歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター
SNS=ソーシャル・ネットワーク・サービス

ツイッター、フェイスブック、ラインetc…

ネットに接続できる環境にある人、回りくどい言い方ですが、要するにネットを使わないand使えない「幼児」や「高齢者」を除く、ガラケー、スマホ、タブレット、PCいずれかを利用している人のほぼすべてが、何らかのSNSを利用しているんじゃないかな。

最近、Aniも「LINE(ライン)」を始めました。
フェイスブックは以前から使っていましたが、連絡手段ということを考えると、「ライン」は必要かなと。

友人との連絡手段にAniは「メール」を使っているのですが、この頃「今時まだメール?」の声が時たま耳に入るようになりました。

そうなのか?

ラインのことは前から知っていました。無料通話が当初の「売り」だったと思いますが、電話はほとんど使わないので、必要性を感じていませんでした。
当時はフェイスブックにハマっていたので、周りにはそちらを勧めていたのですが、「フェイスブックは個人情報を公開しなくてはならないのでやりたくない!」という人がいて、そういう人はラインをやっていたことを覚えています。

別に連絡手段としては「メール」で充分なのですが、はじめる気になったのは「熊本地震」。
東日本大震災の時と同じく、今回も電話とメールは不通になりましたが、SNSはつながったようです。
特に被災者の声を聞くと、ラインで連絡を取り合っていたという声が多かった、なので災害時のライフラインとして、使わなくても「ライン」は必要と思った次第です。

そもそもラインは東日本大震災後に、災害時の連絡手段として開発されたそうですから、災害時に「使える」のは当然なのでしょうね。

いまのところ登録したばかりで、イマイチ使い方がよくわかっていませんが、「トーク」っていう機能は、確かに簡単だし見た目もわかりやすいね。スタンプも使えるので、連絡し合うというよりは、「会話」している感覚になります。

本日のお題の「SNS」、実はラインに入る前から考えていたネタで、それは最近の当ブロのネタのうち、読み手にとってこれは退屈なんじゃないかと思うものがあったから。

いわゆる「リア充」ネタ、「花見」「同窓会」「飲み会」など。

リア充=リアル(現実世界)で「充実」している生活を送っていること。

もともと「2チャンネル」で生まれた言葉らしく、バーチャル(仮想世界)ではなく、実生活が満ち足りている状態を「リア充」と表したそうです。

SNS(ちなみにAni的にはブログも「SNS」だと思っています)の登場により、人々は自分の日常、考えていること、思っていることを公開する「楽しさ」を見つけました。

もともと「手紙」って、そういうものだったですよね。旅先から、あるいはしばらくご無沙汰している親しい人に対して、出す方としては自分が元気で楽しくやっていることを知らせて、相手を「安心」させたいという気遣いだと思うのですが、当初のSNSに対する人々のアプローチも、このような気持ちではなかったかと思います。

ただ、どうなんでしょう、だんだんその手の情報を「発信」し続けなければならない、一種の「脅迫観念」を感じたことはないでしょうか。そう、「発信」が滞ることによって、「リア充」じゃないんだと、思われるんじゃないかって。

例えば有名な観光地を訪れたときの「発信」、本人は有益な「情報提供」をしたつもりで書いているのですが、今はその手の情報は得ようとすればいくらでも手に入ります。
だから読んでる方にしてみれば、「情報」としての有用性は少なく、印象としては、「リア充」アピール?

「リア充」病 という言葉があるかは知りませんが、「病」が講じれば、実際よりもちょっと大げさに、あるいはありもしないことをでっち上げて「発信」するなんてことになりかねません。実際に虚構のセレブ生活をフェイスブックに乗せて詐欺を働いていた女もいましたよね、あれは 「リア充」病 だったと思います。

「リア充」は別に悪い側面ばかりではありません。
気持ちが落ち込んで「引きこもり」たくなるような時でも、ブログネタのために何が行動することはAniにはよくあります。

最初は動機が不純な気がして(ネタのために何かするのは本末転倒だろ)気乗りしないのですが、結果的には行動することで気持ちがスッキリするので、これはこれでありだなと。

他人が楽しく暮らしていることを知ることは微笑ましいことですが、積極的に知りたいことではない、だから自分がネガティブなときにそういう情報に触れると、疎ましかったり妬ましく思ってもそれは仕方ありません。

そのへんのことは互いに多少意識したほうがいいかもしれませんね、書く方も読む方も。

書く方は、あんまり続くと読む方がうんざりすることを、読む方は悪気があって「リア充」自慢しているんじゃないいってことを。

難しいね (T△T) (><)!




2016/04/24 11:00 時事 TB(0) CM(0)
まずは「熊本地震」で被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。

改めて思ったのは、日本はどこでも大きな地震が起こり得るということ。
活断層がある地域はその可能性があると言われていましたが、震度に関して言えば、必ずしも活断層が近くになくても大きく揺れることもあるので、まさに日本中どこでも震度5以上に見舞われる可能性はあるんだなと思いました。

そう考えるとやはり、何らかの地震に対する「備え」はしておくべきでしょう。
それは「自分」のためでもありますが、「自分」に「備え」があれば、その分「備え」のない他の人に救援物資等が回せることになるので、そう言った意味でも意義のあることだと思います。

じゃ、具体的な「備え」はしてるのかというと、恥ずかしながら大したことはしていません。

「非常持出袋」が備えてありますが、これはマンションの管理組合から支給されたもの。
確か東日本大震災の翌年に支給されたと記憶していますが、これまで中身の確認すらしていませんでした。

中身を取り出してみると、


飲料水、給水パック、断熱シート、ウエットティッシュ、軍手、非常用防災チェックリスト(しおり)、救急用巾着。

ん~、最低限ということなのでしょうね、むしろこの袋にそれぞれが必要なものを入れなさいということなのでしょう。
ああ、そうか、だから「チェックリスト」が入っているんだ!

でチェックリストを確認。



これ全部入れたら持出しできない、とういかこれは「万人」向けなのですね(粉ミルクや生理用品なども入っている)
「懐中電灯」はすぐに持ち出せる場所に置いてあるので、あえてこの袋に入れる必要はないかな、「タオル」は入れておけば何かと便利、「現金」は盲点だったかもしれない、あとはケガに備えた「医療品」は必要ですね。

ただ、「持出袋」以上にAniが必要じゃないかと思うもの、それは「充電器」

災害時に携帯・スマホが非常に役立つことは、東日本大震災のときに強く感じました。あのとき「電話」は繋がらなかったけれど、SMSは繋がりましたから。
家族の無事を確認する唯一のアイテムであるとともに、自分の無事、あるいはどこかに閉じ込められたりしたときの外部との連絡、SMSによる災害情報の確保(避難所情報等)など、いまや携帯・スマホは「ライフライン」です。

でもそれは、あくまで「電源」が確保されていたらの話、充電切れたらなんの意味もありません。

前から欲しいなと思っていたのがこれ。


http://www.sony.jp/radio/products/ICF-B99/

手回しの充電器が一番の目的ですが、ラジオ、懐中電灯も必要ですよね、そしてこの製品は太陽光充電がついているところもすぐれものだと思います。

ネットで8000円前後、大きそうに見えますが手のひらよりちょっと大きい程度です。
災害はいつどこで見舞われるかわからないので、このアイテムは仕事用のカバンに入れて、持ち歩こうかと考えています。
非常袋は流石に持ち歩けませんが、このサイズなら可能でしょう?
災害時ではなくとも、充電が切れた時に普通に使えるしね。

他にもこの手のアイテムはあると思うのですが、Aniが知る限りではこれが優れものかな。
「もっといいの、知ってるよ!」という方、是非お知らせください。

取り急ぎ、Aniは後でポッチッとします m(^0^)/
2016/04/17 12:08 時事 TB(0) CM(0)
このところ日曜日はいつも軽い「二日酔い」のAniです。

さて、週末飲み会も4週目に突入、今回ははるばる「幸手」まで遠征です。


生涯 2度目の幸手駅。のどかです。

本来の目的は、先日当ブログでも紹介させて頂いた友人のお店「大将」でのクラス会なのですが、せっかく幸手に来たのだから、幸手で唯一(失礼!)有名スポットである、桜の名所「権現堂」でお花見!

height="384" />

関東地方の桜のピークは先週だったので、今週は無理かと思いきや、案外「花」は残っていましたよ。


「幸手桜祭り」は4月10日日曜日まで、今日は4月9日土曜日、屋台が出ています。


さっき覗いた駐車場は満杯でしたから、やっぱりかなりの人出!


何故かヤギがいます、子供たちは「桜」よりもこっちに夢中!


で、ここの見所は、なんといっても「桜」と「菜の花」のコントラスト!

やっぱり「桜」の方はちょっと寂しいね、先週ならもっと鮮やかな「ピンク」と「イエロー」の対比だったことでしょう、それでも菜の花の方は盛り、菜の花だけでも、これだけ咲いているのは珍しいので、これはこれで満足!


菜の花畑の真ん中が通れるようになってます。


そこを通り抜けると、ちょうどいいいお花見宴会エリアです。

でも、上野公園みたいに大宴会は見かけません、そもそもここへは車でくる人が多いので、「飲み」は控え目なようです。

そしてわれら同級生一行は、これから「大宴会」なので、花見は缶ビール片手に飲みは程々にして、





まあ、こういうことです。


春日部で二次会はカラオケ!

ちゃんとその日のうちに自宅まで帰れましたが、何故か曳舟まで乗り過ごしてしまったAniでした (>.<)

※顔見世OKの当日写真はFBの「越谷北高」にUPしてますので、関係者はそちらへ訪問くださいませm(_ _)m

来週? もちろん「飲み会」ですが、何か???


2016/04/10 12:38 散歩・旅行 TB(0) CM(0)
「名所」ではありませんが、うちの近所にも「桜スポット」は何箇所かあります。
年に一度の桜シーズン、「時期もの」ネタと言うことで、昨日ぐるっと回ってきました。

まずは「そうか公園」



ここの桜は、ずいぶん「高い」ところで咲いていることに気づきました。


咲き具合は「8分」くらいでしょうか。


たまに公園で見かけますね!


でも、この「木」には必要ないだろ、誰でもわかるし。


むしろこっちの「木」にいるよな、これも多分「桜」でしょう?


探したけど、プレートはありませんでした。なんて品種だろう、気になるな~

「そうか公園」は、四季の草花が楽しめるコンセプトなのでしょう、桜がメインのレイアウトにはなっていません。


バードウオッチングもできるし、


芝生でゴロンとするもよし!

ここはここで、これでいいんです?!

次に向かったのは、Aniお気に入りの花見スポット、「綾瀬川土手」



こちらはほぼ「満開」、「9分」咲き!


去年はほぼこの場所で、宴会しました。寒すぎて1時間持たなかったけれど。
今年は去年以上に「寒い」! かなりきついぞ!


今日だ!


屋台も出るんだね!でも午後は錦糸町なので、来れません(>.<)

ここは「そうか公園」に比べると花が低い位置に咲くので、宴会するにはいい場所です。
「穴場」かな、来年は宴会するぞ!

次に訪れたのは、一番「古い」桜の記憶、卒業した「草加小学校」裏庭。





この校舎は埼玉県で最初に作られたコンクリート造りの建物で、いまは草加市の「歴史民族資料館」になっています。
しかしAniが通っていた40年前はまだ校舎として使用していました。古いから不気味でしたね、お化けが出そうな感じ。


「大きな」木だった記憶なのですが、案外「小さい」。子供には大きく見えたんですね。


「桜の木の下には、死体が埋まっている」って都市伝説がありますが、ここ草加小学校でも言われていました。
「墓」じゃないのですが、この置石は昔からありました。郵便ポストはなかったけど。
でもこの石があったので、この場所には他にも「都市伝説」がありました、昔生徒が校舎から落ちて、この場所で死んだとか。

資料館には前に一度入ったことがあります、入場無料。
懐かしかったな、幼い記憶が蘇りました、たまに企画展示をやっているので、そんときにでも行ってみよう!

さて、そろそろ帰ろうかと帰路の途中、ここも見事に咲いてます。


同じ綾瀬川沿いでも、こちらは一昨年「名勝」に選ばれた「草加松原」





松並木が途切れた先が公園になっていて、そこには鐘楼とか松尾芭蕉の像がたってたりします。


芭蕉さん、桜を見ているのではなくて、江戸の方を振り返っているのだそうです。


草加市もいろいろやってんだね!

以上、日本人、どんだけ「桜」好きなのか!そこらじゅうに「桜」植わってます。
みなさんのご近所も、似たりよったりじゃないかな。
今日、これからでもまだ間に合いますよv(^-^)









2016/04/03 13:32 散歩・旅行 TB(0) CM(0)
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。