FC2ブログ
歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター
米国で、またもや繰り返された銃乱射による悲劇。

乱射ではありませんが、一番古い記憶に残っている米国での銃犯罪は、ジョン・レノンの事件かな。
1980年に起きていますから、38年前になります。
その後も年に1回程、全米のどこかで、この手の悲劇が繰り返されている印象があります。

ともかく毎回思うことは、「なんで銃規制を強化しないのか?」
犯罪者が簡単に銃を手に入れられるのだから、銃による犯罪がなくならないのは、当然といえば当然、なんでこんな簡単なことがわからないのかと、いつも不思議に思ってました。アメリカ人、馬鹿なのか?

銃のない日本に暮らす我々には理解できない感覚なのかと思って、ちょっと調べてみたら、まあそうなのかもしれないな と思うところもありました。

よく言われていることですが、米国で銃を所持することは「個人の権利」であって、このことは合衆国憲法でも保障されており、建国以来の伝統です。

一歩外に出たら無法地帯だった西部劇の時代なら、「自分の身は自分で守る」ために銃は必要だったでしょう。
でも一応秩序あるルールに従って人々が生きる現代社会において、銃は必要なのか?

日本人なら「銃があるから犯罪が起きる」と思うのですが、アメリカ人はそうは思わない。
銃規制問題が起きると必ず反対する「全米ライフル協会」の会員なんかがそうです。

彼ら曰く、「人が人を殺すのであって、銃が人を殺すのではない」

確かにそうかもしれませんが、やっぱり違うよな。

で、このあたりの話はメディアでもよく聞かれる話なのですが、もう一つ銃規制に対して消極的になる背景に、政府=権力に対する不信感があるそうな。

これは国家が形成される過程が日本とは真逆な、米国ならではの感覚でしょうか。。

移民国家の米国、そもそも移民者たちは、故国の統治者の圧政から逃れるために新大陸を目指した人たちですから、自分たちの自治を重んじ、権力者の独裁を許しませんでした。
だから政治は連邦制だし、治安維持に関しても自警の意識が強いです。(保安官なんかがそう)

市民の治安を守る存在といえば、日本人はすぐに警察を思い浮かべますが、アメリカ人の場合は必ずしもそうじゃないようです、警察を100%は信用していない。

確かに警察という組織は人が集中して暮らす都市部では機能しますが、広大なアメリカの田舎町ではそうもいきません。
警察が到着する前に自分たちで何とかする必要があった、いまでもその側面はないとは言えません。
また白人警察官による有色人種への不当な扱いなどの問題もありますから、米国では日本ほど「おまわりさん」は信用されていません。

そこへいくと日本はある意味、昔から権力者に対して寛容でした。そこはなぜなのか今回は検証しませんが、権力者にとって一番厄介な民衆の反乱を防ぐため、まず民衆から「武器」を取り上げてしまいます。戦国時代の秀吉の「刀狩」、明治政府による「廃刀令」、すんなりいったわけではありませんが、結果として権力者は民衆から武器を取り上げることに成功しています。

身の回りに「武器」がない暮らしに慣れてしまっている日本人、かたや警察も100%信用できないアメリカ人。
この「感覚」の差は、たぶんうまらないでしょうね。

ただ、「武器」はあれば使いたくなるし、一度使ったら報復の応酬で止まらなくなる。中東で続いている悲劇がまさにそうです。

でも、少なくとも日本では「銃のない社会」を実現しているし、米国の都市部では各市長の連携による「銃のない社会」」実現に向けての動きがあるようです。

やっぱりアメリカは、建国以来の考え方を変える必要があると思います。

ただ今すぐは無理でしょうね。
ジョン・ウェインがヒーローのトランプさんが大統領でいるうちは。




















































2018/02/25 11:18 時事 TB(0) CM(0)
タイトルからもわかるとおり、冬季五輪の話です。

それにしても羽生選手、凄かったですね!



66年ぶりの2連覇、もちろん日本中が期待するところでしたが、ケガからのぶっつけ本番ということを考えると、結果よりもリンクにたつことだけでも充分と思った方は多かったのでは。

だからショートプログラムで1位を取った時、フリーがダメでもいいじゃないかと思いました。正直、そんなにうまいこと行くかいなと。

それを自信満々でフリーを演じきって、ぶっちぎりの金メダル獲得。

彼の強さの秘密を皆がいろいろ言いますが、ちょっと我々常人の想像をはるかに超えるところにいるのではないか、天才なのかもしれませんが、考え方からして別世界に生きているというのが、今回の彼を見ていたAniの感想です。

銀メダルの宇野選手、初出場19歳での偉業なのですが、羽生選手に比べるとなぜか「人間らしく」感じてしまうのは何なんでしょうね。

それから女子ジャンプの高梨沙羅ちゃん。
本人が望む金ではなかったけど、堂々の銅メダル。

今回のブログネタをオリンピックにしたのは、実は前回のオリンピックもネタとして取り上げていたから。

http://huazhong.blog.fc2.com/blog-entry-80.html

読み返して見ると、ずいぶんいい加減なことを書いているなと、ちょっと恥ずかしい感じです。
ただ、沙羅ちゃんのことはずいぶん褒めてますね。

当時彼女は17歳で、見た感じは本当に普通の高校生。
それが20歳を過ぎる頃からどんどん「大人」になって、それはちょっと寂しいような、でもしっかりと「女性」に成長していくところが微笑ましくもありました。なんか最近はベンツを乗り回しているって週刊誌ネタにされてましたが、別にいいじゃないか。

今シーズンは不調だったせいか、マスコミも「絶対にメダル」とは言いませんでしたね。そしたら案の定、メダルが取れた。
でもホント、今回メダル取れてよかったと思います。まだ21歳だから、次の北京も充分メダルの可能性がありますが、やっぱり取れる時にとっておかないと。

オリンピックに縁がない我々一般人にとって、「4年間」という月日の流れを日頃特に意識することはありません。まあ、あるとすれば4年制大学に通っている時ぐらいか。

選手たちにとって、それぞれの「4年間」

スピードスケート 銀、銅獲得の高木美帆選手、4年前は出場すらしていなかったんですよね。
その前は史上最年少でオリンピック出場を果たしていたので、心が折れずよくぞ巻き返した、張本氏「じゃないが「あっぱれ」です。

ケガからの復活という意味では、ハーフパイプの平野選手も凄かった。
結果は前回と同じ銀でしたが、ショーン・ホワイト選手との一騎打ちは、歴史に残る名勝負といって過言ではないでしょう。

オリンピック直前でケガを負った羽生、平野選手。
どんな気持ちだったのでしょうね、4年かけて準備してきたことが全て無駄になるかもしれなかったわけですから。

二人共結果を残すことが出来ましたが、仮に出なかったとしても、その復活劇は人々に多くの感動を与えました。
「あきらめない心」、それは「希望」であり「勇気」です。いいもの見させてもらいました。

今回は、「残念な 「銀」 」が多いですね。
「金」が取れたかもしれなかった「銀」
でもそんな悔しがり方ができるほど、日本の競技レベルが上がっているということでしょう。

冬のオリンピック、どちらかといえば「北欧・ヨーロッパのためのオリンピック」というAniの印象でしたが(そもそも雪や氷がない赤道付近の国は参加しない・できない)、最近、日本はいろんな競技で、しっかり「主役」の一人になってますね。

今の日本、かつてに比べれば低成長の経済、給料も伸び悩み人々のマインド的には「停滞」かな、「高揚感」はないです。
ただ貧しい暮らしに甘んじているわけではなく、世界的にも最先端の「物」に囲まれ、多くの人が何不自由なく暮らしています。

なんで日本はいろんなスポーツで強くなったのか、それは日本人が「金持ち」になることとは別に、違う「価値観」を持つようになったからではないでしょうか。

かつての高度成長期時代、ちょっとがんばれば給料が上がったので、それならみんな「趣味」より「仕事」でしょう。
多分「バブル期」が頂点、もう「稼ぐ」ほうはいいや、とみんな少しづつ「趣味」に目覚めましたね、で、その後給料は下がり続けましたが、「趣味」のほうはやめなかった、むしろそっちの方が「生きがい」になる人もいました。

そんなマインドが若い人にも広がったのでは。いい学校でていい会社に入ること、Ani世代では当たり前に目指すところでもあった気がしますが、その後の世代ではそうでもなくなった気がします。
若い時からひとつのことにトコトン打ち込めること、不況とは言え親たちも経済的にできないことはなかったし、それを応援する親も増えました。

昔の親は、まず子供に「堅実」な生き方を選ぶことを望んでいましたが(それは高度成長期においては確実に成功する選択だったから)、堅実な選択をしても必ず「幸せ」になるとは限らない時代になったとき、やりたいことをやらせてあげよう、応援しようとなったのでは。

メダリストに限らず、結果を残した選手たちは、必ずと言っていいほど、自分を支えてくれた周りのサポートへの感謝の気持ちを口にします。
今は当たり前な感じですが、最初の頃はあまりにも皆が皆、同じことを口にするのでちょっと閉口してました、なんか「優等生」っぽい発言だなあ と。

昔の選手はそんなに言わなかった気がします。
結果に対する「謙遜」はしてましたが、周りのおかげとは言わなかった。
「自分の努力の結果」と本人自らがいうことはありませんでしたが、言わないことでそれを認めていたと思います。
昔の場合、むしろ「プロ」やオリンピックを目指すことに周りが「反対」するケースもあったと思うので、それを乗り越え「あきらめず」に続けた「自分」を、本人たちは「自分で自分を褒めていた」、ような気がします。

そんなにスポーツに思い入れする方ではないのですが、やはり日本選手の活躍を観るのは楽しいです。

2年後の東京オリンピック、どんな競技でもいいから「生」で観ようかと、いま考えています。

2018/02/18 09:47 時事 TB(0) CM(0)
50歳を過ぎると男女を問わず悩まされるのが 「頻尿」

病気(前立腺肥大、膀胱炎など)が原因の場合を除き、健康な人でもなるその原因は「加齢」です。

Aniの場合、若いころから頻尿気味だった気がします。特にお酒を飲むと極端に近くなる、まあ、そもそもお酒には利尿効果があるので当然なのかもしれませんが、50歳を過ぎたあたりからは、お酒を飲まなくても頻繁にトイレに行くようになりました。

先週、偶然見た「名医とつながる たけしの家庭の医学」というTV番組で、頻尿の改善方法について放送していました。
出演していた独協医大の泌尿科の先生によれば、高齢者の頻尿は加齢によって尿意が早く訪れるようになることが原因とのこと、薬によって治癒することも可能ですが、簡単にできる方法として、東洋医学の「ツボ」を刺激することによって、尿意の訪れを遅らせることができるそうです。

番組では「三陰交」という足のツボを、朝昼晩に一分間強く押す方法を紹介しており、番組に登場したモニターの女性は、一週間続けた結果、トイレの回数が半分に減っていました。(昼間に8回以上トイレに行く人が、一般的には「頻尿になるそうです)

昔から「ツボ」には興味があって、本を買ったり(どっかいっちゃったけど)いろいろ試したりして、実際に効果も感じていたので(青竹ふみの足裏マッサージはたまにやっていて、それなりに効果あると思っています)、「頻尿」に効く「ツボ」について、もう少し調べてみると、TVで紹介した「三陰交」を含め、東洋医学では「脾経」という「経絡(「ツボ」をつなぐ経路。神経みたいなもの)への刺激がいいようです。

「脾経」については、このサイトに詳しく出ています。

http://chuplus.jp/blog/article/detail.php?comment_id=1526&comment_sub_id=0&category_id=218

で、番組で紹介した「三陰交」に加え、ここも刺激したらより効果的なのではと思いついた方法があるので、紹介します。

1.足の親指の骨の周りのマッサージ

親指の付け根の太い骨の内側から土踏まずにかけて、「脾経」のツボである「太白」「公孫」があります。
この辺りを手でも青竹ふみでもいいですから、痛気持ち良い程度にマッサージしてください。
その中で、特に痛い箇所があればそれが「ツボ」らしいのですが、いまいち自信がありません。
なので、その周辺をまんべんなく刺激します、これでも十分効果があるそうです。

2.三陰交への刺激

こっちの「ツボ」のほうが、比較的わかりやすいかもしれません。
脛の内側の骨沿いで、うちくるぶしから指4本分上がったところにある、なんとなく窪んでいて痛みを感じるところがツボ。
ここを1分間強く押します。

これを両足に対して、朝昼晩の一日3回、まずはやってみましょう。

さて、効果のほどは?

Aniも初めてまだ3日目なので、はっきりと効いているかは断言できません。

加えて「個人差」は絶対にあると思います。効く人効かない人、こればっかりは、やってみないとわかりません。

さらに加えて、尿の排泄はいろんな要因で日々違います。

たくさん水分を取れば当然出る量も増えますし、気温が低ければ近くなるのは体の摂理として当然なんだそうです。
夏場は汗をかくので、当然尿の量は減ります。

また尿意は精神的な要因も影響します。「間に合わない」恐怖感が、さらに尿意を早くするようです。

あと、もう一つの頻尿対策として、「膀胱を鍛える」方法もあるそうです。

要は尿意を感じてもすぐには出さず我慢していると、膀胱に貯められる尿量が増えるとのこと。
加齢による頻尿は膀胱に貯まる尿量が小さくなるのではなく、貯まる前に尿意が訪れる現象なので、訓練すれば尿を貯められるようになるそうです。

確かにこれには思い当たることがあって、Aniの場合、「間に合わない」恐怖感から、訪れる場所のどこにトイレがあるか真っ先に確認する習慣が身についてしまっていることが、逆に「頻尿」を助長しているのではないかと。

旅先でも仕事中でも、自分はすぐにトイレにに行きたくなるという意識があるから、尿意を感じる前に行けるときにトイレに行きがちです。これって、どうやら「膀胱」を甘やかしていたようです。

今日も 朝風呂からのビールですので、平日に比べ水分摂取量は確実に増えます。
しっかり「頻尿マッサージ」、さっき行いましたが、果たして効果のほどは?

Aniの場合、効果があったとしても、わからないのかもしれません。(:>_<:)


2018/02/11 10:35 その他 TB(0) CM(0)
昨日は「節分」でした。

「節分」といえば「豆まき」、ちょっと前まではこれが当たり前でしたが、最近(でもないか)は「恵方巻」なるものが登場しました。

「恵方巻」自体に罪はありませんが、どうもこの「恵方巻」、Aniは気に食いません。

恵方の方角を向いて巻きずしを無言で頬張るという、関西地方での風習だそうですが、これに目を付けた大手コンビニチェーンが、節分の目玉商品として大々的に売り出しました。

別に巻きずしは嫌いじゃありませんが、無言で丸々一本頬張っても、ちっともうまくないでしょう。普通に切って、普通に味わいたいです。
また、もともとその地方に根差した、その地方で「意味」のある風習なので、他の地方が形だけ真似をしても、まったく意味がないかとも思います。

そもそもこの手の「イベント商法」は、それらの行事にひっかっけてともかく物が売れればいいわけで、要は商品は何でもいいわけです。それを考えると、Aniの場合、「絶対乗っかってやるものか」と、かえって意地になって買いません。

ほかにもたくさんありますね「イベント商法」
最近目につくのは、「ハロウィン」でしょうか。

まず参加者は、「ハロウィン」本来の「意味」なんて知らないし、知りたいとも思わないのでは。
ただ「仮装」して騒ぎたいだけのイベント、といったら言い過ぎか (;> <;)

「バレンタインデー」も見事に定着しましたが、Ani的にはあんなめんどくさいイベント、始めなければよかったのにと思います。

まあ、「クリスマス」は多少乗っかってもいいかなと、最近は思います。
昔からあるイチゴののったクリスマスケーキはちっとも食べたいとは思いませんが、ドイツでクリスマスに食べる「シュトレン」に出会ってから、これは年に一度の風物詩として ありかな、と。あれ、好きです。



かように「イベント商法」に対しては否定的なAniですが、世の中全体のことを考えると、必ずしも「悪」とは言えません。

なんだか最近は好景気になっても、人々の「消費」は盛り上がりません。
景気がいいのに消費が伸びないというのもおかしな現象なのですが、きっと現在はいびつな消費構造になっているのでしょうね。
やはり高齢化社会になって、買いたいものが少なくなり、老後に備えて少しでも蓄えておきたい、そんな心理が節約志向、低価格指向につながっているのでしょう。

だから「イベント商法」も、世の中のお金を動かすという経済効果で考れば、その意義はあることを否定しません。

どんなんでしょうね、お金を「使いたくない」わけではありません。
ただ、「使わされる」のは、嫌なんです。
どうせ使うなら、納得して満足して使いたいよね。

あの世にお金は持っていけないので、理想は死ぬまでに全部使い切ることです。
Aniの場合、引き継ぐ子孫がいないのでそうしたいのですが、引き継ぐ子孫がいる方も「子孫に美田を残さず」で、残すことが必ずしも子孫の幸福につながるかというと、そうでないでしょう。いや、無用な争いのもとになるなら、むしろ残さないほうがいいでしょう。

まあ、Aniの場合、今のところ余る心配より足らなくなる心配のほうが大きいので、やっぱりしばらくの間、お金は大事に使います。

基本、Aniは「ケチ」です。

何か?v(^-^)


2018/02/04 18:37 時事 TB(0) CM(0)
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。