歌う ´◇`)/ O✖△◎!  Aniのあれこれ言いたい放題!
カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
プロフィール

Ani huazhong

Author:Ani huazhong
                            
Ani(アニ)と申します m( )m

早期退職後、軽貨物配送業を2013年1月に開業しました。

屋号:
Ani Express
(アーニー・エキスプレス)

たまに歌います(^0^)

どうぞ よろしく(^-^)

QRコード
QR
カウンター
週末、休日。

せっかくだから ゆっくり寝ていればいいものを、
いつもどおりに目覚めてしまったら、もう眠れない。



ふと、思いついて散歩に出た。





いつもの散歩コース、というか、かつての「ジョキングコース」



今の仕事は半分トレーニングしているみたいなもんだから、あえて健康のため、休みに「運動」することはなくなった。
だからのんびりと、景色を楽しみながらか川沿いを歩くだけ。



多分 シラサギ? 川の真ん中なのに立っていられるのは、泥が堆積してあそこは浅瀬なんだろうね。



なんの変哲もない川沿いの道には、次の橋にたどり着くまで「桜」が植わっている。
知る人ぞ知る(?) 密かな地元の「桜の名所」。



え、もう咲いてる?? と、思いきや、これは早咲きの「河津桜」



この花はひと月近く咲き続けるので、川沿いのソメイヨシノと入れ替わりに散るんだろうか。
でも散るのを見た記憶がない。

八重桜もそうだけど、いつの間にか散っているので、何だか「桜」らしくない気が。

ソメイヨシノ= 「The 桜」  満開の「華やかさ」と、散り際の「潔さ」





いつもは軽く会釈して通り過ぎるのですが、たまにはお参りしましょうね!



その「算額」の実物を、一度肉眼で見てみたいのですが、どうすれば見れるんだろうか?



ここは一昨年「菜の花」が咲いていて、「桜」とのコラボがサイコーだったのですが、
去年はただの「空き地」、今年もダメか。

そして どうして散歩を思い立ったかというと???



「桜」の「蕾」の育ち具合を確かめたかったから。



かなりちっちゃいな。これじゃ、開花時期の予想は、まだ無理だね。



今年も花見は開催したいね。

春は... まだ遠いかな。!?

2016/02/27 12:25 散歩・旅行 TB(0) CM(0)
現在公開中の「スター・ウォーズⅦ フォースの覚醒」


「スター・ウォーズ世代」って言葉があるのかググってみましたが、ありませんでした。

やはりこのシリーズは特定の世代に支持されたのではなく、世代を超えて幅広く支持されたので、あれだけのヒットになったのですね。

最初の作品「エピソード4 新たなる希望」が公開されたのは、1977年。Aniは17歳の高校生でした。

公開当時、Aniは全く興味ありませんでした。
なぜならどう見ても「お子様向けのSF映画」に思えたから。

宣伝(当時はTVで映画のCMをやることなんてなかったので、恐らく雑誌の紹介コーナーだったと思います)を見る限り、どうみてもこれはTVシリーズ「スター・トレック(放題は「宇宙大作戦/日テレ系」「宇宙パトロール/フジ系」)のパクリに思えました。

ミスター・スポック ともかくこの人の印象が強い!

あと和製では「キャプテン・ウルトラ」なんてのもありましたからね。

1967年に「ウルトラマン」と「ウルトラセブン」の間に放映されました。円谷プロじゃなくて、東映の制作だったんですね。
真ん中が「キャプテン・ウルトラ」、右がロボットの「ハック」、左がキケロ星人の「ジョー」。
「ハン・ソロ」と「RS‐DS」と「チューバッハ」を見たとき、思わず「同じやん!」って、思わなかった?

子供時代にこんなのをいっぱい見ていたので、高校生になってあえてこの手の映画を見る気にはなれませんでした。稼いだバイト代、せっかく使うなら当時はライブに行ったりレコード買ったりの「音楽」が最優先でしたから。

でもこの最初のシリーズである「エピソード4~6」はその後大ヒットしたので、見ておかないとまずいかなと思い結局見ましたが。確かエポソード4は大学生になってから名画座で見た気がします。(当時500円だったかな) でもって5と6はTV放映で見たのかな。

自ら興味をもって見たのは1999年公開の「エピソード1」からです。
一度完結している物語の「始まり」の部分を見せるっていうのが、当時としては珍しかったし、前回シリーズで「子供向け」じゃないことはわかっていましたから。

ものすごくハマったかというと、それほどではありませんでしたが、作品のクオリティーの高さは感じられ、見ごたえはありました。
ただ、「エピソード1」は上野の映画館でちゃんと見たけれど、その後の2、3はTVで見たのかな、それも香港で中国語字幕の英語版だったので、いまいち内容をよく覚えていません。そのうちDVD借りて、ちゃんと見ようと思っています。

で、今回の「エピソード7」
ルーカス・フィルムがディズニーに買収されたので、「エピソード6」のその後を描こうとなったようです。
さすがディズニーというか、この作品に関しては公開されるまでのプロモーションがすごかったですね、1年以上前からテレビCMが流れ、タイアップ商品がずいぶん発売されました。
その甲斐あってか、興行的にもうまくいってるようです。(12月に公開されて今も上映中だから、長い方ですよ)

で、さっき観てきました(@レイクタウン)

Aniのお勧め度  ★★★★☆ (★星では4点しか表現できませんが、正確には5点満点中 4.5です。)

このシリーズに関しては、作品の完成度がどうだとか、特撮の技術がなんちゃらetcのレベルは超越しているので、そこははっきり言ってどうでもいいです、そこは言うまでもなく大丈夫です。

ただただ、物語がちゃんと繋がっていることが無性に嬉しかった、奇をてらったところはなく、無難といえばそうなのですが、それでいいんです、ファンが求める「ツボ」をちゃんと押さえた展開になっています。

この作品はネタバレしたら元も子もないので、これ以上は内容に触れませんが、過去のシリーズを楽しめた人なら間違いなく楽しめると思います。
懐かしい顔あり、ホロッとする場面あり、またこれまでの作品と同じく、どこか東洋的なテイストがあるので、日本人には受けるかな。
日曜のお昼すぎでそこそこの客入りでしたから、まだしばらくは公開されると思います。

気になる人は、是非に!
2016/02/21 09:44 映画・テレビ TB(0) CM(0)
年明けから「週刊文春=センテンス・スプリング」の快走(?)が止まりません。

「ベッキー」に始まり、「甘利」、「スマップ解散」、「清原」も2年前ですがある意味今年ネタでしょう、そしてまさかの「育休議員」。

よくもここまでスクープ連発できますね、何か秘密があるかと思って調べてみると

こんなブログに。

文春無双!!〜週刊文春がスクープ連発する3つの理由

要約すると、

①発行元の文藝春秋社は儲かっており、取材費が他社の比べてふんだんに使える。
②いわゆる「タレコミ」が他社に比べて圧倒的に多い、加えてその報酬がいいらしい。またそれだけ話題になるから、自ずとネタを持っている情報提供者は、まず文春に持ち込むという構図。
③出版社なので記者クラブに加盟しておらず(というか、新聞社系から加盟を拒否されているらしい)、政治ネタを配慮なく取り上げることが可能。

世は「出版不況」と言われております。
特に「週刊誌」の落ち込みはひどく、10年前と比べて発行部数は4割弱落ちているそうな。

そんな中で「週刊文春」は今も発行部数でトップです。
2014年度で 約70万部。
ちなみに会社は売上高約250億、純利益6億、社員数350名、非上場。
企業規模でいえば中堅クラスでしょうか、「そんなもんなんだ」というのが正直な感想。

文春が一冊400円なら、70万部で売上高は2億8千万円ってことは会社全体の売上の1%強?。
発行部数トップでもこんなもんなんだ、なので会社への金額的な貢献度はそれほどないかな。
だとしたら会社としては部数トップとスクープ連発に、「意地」になってこだわっているのだろうか。

でもそんなに「個人」が買ってるのかな。
月に直すと 58万部、月4週とすれば週一回の発行部数は1万5千部。

Aniが最後に「文春」を読んだのか記憶をたどると、思い当たったのは飛行機の中でした。
そう、この手の週刊誌って、機内サービスとか、病院等の待合室で読まれているのが多いのでは。
ちなみに日本全国の歯医者の数は、6万8千件。歯科医療機関の2割強が買えばカバー出来ちゃうってことです。
それでも話題がないと買ってもらえないとしたら、週刊誌は本当に売れないんだね。

それにしても、著名人の「下ネタ」スキャンダルが、世の中が求める「ニーズ」なのでしょうか。
今が「旬」の人に狙いをつけて、それが面白くない人の「タレコミ」に基づき、稀代の悪人のごとくこき下ろす。
またそれにただ乗っかるだけのテレビメディアが煽り立てて、みんなで商売にしている構図。
人々は心の奥に眠っていた「妬み」の感情が呼び起こされ、ここぞとばかりに当事者を非難し「溜飲」を下げている。
(毎回思うけど、テレビの街頭インタビューって胡散臭い。あれは局側が都合のいい発言だけをオンエアしてるだけ。反対意見はまず見たことがない。)

一般社会で考えれば、男女の痴話喧嘩を会社に垂れ込んで当事者を追い込むなんてする奴は、そもそも信用されません。
著名人だから有名税だという意見もありますが、あそこまで「ベッキー」が叩かれる必要は、Aniはないと思います。


どう考えても、ベッキーの件は「タレコミ」でしょう?根源にあるのは「妬み」、文春はそこを「正当化」するのかね?
関連するスポンサー他にとっては、全くも言って迷惑な話です。
あと甘利大臣の辞職も、このさきTTPでなにか起こって国益に影響する事態に陥ったとしても、文春は知らん顔なのかな?
(あ、そうなったら後任の人選が悪いって、またネタにするのか。反省なんてするわけないね)

今回ネタにされた著名人、脇が甘かったと言われればその通り、確かに突っ込まれても仕方ないところもあります。
「育休議員」の資質が炙り出されたのは結果的には良かったのかもしれませんが、そもそもこの手の輩が議員になれてしまうのは、号泣県議も含めて今の選挙制度の問題点であり、そっちの改革が先決です。

男女のどーでもいい不倫・浮気騒動をネタに、日頃の鬱憤を晴らすのは、そろそろ止めにしませんか。
文春のスクープに人々が反応しなくなれば、仮に今は「意地」で頑張っているとしたら、文春も諦めるでしょう。

少なくとも、いま文春がやってることは「正義」じゃないと、Aniは思います。








2016/02/14 06:07 時事 TB(0) CM(0)
昨晩は 「ライブパーティー冬の陣 2016 at 浅草クラウッド」 でした。

まずは 観客としてご来場いただきました皆様、誠にありがとうございました m(_ _)m

続いて演者として参加の皆様、お疲れ様でした! 

Aniは初めての 2バンドでの参加、どうなることやらと心配しておりましたが、なんとか乗り切りました。

ああ、疲れがどっと出た。
今日は長い記事は無理です。

ということで、本日更新は、昨晩の演目より「落陽」をUPします。

先月14日に当ブログで予告した、亡くなった 詩人 岡本おさみ 氏 への追悼の祈りを込めて。

https://www.youtube.com/watch?v=acB0504WyZk&feature=youtu.be

その他の画像も、今後 ボチボチ UPしますね!

重ねて、昨晩は ありがとうございました m(_ _)m m<_ _>m \(^o^)/
2016/02/07 20:33 音楽 TB(0) CM(0)
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリック お願いします。