歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター


4月から始まった、朝ドラ 新シリーズ 「半分、青い。」

今回は「オリジナル」作品です。脚本家は 北川悦吏子 氏。

「オリジナル」作品、と書きましたが、朝ドラの場合、小説や漫画の原作があって、それをアレンジすることはしないので、正確に言えば全ての作品が「オリジナル」脚本です。

では敢えてなぜ 「オリジナル」というか。

朝ドラの場合、これまで作られた半分弱ぐらいの作品は
「それぞれの時代をたくましく生きた、実在した女性の主人公」 を取り上げています。

原則として「女性」を主人公にする(「マッサン」とか、「男性」を主人公に据えた作品も、たまにあります)のが、どうもNHKのコンセプトのようなのですが、その中でも「実在」した人物と、まったく「架空」のヒロインを、ほぼかわりばんこに主人公に据えています。

なので、まったく「架空」のヒロイン が主人公の作品を、「オリジナル作品」 と、言うようです。
NHKの番組紹介HPでも、今回の作品のことを「オリジナル作品」と言っているので、そういうことにしましょう (>_<)

で、今シリーズの 「半分、青い。」

主人公の 楡野鈴愛(にれのすずめ)は 1971年に 架空の都市 岐阜県の「東美濃市」の梟(ふくろう)商店街の食堂の娘として生まれました。

活発な女の子だったのですが、病気で左耳を失聴、しかしそれにもめげず、やがて漫画の魅力にとりつかれ、東京で漫画家を目指す

とういのが、簡単なあらすじ。

で、4週まで観た、Aniの感想。

まず「オリジナル」作品ということ。

「実在した人物」をヒロインにした場合は本人そのものではなく、名前を変えたりしてあくまで「参考」として設定するのですが、やはり「事実」から大きく逸脱することは難しいので、どうしてもストーリ展開は「無難」になりがちです。
視聴者の中には、その人物の生涯を詳しく知っている人もいるし、その人物のつながる関係者も多数いるので。

対して「オリジナル」作品はそういう制約がないので、自由なストーリー展開が可能です。
過去作品の成功例で言えば「あまちゃん」、失敗例で言うなら「純と愛」。「まれ」も失敗組かな? (>_<)

次に 片耳が聞こえない という設定も、朝ドラにしては「冒険」なのかな。

と、思っていたのですが、さっき調べた 脚本家 北川悦吏子氏のプロフィールを知って、そうか、と思いました。

まず、この方の代表作。

ダウンロード



上は19995年にTBSで放送された 「愛していると言ってくれ」

下は同じくTBSで2000年に放送された 「Beautiful Life 〜ふたりでいた日々〜」

両方共、大ヒットしました。Aniも当時はそれほどドラマは観ていなかったのですが、両作品はしっかり観ました。

共通するのは、両作品とも「障害者」を主人公に取り上げていること。

「愛して」で、豊川悦史が演じる主人公は、ろうあ者の画家。

「Beautiful」で、常盤貴子が演じるヒロインは、難病の図書館司書。

ともすれば、結局「可哀想」「気の毒」の感想になりがちな「障害者」の主人公を、「魅力ある人物」としてちゃんと描ける数少ない脚本家でした。

また、これは今回調べて知ったのですが、ご本人も大人になってから病気で左耳を失聴したとのこと。

あと、北川氏の出身は、岐阜県美濃加茂市。

「漫画家」と「脚本家」の違いはありますが、朝ドラにしては珍しく、脚本家の「自伝」的要素が含まれているようです。

で、で。

この作品、セリフのテンポが「心地よい」
主人公たちの青春時代は、バブル崩壊前後の 1990年代。
彼らの会話の感じが、何故か懐かしく、そう言えば、あんな感じだったかも。

で、で、で。

脚本家の北川氏は 1961年生まれなので、ジャスト 同世代。
なので、当時の時代の見方や、感じるノスタルジアが、ほぼ同じです。

ヒロインの母親が、マグマ大使の「ゴア」に似ているなんて、相当な「レアネタ」です(演じているのは、松雪泰子。確かに似ているかも)。

ヒロインの永野芽都ちゃんも、いいです。
「あまちゃん」の 能年玲奈(いまは「のん」)に通じる、ピュアな演技(まんま「素(す)」?)を感じます。

そして、もうひとりの、多分主人公の佐藤健演じる「律」(ヒロインと同じ日に生まれた幼馴染)



やはり、我が後輩(同じ高校出身)には、頑張ってもらいたいのです。m(_ _)m

社会現象になるような、朝ドラのヒット作、古くは 「おしん」、最近(でもないか;(´o`);)では 「あまちゃん」

今回の作品、大ブレイクの予感がしないでもない、いや、して欲しいかな。

そろそろ 朝ドラの大ヒットが、出てもいい頃だと思うAniです。 







2018/04/29 04:52 映画・テレビ TB(0) CM(0)
最近世間をにぎわす事件。

発生順不同で挙げると、

・財務省事務次官のセクハラ発言問題
・新人警察官による先輩警察官への発砲事件
・神奈川県免許試験場職員の飲酒運転違反
・財務省理財局による公文書書き換え問題
・防衛省の日報隠蔽事件

思いつくところでこれだけですが、これらに共通しているとAniが思うのは、すべて当たり前に「アウト」でしょう、ということ。

上から順にいうなら、官僚トップにまでなった人間ならその立ち振る舞いに最善の注意を図るのは当たり前、警察官が職務以外で拳銃を使うのは言語道断、飲酒運転を取り締まる側が飲酒運転するという愚かさ、どう考えても後になってばれる嘘をつく役人。

なぜこんなことを犯したのか理由を考えようと思ったのですがやめました。
だって、考えるまでもなく、「当たり前」に「アウト」としか考えられないから。

それぞれの当事者は、やってはいけないことだという意識が欠片もなかったとは思えません。少しは思っていたと思います。
では、なぜやったのか。

発砲事件は別にして、ばれない、大きな問題にはならない、とは思ったのかもせれません。
しかしそもそも、日頃から「絶対にやってはならないこと」という意識はなかったのだと思います。

これについてAni思うに、これらに共通しているのは「組織」に対する「不信感」ではないかと。

かつて、会社、役所、学校は個人を守ってくれる存在でもあり、個人も組織に所属していることが「安心」であり「誇り」でもありました。

しかし現在、この」「組織」と「個人」の良好な関係は消滅しました。

原因は「個人」が「自由」を求めて「組織」を飛び出し始めたこともありますが、それよりも大きいのは「組織」が「個人」を守れなくなったからでしょう。

「組織」が生き残りをかけて「リストラ」を行えば、やはり「個人」の組織に対する忠誠心は下がらざるを得ません。
そんな「組織」に「個人」が見切りをつけ始めると、「組織」は「パワハラ」で「個人」を使い捨て始まます。
こうなるともう事態が好転することはないでしょうね。

「組織」と「個人」が蜜月状態だったかつては、先ほど挙げた「絶対にやってはならないこと」の歯止めが働いていたと思うのですよ。それはそうすることが「組織」「個人」双方にメリットがあったから。

また現在はこれら事件のような形で「個人」が「組織」を裏切ったとしても、やり直しの効く時代です。
かつてはこのような形で「個人」が「組織を裏切ったら、世の中から相手にされなくなったものですが、今は更迭された元文科省事務次官でも講演会のお声がかかるようですから。

でも結局、一番「損」をしたのは事件を起こした「当事者」個人です。

絶対に自分を守ってくれる「組織」があれば、やはり「安心」ですよね。
でもそんなものが存在しない今は、個人が「自分のことは自分で守る」しかありません。
そのために、これからの「個人」は「賢く」「たくましく」生きていかねば。

事件を起こした当事者たちも、「軽い気持ち」から一歩踏み込んで、「結局「自分」が一番「損」をする」ことに気づくべきでした。

そういう「時代」なのだと思います。

















































2018/04/22 12:44 時事 TB(0) CM(0)
せんべろ = 千円でベロベロになるまで飲める の意味。

「せんべろの聖地」と呼ばれる場所が、都内には何箇所かあります。

一番有名なのは「立石(たていし)」かな。
「どこ?」って方が多いかと思いますが、葛飾区、亀有のちょっと先、京成押上線。
古くからの飲み屋街があって、チューハイ発祥の地と言われています。

それ以外だと、浅草、上野、西だと蒲田あたりかな。
と、今回紹介する「赤羽」

Aniが住む草加からそれほど遠くないのですが、通り道でもないし、仕事でも縁がなかった場所なので、ほとんど行ったことがありません。

古い飲み屋街は大好きです。なので赤羽には一度訪ねてみたいと思っていました。
同じく行ってみたいという友人がいたので、昨日 初訪問。

でかい駅です。イメージしていたより大きな街です。

線路をはさんで東口と西口があり、東口は繁華街、西口はマンションが立ち並ぶ住宅街のようです。


東口の駅前。都心の感じではないです。地方都市っぽい佇まい。

赤羽は一応「東京都北区」なのですが、なんか「埼玉」っぽい?
「赤羽」が「埼玉」だと思っている人もたまにいます。


真ん中に見える「1番街」の看板の奥が、どうも飲み屋街のようです。


レトロですね。


有名店。行列です。


鰻で考えれば「安い」ですね。ただ今日は「飲み」なので、パスです。
それに「鰻」で考えれば、地元のそばにも有名どころがあるので、そっちへ行くかな。

1番街をぶらつきます。他にも立ち飲みのおでん、海鮮バーベキューなどの有名店を覗きましたが、どこも満席。


で、結局、この餃子屋さんに。

「赤羽名物」とありますが、店は大阪のチェーン店でした。(チャオチャオ餃子)
小ぶりの四角い餃子。昔 心斎橋で食べたような。



肝心の餃子の写真は撮り忘れました。
ただこのお通しの「茎わかめ」、みょうにうまかった。

何件かハシゴするつもりでいたので、餃子1枚に生ビール一杯で店を出ます。

次を目指して、街を徘徊。



懐かしい、キャバレー「ハリウッド」
大昔、神田の店に行ったのが最初で最後です。

うーん、意外と高いんだな。


駄菓子屋の店先にあった、レトロなゲーム機。


ワンプレー 10円、やってみました。コインが出てきて、それをパチンコみたいにはじいて点数を競うみたいです。
いい点数が出ると駄菓子屋で使える金券がもらえるようです。ダメでした。


街の洋食屋さん。メニューが豊富。




安い、定食 700円しない、ボリュームもあります。こういうお店、近所に欲しいね。


なんだろう、交差点なのかな、5差路、6差路のところが多くて、どこも広々としています。
車もほとんど入ってこないので、ノンビリ歩くには最適です。


何件か模型屋さんに出会いました。


人の出入りがけっこうあります。赤羽はそっちの世界でも知られているのかな。



なんか「東京」にいるってイメージがわきません。
この通りなんか、地方の県庁所在地みたいに感じます。
繁華街から一歩出ると意外と広々としているので、そんなところが地方都市と似ているのだと思います。

一時間近く街を散策、風があるせいか、ちょっと冷え冷えしてきました。
入れそうなおでん屋があったので、入ってみましたが、これが大失敗。

老齢のママと中国人らしき従業員の二人でやっている模様。
入店早々、ママが若い従業員を叱っています。それを常連客が慰めている。

メニューもそんなに安くありません。全然「せんベロ」じゃない。



で、出てきた「おでん中皿」。どうということない味。大宮公園の茶店のおでんのほうが全然うまかったな。
ママからは「早く帰れ」オーラが全開で出てます。

赤羽の一番街、最近知名度が上がっているので、こういう店も出てくるのでしょうね。
所謂「観光地料金」です。人気店は混んで入れないので、そこそこ客は入ります。で、リピートはないから、高めに値段設定。

浅草のホッピー通りも、けっこう高くつきます。まあ、あそこは完全に「観光地」だからね。

「赤羽」

Aniには「アウェイ」な街と感じました。ちょっと違うんだよね。

やっぱり「ホーム」なのは、上野か北千住だな。

でも一番の「ホーム」は「南越谷」です。






2018/04/15 12:44 散歩・旅行 TB(0) CM(0)
もう、すっかり「葉桜」になってしまいました。



先週は花見の席でつい日本酒を飲み過ぎてしまい、日曜日は久しぶりに二日酔い、なのでブログ更新はお休みしました。

で、昨日、ちょっとついでがあったので、久しぶりに綾瀬川沿いの「草加松原」を散策。



先週の花見は同じ綾瀬川でも東武線をはさんだ上流(?)のほうで、ここ「草加松原」あたりはは少し下流、江戸時代に水運利用のため開削されたところなので、約2Kmに渡ってまっすぐです。その脇に日光街道を通し、旅人のために風や日差しを遮る松を植えたのが「草加松原」の始まりです。



「松」って、この時期「花」が咲くんですね、触れてみると大量に花粉が飛び出します。
一瞬、花粉症なのでビビりましたが、「松」」の花粉はスギほどアレルギー反応は出ないそうです。



ソメイヨシノは終わってしまいましたが、八重桜はこれからが見頃。



なぜに久々に草加松原を訪れたかというと、市内報で新しく観光目的の施設ができたとの記事があったので。



こじんまりとした、でもいい感じかな。



ベタですね~、でも、お約束というか、観光地っぽくって、Ani的には悪くないと思います。
右が芭蕉さん、左が弟子の曾良さん。



この傍らには前からあった櫓があって、一応中にも入れるのですが、特にどうということもないです。
外からの見た目はいいです、夜はライトアップされてなかなか風情あります。



お休みどころの内はこんな感じ、有名な「おくの細道」の冒頭部分ですね。



草加といえば「草加せんべい」が有名ですが、実は染物、特に「浴衣」の染付が江戸時代からの地場産業でした。
右側に写っているのは松並木が染付された「手ぬぐい」、地元名産ということなのかな。

まだプレオープンということで、こんな感じですが、施設の中には簡単な厨房もあったので、おそらく正式オープン後は江戸時代の
「茶店」風にして、抹茶とか団子とかを提供するのでしょう。

我が住む「埼玉県」
観光地らしい観光地は「秩父」ぐらいで、南部は東京のベットタウン、北部はまあ近郊野菜の「農業地帯」か。

住んでいる人間にとっては、そこそこ暮らしやすい、やはり「住めば都」ってことなのでしょう。
外から見れば都内ほど商業施設はないし、かといって田舎のような豊かな自然があるわけでもない、ある意味中途半端。

ちょっと前にこんなドラマがオンエアされました。



「この街には、何もないけど、ぜんぶある」

確かに。

ドラマでも、唯一「ある」ものは、「レイクタウン」でした。

レイクタウンは都内の商業施設と遜色ないし、山や海はないけど、越谷にはそこそこ「自然」もあります。
 → だから「ぜんぶある」?

そう考えると、「草加松原」はちょっとだけ「観光施設」っぽいのかもしれません。

「地域発ドラマ」とか、地方を題材にした映画・ドラマが割と好きです。

かつての映画・ドラマの舞台といえば、大都会東京が多かったのですが、今はそうでもないかな。
かつては地方の若者が都会に憧れるという背景があったのですが、今の日本の場合、人が住んでいるのは東京他の「大都市」及びその近郊がほとんどで、みんなそれほどの「憧れ」感はなくなってきました。

むしろ人々は、日々暮らす自分の「地元」に愛着を持ち始めたのでは。

「○○フィルムコミッション」 という、地方自治体が主体となって、映画やテレビのロケ地誘致をするところが増えています。
過疎化や産業衰退による斜陽化に対する地域活性が始める動機のところもありますが、愛する「地元」を広く世間に知ってもらいたいという「地元愛」のところも多いです。

Ani的には、近所の散歩道が映画やドラマに登場するのは、とても嬉しいことです。

「好き」で住んでるところですから、やはり「いいところ」として、世間には思われたいから。



ここ「草加松原」も、何年か前にドラマのロケ地になったとの事。なんのドラマかまでは知らないのですが。



この川も、子供の頃に比べれば、格段に綺麗になりました。

2018/04/08 15:57 散歩・旅行 TB(0) CM(0)
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。