストラ」っぽかったです。

「「万引き」によって結ばれた家族の物語」 というキャッチフレーズで、既に多くのメディアで紹介されているので、ここではあらすじや登場人物については省略します。また既に公開されているので、制作元のフジテレビでは、かなり重要なシーンなんかもバンバン番宣で流しています。いいのかな、って感じです。

さて、本作品のAniの評価は ★★★★☆(5点満点中4点)

これまで見た是枝作品は 「海街diary」(2015年)



それと 夕べフジテレビでオンエアされた 「そして父になる」(2013年)

ダウンロード (1)

共通するのは、テーマが「家族」ということ。というか、調べてみるとほとんどの是枝作品のテーマは、形は違えど「家族」のようです。

で、今回の作品、その「家族」をテーマにした「集大成」ではないかと。
これまでの作品のテーマ、子供の置き去りや、年金詐欺、死体遺棄、血の繋がらない家族などがみんな入っています。

是枝監督、作品のカラーがあっているのか、カンヌ映画祭では2003年の「誰も知らない」で最優秀主演男優賞を、前述の「そして父になる」で審査員特別賞を受賞しています。

その流れでいくと、前受賞作のエッセンスを本作品に入れることで、監督、最高賞のパルムドールを取りに行ったのでは?
もしそのような意図があるのなら、本作品は上手にそれらのエッセンスを取り込んでおり、うまくいっていると思います。

さて、Aniが考える本作品の見所。

母親役の 安藤サクラ の演技が素晴らしい!

映画祭の審査委員長を務めた女優のケイト・ブランシェットが、感動して劇中のサクラの演技を是枝監督に真似てみせたと、なんかのインタっビューで観たのですが、「あ、このシーンだな」とすぐわかります。確かに素晴らしい!

万引きシーンを除けば、前半は下町に暮らす(出てくる商店街が「ジョイフル三ノ輪」なので、おそらくそのあたりの設定)貧しい6人家族の日常が淡々と描かれます。
ちょっと退屈なのですが、「退屈で平凡な日常」を、「退屈」に感じるように撮るって、逆に難しいことなのではと、あとで気づきました。

やたらたと「食事」のシーンが出てきます。
「食事」って、家族の「象徴」なのでしょうか。血の繋がらない家族だからこそ、たくさん「食事シーン」を織り込むことによって、家族の「絆」を保っていることを描きたかったのか。

「結論」がない映画ですが、何故か心に残る作品でした。


2018/06/16 19:00 映画・テレビ TB(0) CM(0)
恒例の「大人キャンプ」
先週の土日に決行しました。

いつもの鹿沼「出会いの森キャンプ場」


前回 2017秋 は、「雨のキャンプ」でしたが、今回は梅雨時にも関わらず、2日間ともピーカン!
そのせいなのか、川にはまったく水がない。



久々参加のマイブラザー、釣りは諦めました (>_<)

今回は最多参加者で、大人17名!



テントだらけです!

おっと、忘れてた、彼らも参加 (^-^)





マツコ・デラックス氏いわく、キャンプは、

「外で砂混じりの肉食って、どこが面白いんだ?」

確かに。

普通に「食」を楽しみたいなら、家の中の方がいいと思います。

それでも、せっかくのキャンプの夕餉、ただ肉焼くだけじゃ、つまらない。

で、今回はこんなものを用意しました。





「アルプスの少女ハイジ」に出てくるチーズ、とか言うらしいです。

最近、家庭教師トライのCMでよく出てくるハイジのおじいさんが、アニメでは暖炉にかざしてチーズを溶かすシーンがあるそうなのですが、Aniはハイジ世代ではないので、アニメはまったく見たことがありません。

でもこの「ラクレット・チーズ」に関しては、専門のレストランが最近出き始め、またメディアでもたまに取り上げるので、それを見て、うまそうだなあと。

特殊なチーズなので、当然普通には売ってません。ネットで購入しましたが、まともにラウンド(まるごと一個)買うと、2、3万円します。そんなに買ったら消費出来ない、なので、1/8カット 600g、それでも3000円弱、総量1000円で4000円!

で、やってみました。

https://www.youtube.com/edit?o=U&video_id=7PBqic8h7lc

最初は焚き火にかざそうかと思っていたのですが、どうもうまくいきそうにないので、バーナーで炙ることにしました。

でもなんか違う、溶けることは溶けるのですが、直火なので、少々こげてしまいます。
レストランでは溶かすための専用の機械を使うのですが、多分そっちはもっとじっくり火が通るのでしょう、今回はテレビで見るような、どろっとかかる感じにはなりませんでした。

チーズって、欧米では実に様々な種類があって、味も千差万別、分かっていないとびっくりするような「味」に遭遇したりします。
その点、今回購入したラクレットは、スイスからの輸入品でしたが、クセもなく、かなり食べやすいものでした。
おそらく日本市場にあったものをチョイスしたものだと思います。

余ったので昨日あらためて自宅で試しましたが(オーブントースターでやってみた)、白ワインが入るチーズフォンジュよりクセがなくて、こっちのほうがチーズ本来の美味しさが感じられた気がします。

いずれにせよ、購入するチーズの量が多いだけに「孤独のグルメ」とはいかないので、ホームパーティーでどう扱うか思案中です
v(^-^)
2018/06/10 17:06 散歩・旅行 TB(0) CM(0)
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。